スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

異変。「ノラ家」存続の危機 

ノラドラです。いつも応援ありがとうございます。

あのぅ…

そのぅ…

story34-1.jpg


story34-2.jpg

いつも使ってる画像処理ソフトが入ったパソコン(8年目)、
立ちあげたとたん、「ログアウトします」といって閉じてしまいます。





story34-3.jpg

何度やっても…


何度やっても…




えーっと…



・・・・・・・・・・・・・・









story34-4.jpg

とりあえず、寝てみよう…




時間をおいても、

充電しても

一晩おいても…


story34-5.jpg




…というわけで…


story34-6.jpg


画像処理ソフトが入っていた古いPCが壊れちゃいました。

実は昨晩の「声かけおじさん」作成中に異変は起こりました。
だから、最後の方は、新しいPCにおまけでついているような簡単な画像処理ソフトで四苦八苦して塗りました。(ほんの少しだったけど…)
だから、よく見ると字が欠けていたりへんなところがあります。



とりあえず、付属の簡単ソフトで今日のを頑張って作ってみたけど…
story34-7.jpg


違いは歴然。

縦書きの文章も書けないし…

レイヤーの一部結合ができないし

エアブラシがないし

できることが少なすぎる…

レイヤーを結合したら絵にへんな線がでるし。。。

色の調整の仕方もちがう。

いろいろ不便すぎる…。

story34-8.jpg


うきゃー!めちゃくちゃ時間がかかります。。。

今までと同じくらいの絵にしようと思えば、もっともっと時間がかかりそう。
どうしましょ。。。

ソフト、高いんですよね。。。

しばらくこの簡単ソフト、つかいこなせるかどうかやってみます…

このブログ、続けられるかなぁ…


頑張ってみますので応援よろしくお願いします…。(T T)
ranking01.gif  にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ ranking3.gif

onrei2.jpg


いつもありがつございます。頑張ります。
スポンサーサイト
[ 2008/07/31 18:30 ] 事件 | TB(0) | CM(10)

声かけおじさん 

こんばんは、ノラドラです。
今日は平日バージョンで、なんてことのない日常です。(いつもですが…)



story33-1.jpg

そうなんです、歩いていてふと見ると、
いつも電信柱から体半分出して、こちらを伺っている人がいるのです。



不審者か!?





いえいえ
story33-2.jpg

この人は近所のウノさん。

それでも、何度見ても、電信柱の陰のステテコ姿が目に入って瞬間、
ドキっとします。

どうみても、怪しい…。


初めて見た人なら、逃げるでしょう。


でも、もうこのへんの人は、広くウノさんを知っているので平気です。

(注:いかに家でステテコ姿の父でも、絶対に人前でステテコでは出ませんが、
少し上の世代のウノさん(70代の終わり)はいつもステテコで外にいます。)




ウノさんは、子供にも大人にも動物にでも、通る人には誰にでも陽気に声をかけますが

とにかく、めちゃくちゃ声が大きい。

だからウノさん、こんな人です。↓


story33-3.jpg


(ミミちゃんの散歩は7時ね。 ←何度も聞いているから知っている)



他にも…

story33-4-2.jpg








story33-5.jpg








story33-6.jpg





今は、炎天下の公園に毎日キャッチボール&素振りに行くマーくんが一番声をかけられています。

(問: 最後の絵で、マーくんが帰って来た時間帯を答えましょう(笑)。
ヒント:ひとつ前の「大将のイス」)


ー完ー

↓よろしければ応援お願いします。
please04.jpg   にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ   ranking3.gif


onrei2.jpg

[ 2008/07/30 18:30 ] 近所の人のお話 | TB(0) | CM(9)

大将のイス 

暑中お見舞い申し上げます。

今でも十分暑いのに、来週はさらに暑くなると予報がありました。
どうぞみなさんが元気にこの夏を乗り切れますように…。


さて、日常の一コマです。


story32-1.jpg

すでに何度も登場しているのでご記憶の方もいらっしゃるかもしれません。
いつも父が座っているイスです。



スキを見ては、座るのですが



story32-2.jpg


「そこは大将の席だ。」

父が現れて

story32-3.jpg

追い払われます。

シッ シッ!

人をネコみたいに…(ネコですが…)
そんなに邪険にしなくても…



昨日の夕方のことです。



story32-4.jpg



父がカーペットに降りてなにやら新聞を読んでいて
珍しく、大将の席が空いていました。




story32-5.jpg





story32-6.jpg


そのとたん激しい西日が顔を直撃!!

ぐわぁっっ!!



story32-7.jpg


ギャーッ!目がつぶれる~!!

憧れの大将のイスも、夏場の4時から5時半は危険なイスだと知った日曜日でした。

ー完ー

本当に座るまではわかりませんが、西日が目を直撃でした。
西日、おそるべし!


