スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

しーちゃん、ありがとう!ノラ家頑張ります! 

こんにちは、ノラドラです。
今週はちょっとバタバタしておりまして、久しぶりに1週間のうちに2回もお休みをしてしまいました。

無理をするとあとでしっかりと自分に返ってくることを学んだので
無理をしすぎないように頑張ろうと思います。(^-^)


さてさて、しーちゃんのノラ家お掃除シリーズも一応今日で一区切り。

みなさんから「うちもお掃除したよ」「お掃除するよ」というメッセージをいただけて

とっても嬉しかったです。

そうそう、箱やカゴがよくないのは、外に出ているものだけで、
押し入れや引き出しなど、見えていない「収納庫」の中は、もちろんいいんですよ~(^-^)
見える場所にはあまりよくないってことですね。




初めての方は


1.お掃除の神様が言うことには。
2.しーちゃんが、ノラ家に?恥と希望の狭間で。
3.しーちゃん、ノラ家に到着。
4.しーちゃんにノラ家の恥を見せる。
5.なんでやねん…しーちゃん一人を残して。
6.しーちゃん、ゴメン。でもピカピカ。
7.しーちゃんのお掃除終了!
8.しーちゃんから学んだこと。

からどうぞ。




しーちゃんが教えてくれたことの続き(補足)です。



story287-1.jpg

2回言っていたからよっぽど気になったんだろうなぁ。

たしかに、これがあると、掃除機をかけにくいし、

スッキリしないよね…。





「でも、これは出かける前にお姉ちゃんが服装チェックとかしているよ。」


「あー、そうかぁ。じゃあ必要なんだねー。」




しーちゃんは、ちょっと考えてからすぐひらめいた。






story287-2.jpg

(この鏡、超安物だから、壁にかけるような鏡じゃないけど…と思うドラ。)



でも




story287-3.jpg

と言ってみた。

「あそこなら、ちょうど出かける前に服装チェックできるし、

お客さんからは見えにくいし。」


しーちゃんは、


「あっちは方角はなんですか?」


と聞くので、あちらが「東」だと伝えると、



「ああ…じゃあ、ちょっとイマイチだなぁ。」



と言って、すぐに




story287-4.jpg


と言うのだ。



「西に向けると沈む太陽を映すからイマイチなんですけど、
東の登る太陽を映す方向にかけるのが一番いいそうです。」



と説明してくれた。


母と私は「へええ~」「そんなこと何も知らなかったわ~」と感心。



しーちゃんはさらに続けて




story287-5.jpg

「悪いのものが入ってきにくくなりますよ。」
と、ニッコリ。




へえええ~、なるほどー。



すると、ノラ母が、私が思っていたのと同じことを心配そうに言った。


「でも、この鏡、いい鏡じゃないから…どうかしらねぇ…」



すると、しーちゃんは


「あのワックスをこの木の枠にかけると、すごく高級な感じになりますよ。」

と言ってくれた。





これね。




そして、さらに




story287-6.jpg

と教えてくれたのだ。


なんという素晴らしいことを教えてくれたのだ、しーちゃん!!




これ、本当でした!!!一番高いだけあって、繊細で上品です。
匂いもほのかなよい香り~。かわくと無臭。
ドラは後日、1階のトイレの床と
クローゼットの扉とトイレの扉と靴箱と、客間のセンターテーブルにまで
ワックスをかけました。さすがに、木目に沿って直線的に
かけなければいけませんが、すごく素敵になるんです~。
やみつきになって、「ワックス職人と呼んで」と調子づいています。








こうして、しーちゃんはノラ家の1階を
見違えるほど綺麗にしてくれて
さわやかに帰って行きました。



しーちゃんへのお礼に、ノラ父のおごりで二人で
フレンチレストランに行ってきました。
(私まで美味しいものを食べることができました。)




前の日が山の掃除だったし、次の日はノラ家の掃除で、
今回のことで、しーちゃんから学んだことはとても大きかった。


ありがとう、しーちゃん。






しーちゃんの行動力・判断力は素晴らしいのはもちろんのこと、




思うに



今回のしーちゃんの最大の功績は









story287-7.jpg

(相手が強大すぎると、戦意を喪失するでしょう…?)








story287-8.jpg

ノラ家の意識改革をしてくれたことなのだ。






帰り際

「本当に疲れたでしょう、本当にごめんね、ありがとう。」

と私が何度も言うと


「わたし、ぜーんぜん、疲れてないよ~」


と繰り返し




story287-9.jpg


と言ってくれるのだった。






ええええ~…






………














story287-10-2.jpg


以前は絶対に2階には上がってもらえないと言っていた両親も

しーちゃんマジックを目の当たりにして感動して心が動いたようでした。




でも、これは冗談で、

ここからは、一人立ちしないとね。(^-^)

自分たちの力で、しーちゃんにも上がってもらっても

恥ずかしくないくらい綺麗にしようと心に決めました。

(たぶん、上がってもらったら、しーちゃんはいろいろなことに

気がついていっぱい指摘してくれそうな気がするけど…)



今、「しーちゃんに上がってもらうために」

ということが家を片付けるモチベーションになっています。


頑張るぞ!



ー完ー




↓いつも更新の元気をいただいています。(^-^)↓
botton38-11.jpg  botton80-5.jpg 



ただいま、ノラ家、活性化しています。
頑張って、2階にもお客様に上がってもらえるようにするぞ~!

今日も午後から頑張ろうと思います。(^-^)


botton75-7.jpg



スポンサーサイト

しーちゃんから学んだこと。 

こんばんは、ノラドラです。

さあ、しーちゃんのノラ家のお掃除が終わりました。

初めての方は


1.お掃除の神様が言うことには。
2.しーちゃんが、ノラ家に?恥と希望の狭間で。
3.しーちゃん、ノラ家に到着。
4.しーちゃんにノラ家の恥を見せる。
5.なんでやねん…しーちゃん一人を残して。
6.しーちゃん、ゴメン。でもピカピカ。
7.しーちゃんのお掃除終了!

からどうぞ。




1階の客間に続いて、玄関ローカ、和室と見ていきました。


玄関廊下もピカピカです。



ところで和室ですが…




story286-1.jpg
(あえて塗らない…)








story286-2.jpg

(まだ床にモノが残っています。床の間の横にも絵が重ねられています。)








でも、





story286-3.jpg



そうなんです。


なんだか、とっても明るくてクリア。


まるで曇ったフィルターを取り除いたみたい。

まるで照明を変えたかと思うほど視界が明るい。



特に、きれいになった床の間あたりから

なんとも言えない明るい「気」が漂ってくるのを感じるのです。



この和室、年末だってかなり本腰を入れて掃除するし、

おばあちゃんが来た時には、もっと床に出ている物は減らすし、
(他の部屋に移すだけだが)


お掃除の本で「粗塩をまけば、マイナスエネルギーが吸い取られて

磁場がフラットになってとてもスッキリする」と書いていたので

最後に塩をまいて、しばらくおいて、掃除機で吸うと、

とてもスッキリしていたけど、


今回のしーちゃんのお掃除では、

それ以上の、これまで感じたことのないスッキリ感がして、

驚いたのだ。





なんかね、


床の間のあたりから、喜びが発せられているような感じ。

そう、


まるで

部屋が笑ってる…?








story286-4.jpg







手が違うとこんなに違うのかなあ。



もしかすると同じことをしても、


イヤイヤやったり、「ねばならない」という気持ちでやったりするのと、

しーちゃんのように心ををこめて拭いているのとでは、あとで、

その場の空気が違うのかも…。





●お掃除は心をこめて。


ですね。



うーん、学びました。







そうそう、和室のビフォア、アフターにどちらもでてくる床の箱もの、カゴものですが


以前、しーちゃんとこんな話をしたことがあります。





story286-5.jpg


しーちゃん、なんて言ったと思います?