5時45分には大丈夫になって、父が座っておりましたわ。。。


↓ ランキングに参加しています。いつも応援ありがとうございます。
please02.jpg.  にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ ranking3.gif






昨日とはうってかわって、近畿は午後から急に雷雨になりました。
神戸では川の増水で亡くなられた方も…、ご冥福をお祈りします。


[ 2008/07/28 18:33 ] ただの日常 | TB(0) | CM(10)

カメさんごめんね。 

こんばんは、ノラドラです。その後、マーくんのペットのカメさんに変わったことが起こったので報告します。
(初めての方は、よろしければカテゴリの「カメの話」をご覧になってくださいね。)



あれからカメさんを落ち着かせるためにいろいろな努力をしています。


story31-1.jpg




でもネックは水換え!



story31-2.jpg

ゼリーのカップにカメを入れて、水槽の水換えをすると、



story31-3.jpg

もうビクつきガメに逆戻り。。。


そのたびに
story31-4.jpg





story31-5.jpg





これで、少しはカメも落ち着くかな~


story31-6.jpg

みんなでワクワクしながら、さっそくろ過装置を試してみました。
スイッチ・オン!



story31-7.jpg

おおーっ
水が出た!
わくわくわく…


すると次の瞬間…



story31-8.jpg

あっ!!



story31-9.jpg


ろ過装置が起こした水流で2匹のカメが、洗濯機のようにぐるぐるぐるぐる回っていたのです。
(水面に対して垂直のタテ回転ね)



大急ぎでろ過装置を止めました。



story31-10.jpg

水流が止まって、ゆっくりとカメは底にしずみ…



次の瞬間!



story31-11.jpg

2匹のカメは同時に空気を求めて立ち上がり、鼻先を水面に出して必死!
(いつもより水がかなり深いので思いっきり背伸びして首を伸ばしていました))



(あんたら泳ぎ方忘れたんかい!!)


あまりのひどい姿…
あわててカメを救出しましたが…



これまで以上にカメがビクついてしまったことは言うまでもありません。。。

(もうどうしよう…)

カメにとっては、大洪水が来たような恐ろしさだったろうね。
ごめんね、かめさん。


ー完ー


もう少しカメが大きくなるまでは、このろ過装置は使えません。。。せっかく買ったのに…。
でも、このカメたちは、完全に泳ぎ方を忘れてしまったようです…。
前途多難だなぁ。。。


みなさんの応援が元気の素です。いつもありがとうございます。
ranking01.gif  にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ ranking3.gif

onrei2.jpg




[ 2008/07/26 21:36 ] カメのお話 | TB(0) | CM(10)

クマゼミ被害に苦しむノラ家 

こんばんは。昨日もクマゼミが早朝からうるさいということを書きましたが、本当にこれはなかなかたまりません。(参考 セミ初鳴き初捕獲!)

朝、家族で顔を合わすと「クマゼミがうるさいね~」という会話ばかりしています。

今朝も5時過ぎからトネリコで激しく鳴いていました。

そろそろ睡眠不足でちょっと頭痛がするなぁと思って降りていくと

story30-1.jpg

母がさらに頭痛でまいっていました。母たちの寝室に近い裏のクスノキのほうが今年はクマゼミが多いのだそうです。


そして母が言いました。
story30-2.jpg

「今日は朝方、へんな夢をたくさん見たわ。」



へえ、どんな?


クマゼミの大音量の中見た夢というのが


story30-3.jpg




story30-4.jpg






ふむふむ…








story30-5.jpg







story30-6.jpg




は、激しい夢やね…

(でも、なんで、トラなんだろう?)



母によると、二頭のトラがクマゼミをくわえてこっちを向いた顔は、それはそれは恐ろしかったそうだ。


それで、すっかりセミにまいってしまった母が言った一言が



story30-7.jpg





「セミは地上では7日間しか生きられないから離してあげなさい」とマーくんに教えた母はどこへいった……?!


ー完ー


↓ 応援していただけると嬉しいなぁ
ranking01.gif  にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ ranking3.gif

onrei2.jpg








[ 2008/07/25 21:38 ] ただの日常 | TB(0) | CM(6)

暑いですね~ 

ノラドラです。まずはじめに、今日、また東北で地震がありましたね。

亡くなられた方がおられずホッとしましたが、被害に遭われて怪我をされた方が大勢いらっしゃるとのことで、心よりお見舞い申し上げます。

ところで、今、うちにはトネリコにクマゼミが8匹くらい、裏のクスノキには5匹くらいいて(参考 セミ初鳴き初捕獲!)
、毎朝5時半過ぎに激しく鳴き出します。今朝は5時15分に鳴きはじめました。こりゃたまらん。
ノラ家はマーくん以外寝るのが遅いので、これはこたえます。

しかも、本当に温暖化の影響で年々暑くなってきていているのを感じます。
今年の夏はなかなかに厳しい…。
土用の丑のウナギを食べましたが、のりきれるでしょうか。
(本当に表示通り国産ウナギだったかなぁ…)



さて、この暑い時期ですので



story28-1.jpg


家の中の父がどんどんひどい姿になっていきます。
西日がきつい部屋はエアコンをつけてもなかなか冷えないんですよね。





story28-2.jpg



story28-3.jpg


背中のところで下着を結んでお腹を出したままにする工夫をあみだしたらしい。

さらに…


しばらくすると
こうなってました。



story28-4.jpg



というわけで描きました。


ごめんなさい!
ネコとはいえ、お見苦しい姿を失礼しました!!