story286-6.jpg

だそうです。


しーちゃんにしては、えらくハッキリと強い調子で言ったので

すごく印象に残ってます。


外に出ている物を整理するために、箱やカゴを買って、中に入れて、

部屋の床や台の上に置くようになったら、「おしまい」なんだそうですよ。


確かに、床の上にカゴや箱があると、とても掃除機がかけにくいし、

そういうところにホコリがたまりやすくなりますね。。。


台の上にバスケットとか、カゴとかが乗っていたら、

拭き掃除がしにくくて、ホコリがたまりますね。。。


それ以上に、箱もの、カゴものに物を突っ込むという手法に手を染めてしまうと、

もうそれ以上、根本的に片付けようという意欲をなくしてしまう

らしいのです。もう平面という平面にモノが乗っていない家は

目指せなくなるのですね。

だから、「おしまいよ~!」なのね。


あちゃ~……………。



ここを見て下さっている皆さんの中で、平面の上に、バスケットやカゴ類が

多い方は、ウチと同じで気をつけて下さいませ……。。。


まとめ。



●カゴや箱など、その場しのぎの整理はよくない。

根本解決を目指そう。




ですね。うーん、学びました。。。。






それから、他に学んだこと。




最初にノラ父とゴミ捨てに行った以外にも、

そうじをしていると捨てられる物がいっぱいでてくるんですけどね、





story286-7.jpg










story286-8.jpg

って言ったんです。


もう風邪気味でかなりつらかったし、億劫だったから、

「明日するよ」と言ったけど、

しーちゃんは、「今すぐ」と。




なるほど、先延ばしにしてはいけないのね。






story286-9.jpg


わかったよ、しーちゃん。

これからは、捨てるゴミが見つかったら、

すぐにノラ父の車に積み込むよ。


(そして、その日以降、今日に至るまで3回ゴミ処理場にゴミを捨てに行っています)


●思い立ったら今すぐ行動。


学びました。。。。。











あと、


story286-10.jpg


もともと植える時にまっすぐじゃなかったらしいのと

(はい、このときに植え替えたのは私です。。。)

成長の割に鉢が小さくなりすぎて、元気のなかった

パキラを、しーちゃんは、とてもとても気にしていた。







story286-11.jpg

さすがに観葉植物の土はなかったので、


こんなにしーちゃんが心配してくれて助けようとしてくれた

パキラさんだから、必ず助けるからと約束して

後日、土や元肥や鉢を買いに行って、

植え替えしました!

それ以来、元気を取り戻してすくすく成長しています。





毎日毎日忙しくてほとんど気に留めていなかった観葉植物。

愛が足らなかったなぁと反省しました。


それに、玄関を入ったところに、元気のない植物があるというのは、

家を象徴しそうで、運気的にも悪そう…。



それにしても、

しーちゃんは、愛の人だなあ。


結局


●お掃除の極意は、愛(^-^)


ってことなんでしょうね~。


しーちゃんのおかげで、いろいろと学ぶことができました。







ーつづくー


一日では無理だったので、まだしーちゃんが教えてくれたことが
続きます。



↓押していただると元気が出ます。(^-^)↓
botton38-11.jpg  botton80-5.jpg 



いつも、みなさまからのコメントを楽しく拝見し、元気と癒しをいただいています。

最近、更新時間が遅く、更新だけで精一杯(みなさまのブログ訪問&応援もしています)
な日がつづいているので、なかなかお一人お一人へ丁寧なメッセージは書けませんが
本当に感謝しています。
また時間のあるときに、丁寧なお返事を書かせていただきますね。


botton75-7.jpg

私の場合は自然界の掃除をする前に、まず、先に家の掃除をしなければ。。

しーちゃんみたいに自然界の掃除をするためにも家の掃除を頑張らねば!





しーちゃんのおそうじ終了! 

こんばんは、花粉症の時期(2月から5月初旬まで)に
マスクを買いためて、あと50枚くらいあるノラドラです。

世間ではマスクが品薄とのことで、
昨日ノラ父に「でかした!」と褒められました。


さあ、ノラ家に、お掃除の達人・しーちゃんがやってきた
シリーズも終盤です。


初めての方は




1.お掃除の神様が言うことには。
2.しーちゃんが、ノラ家に?恥と希望の狭間で。
3.しーちゃん、ノラ家に到着。
4.しーちゃんにノラ家の恥を見せる。
5.なんでやねん…しーちゃん一人を残して。
6.しーちゃん、ゴメン。でもピカピカ。


からどうぞ。





さて、物置き状態の中での休憩を終えて



「うん、ワックス、乾いてる。」







story285-1.jpg


秋冬バージョンで、ラグマットの上に、ホットカーペットを乗せていたけれど
(ラグマットを収納する場所がなかったからよ。)
もう、クローゼットの中にホットカーペットが入るようになったのだ。




次々物を戻して、客間、終了。




そこからは


story285-2.jpg



オイルヒーターの下の床も汚かったけど、
目線を下げるとそのオイルヒーターがあった向こう側、
お風呂の戸の下の部分が汚かった。


お客様の目線になってみると、普段見ていなかった所が見えるなあ。



この洗面所も、しーちゃんがワックスをかけてくれて
とてもとてもきれいになった。



木製のものだけじゃなく、ビニール素材も新品みたいにピカピカになる。













story285-3.jpg



「配線はこっちのほうがよくない?」

「ほんとだー!」





story285-4.jpg

客間の本棚と和室の押し入れの中の本をトレード。


普段暮らしていると、見慣れて気付かなくなってることも

しーちゃんはすぐ気付いて提案してくれる。


ほかにも、


「これ、かわいいけど、ここに置くのはちょっと。そっちにもっていって。」

「はい。」

(平面の上に、置き物を置き過ぎていた。)





1階で一番問題アリなのが和室。


もともと母のアトリエ兼、絵の置場だから物が多い。


私はテーブルまわりの資料を整理。



しーちゃんは



story285-5.jpg


根本解決をしている時間はないので、

ある程度は妥協しててきぱきと整理していく。





物で半分ふさがれていた床の間の掃除にとりかかる。




床の間も、置き物が多すぎ。



story285-6.jpg

「じゃあ、いいや、置いておこう。」

(↑しーちゃん、妥協するところは妥協する。)



どっちにしても、しーちゃんって、動きも判断も早いのね。




そして




story285-7.jpg


「これだけ…」






story285-8.jpg


恥!!!

床の間のそうじは、(年末と)おばあちゃんが泊まりに来たときに以来
してません。。。。




「恥」という前に「バチアタリ」です!!



床の間の前を長い間半分絵がふさいでいたんだもん。。。


ほとんど、この部屋に入らないんだもん~。


えーん。。。







そして




床の間もしーちゃんの手によってピカピカに蘇りました。






story285-9.jpg



しーちゃん、ありがとう。

いったい誰がこんなことしてくれるっていうんだろう?

誰もしてくれないよ。

本当に本当にありがとう。





しーちゃんは


「階段までワックスをかけたかった…」


と繰り返し言っていましたが、時間も時間なのでここまでです。


もうすぐノラ姉とマーくんも帰ってきます。




私が2階に行って連絡したので、



story285-10.jpg

挨拶に降りてきたノラ母。





そして





story285-11.jpg








story285-12.jpg



ノラ父も降りてきたので


「ローカもピカピカだよ。和室も見て見て。」





story285-13.jpg


見学会のように、1階を回りました。




ーつづくー

明日はまたまた結構ヒントになる情報ありです。(^-^)


↓押していただると元気が出ます。(^-^)↓
botton38-11.jpg  botton80-5.jpg 



いつも、みなさまからのコメントを楽しく拝見し、元気と癒しをいただいています。

最近、更新時間が遅く、更新だけで精一杯(みなさまのブログ訪問&応援もしています)
な日がつづいているので、なかなかお一人お一人へ丁寧なメッセージは書けませんが
本当に感謝しています。
また時間のあるときに、丁寧なお返事を書かせていただきますね。


botton75-7.jpg


しーちゃん、ゴメン!でもピカピカ。 

こんばんは、ノラドラです。

ただいま、ドラの友達でお掃除の達人・しーちゃんが

ノラ家に掃除をしにきてくれているシリーズです。


初めての方は、


1.お掃除の神様が言うことには。
2.しーちゃんが、ノラ家に?恥と希望の狭間で。
3.しーちゃん、ノラ家に到着。
4.しーちゃんにノラ家の恥を見せる。
5.なんでやねん…しーちゃん一人を残して。


からどうぞ。





さて、ノラ父がゴネたせいで、

ゴミ捨てのために二人で45分ほど留守をしてしまった。




そして…







story284-1.jpg

怖れていた通り、仕事が早い!



(怖れていた通り…?)



だって…





story284-2.jpg

ううう、恥ずかしい!!!


(お父さんが悪いんだ~…)






さらに






洗面所に行ってみると






story284-3.jpg



オイルヒーターの下にホコリがいっぱい
たまっていたのに…!!




恥ずかしい~!!!!



(お父さんのバカーッ!!)





さらにさらに、





story284-4.jpg

この家で一番大きなオイルヒーター(男の人でも重たい!)や
ハロゲンヒーターやカメの水槽などが
すでに物置きに片付けられていた。




つまり、一番の力仕事も、

初期の一番汚いところの掃除も

済んでいたのだ。





(お父さんのアホーッ…!!)







でも、しーちゃんは、

そんなことをおくびにも出さずに、

機嫌よく働いてくれていた。


ごめんよ、しーちゃん。



そして




story284-5.jpg


床を磨く洗剤?


あるよ、あるある。


「洗剤革命」よく落ちるよ。
( 「ひそかなトイレ掃除」で以前書いた洗剤ね。)






というわけで、



気を取り直して…




story284-6.jpg




「じゃあ、私、もうワックス、かけちゃうよ。」

と、しーちゃん。



このたびしーちゃんが勧めてくれたのはこんなワックスです。





(このあと、まるごと買い取らせていただきました。)


ホームセンターで4500円から5000円(高っ!!実際、一番高いらしい)
だけど、しーちゃんによるとこれが一番いいんだって。




学校ではワックスをかけたことはあるけれど、

家でワックスをかけたことがないドラ。












story284-7.jpg










story284-8.jpg








story284-9.jpg






べつに木目に沿ってしなくても、簡単にやってる。


(乾くとムラはほとんどわからなくなるのだ)





後ずさりしながらどんどんワックスをかけていく。






story284-10.jpg








story284-11.jpg


うわぁ~、感動!


うつくしい~!




手を止めてうっかり見とれてしまった。





story284-12.jpg


ワックスをかけるときはエアコンのドライにすれば早く乾くのね。

なるほど。





そして、玄関ローカと客間のワックスをかけ終わると




story284-13.jpg


わーい、ケーキだケーキだ!



ん?




待てよ…



(ノラ家で一番綺麗な)客間が使えないってことは…




どこで食べるの?





というわけで…









story284-14.jpg


まさに、物置き状態の和室。

もともとノラ母のアトリエ代わりにしている物だらけのところへ、

さらに1階の床に置いているものを運び込んだ和室でお茶。




本当に倉庫の中にいるみたいで

私ですら、環境が悪すぎて

(しーちゃんに悪くてドギマギして)

ほとんど味を感じなかった。。。。




しーちゃんは「おいしいね~」なんて言ってくれたけど、

「自分のいる環境は素敵な空間じゃなきゃいやなの~」って

言ってたくらいの人なんだもんね…。


しーちゃん、ごめんよ~。




さあ、次は、洗面所の床と、この和室だ!


ーつづくー

押していただけると元気がでます。(^-^)
↓                    ↓ 

botton57-4.jpg  botton80-5.jpg 


しーちゃんが好きなケーキは、1.モンブラン、2.チョコケーキ、3.チーズケーキです。見事にノラ父と好みが同じなので、ノラ父が買ったケーキは完璧でした。



後日、電話で、


ド:「しーちゃん、よくオイルヒーターを一人で運んだね。
   あれは一番大きくて重いのだったのに。」

し:「うふっ。あれは本当に重かった。オイルヒーターの一番下が
  腰の位置にくるように抱いて運んだら大丈夫だったよ。」

と言っていました。

補足をすると、裏の物置きに行くまでの通路は細く、扉などの障害物があってちょっとしたものを運ぶのでも結構大変なんですよね。

びっくりしました。


さらに、このとき2階で寝ていたノラ母はこう証言している。

「1階でなんの物音もしなかったから
モノを運んでいるなんて思いもよらなかったわ。
しーちゃんは、ずっと床を磨いているんだと思ってた。
ドアを開けて出て行った音さえしなかったのに…。」

だって。

もし私たちが家具を和室に移したら、普通ドッタンバッタン音がするけどなぁ。
やはり神がかり?




力仕事は男の仕事ですぞ!お父さん!
botton66-2.jpg



いつもありがとうございます。




なんでやねん…しーちゃんを一人残して…。 

こんばんは、ノラドラです。

いつもご訪問ありがとうございます。


また、前回の記事にたくさんのメッセージをありがとうございます。

あまりに恥ずかしい記事だったので、みなさんの優しい書き込みに、

ホッとしました(^-^)。



では、一昨日の続きから。

初めての方は、

1.お掃除の神様が言うことには。
2.しーちゃんが、ノラ家に?恥と希望の狭間で。
3.しーちゃん、ノラ家に到着。
4.しーちゃんにノラ家の恥を見せる。


からどうぞ。








さっそくゴミを捨てることになったノラ家。


ついでに、裏手の物置からも捨てられるものがないか、
どれだけのものを物置きに移せるか、見に行った。





story283-1.jpg


ぎょぎょぎょっ!


忘れてた~…


この物置き、去年の年末に掃除して以来開けたことがなかった。

(年末お掃除でものすごく勇気を振り絞って左側は全部拭き掃除をして整理したけれど、
右側が手薄だったのだ。)






しかもこのエリアに久しぶりに足を踏み入れて

改めて、見ると







story283-2.jpg



ラティスフェンスが朽ちたものとか、
マーくんの三輪車とか…
かつて牛乳を配達してもらっていたボックスとか…


恥~!!



というわけで、




story283-3.jpg

これが、結構時間がかかりました。











story283-4.jpg



ここまでは、よかったのだ、

ノラ父…。





私は、その日ゴミ処理センターにゴミを搬入できるか
電話をかけたり、ノラ母に捨ててもいいものを聞いたり、
マーくんの古い机を分解したりしている間
2階に上がっていたので、一番サボってます。









ようやく、車にいっぱい積みこんで







story283-5.jpg





私はこの時点で
すでにいやな予感が。






一応、

「お父さん、ゴミを捨てて来て。」と

伝えてみた。







story283-6.jpg


無言で止まってるんだもん…。


目で私について来いと訴えている。




このとき





2階でも





母が





story283-7.jpg

と思っていたらしい。


あまりに、ノラ父が無言で立ち止まるので

しーちゃんが気を利かせて

「あの、じゃあ、ご一緒させていただいていいでしょうか?」

と言ってくれていたけど、




結局


ノラ父の無言の訴えにより…






story283-8.jpg


大の大人が、なんで、一人で行けないのよ~~…




しーちゃん(と、寝込んでいるノラ母)を家に残して

掃除させて、二人でゴミを捨てに行くなんて絶対おかしいって。


失礼だし、


しかも、

家の恥部がそのままさらされるじゃないか~…!!


ノラ父のバカーっ…



………





………









そして帰って来てみると予想通りの展開だった。



ーつづくー


今週は無理なく行きまーす(^-^)

押してくださると、ノラドラ、元気がでます。(^-^)
↓                    ↓


botton57-4.jpg  botton97-2.jpg 




つい最近、しーちゃんとこんな会話があった。

し:「ねえねえ、お父さんって、一人でさっさとなんでもできる人?」

ド:「ううん、一人でさっさとできない人。」

し:「やっぱり~?私ね、ドラちゃんのお家でお父さんが一人でゴミを捨てに行くのを
  嫌がったとき、そう思ったのよね。」

ド:「やっぱり?あれは恥ずかしかった……。
   あ、でも、思い立ったらすぐ人の所へ会いに行ったり、
   社交性はあってフットワークが軽い時もあるよ。
   要は、嫌なことは一人でしたくないタイプ。」

し:「なるほどねー。わかりやすいね~。」


やっぱり、しーちゃん、このときビックリしたんだよ~。
恥ずかしい~(><)




botton66-2.jpg





プロフィール

ノラドラ

Author:ノラドラ
ようこそ、3世代5人家族の「ノラ家」へ。
両親around70、娘around40、そして新・中学1年生のマーくんです。
いいかげんに解散しないといけない家族構成はいつまで続くのか?!(こんなはずじゃなかったんだけど。)。
一家の次女(ドラ)が、なんてことのない日常を楽しみながら書いていきます。気軽にコメントしてくださいね。


profile-2.jpg

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。