ー完ー

↓ 応援していただけると嬉しいなぁ
ranking01.gif  にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ ranking3.gif

onrei2.jpg



「ちょっとその格好、ひどすぎるんじゃない?!」と母にも叱られていますが…。
以前父の日にプレゼントした甚平とかちっとも着てくれないんですよね。
マーくんの教育上も悪いし、やめてほしいんだけど。

日本中、どこでもこうだったりして…
まさかね…
みなさんのおうちの男性方、いかがでしょう?


[ 2008/07/24 19:03 ] 父のお話 | TB(0) | CM(8)

出た~!! 

こんばんは。ノラドラです。

昨日の夜の出来事です。
毎日健康のためにヨガをやっているのですが…


story27-1.jpg






story27-2.jpg

視界右にある黒いものはなに?

と思って視線を右に寄せると…

story27-3.jpg

その瞬間、私の足に突進してきました!

きぃやぁぁぁああああ!
飛び上がって足を空中でバタバタしましたよ、
どかないと間違いなくそのままゴキブリにもぐりこまれるか、乗り越えられるか
というところでした。

story27-4.jpg

私の声は近辺に響き渡り…(静かな夜にごめんなさい)
当然2階の家族も
「ゴキブリや!」と気付きます。



私はゴキブリが大嫌い。



story27-5.jpg

どうして食べ物を一切食べない私の部屋にでるの!!??

ここでつぶすのはイヤ
でも、ここで逃がしたら、今日怖くてこの部屋で寝られない!
どうしよう…
やるしかない!!

葛藤し、ゴキブリと死闘を繰り広げている間、

ずっとBGMに

ゴキブリやー
ゴキブリやー
ゴキブリやー
ゴキブリやー
……

と言いながら階段をのぼってくる
マーくんのロボットのような声と足音が
近づいてきました。




マーくん到着。

story27-6.jpg

「はい、ゴキジェットプロ。」




story27-7-2.jpg


つぶしたくない、でも逃がしたくないという葛藤が
ついソフトな打撃につながってしまい、

ゴキブリは脳震とうで、ひっくりかえって
足をバタバタさせている中途半端な状態に。

ちょうどそれを必死で紙に乗せたところでした。

「と、とどめに貸して…」というと

マーくんは、

「うわぁ、グロッ!!」

と言って背を向けて逃げて行きました。(グロテスクの略)





ふぅ、あれが出ると、どうして安らかな夜がこんなにドキドキするものに
なるのでしょう?

今までゴキジェットプロに頼って叩けなかった私が初めて
原始的に叩いて倒しましたが
まだまだ修行が足りません。

それでも、
念仏を唱えながら最後までなんとかしました。
でも、このせいか、昨晩はやっぱり気分が悪くて
あんまり眠れなかったわぁ。。。


ー完ー

真夏の恐怖、「出た~!!」と言えば、ゴキブリか怪談話でしょうか。
ここに描く話として、怖い話ならいくらでもあるのだけど
(親戚にお寺が多いので怖い話や不思議な話はいっぱいあるんです)、
ただ、「映像化するのがいやだなぁ」と家族で言っています。


↓ いつも応援ありがとうございます。
ranking01.gif  にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ ranking3.gif

onrei2.jpg



[ 2008/07/23 18:05 ] ただの日常 | TB(0) | CM(11)

父の外出前の儀式 

こんばんは。3連休も終わりですね。みなさんはいかがお過ごしでしたか?
ノラ家はどこへ行くわけでもないのに、なんとなく慌ただしい連休でした。

さて、今日は短めです。

story26-1.jpg

今日は父の、毎年恒例の高校時代の関西在住ミニ同窓会の日でした。
出かけるとなると、せっせと身づくろいを始めます。



story26-2.jpg




story26-3.jpg




story26-4.jpg

すこし、頭頂部の毛が減っているので、ブラシで均等に毛をならしてもらうのです。
母によれば、
いつもは態度の大きい父が、このときばかりは
恭順の姿勢で、
無防備に頭頂部を差し出しているのが
結構カワイイらしい。


story26-5.jpg


父、いそいそと出かけました。

今頃、高校時代に戻って楽しんでいるかな?

ー完ー

please03.jpg> にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ ranking3.gif


いつもありがとうございます。
父の同窓会はとても楽しかったそうです。




[ 2008/07/21 19:34 ] 父のお話 | TB(0) | CM(8)

ビクつきガメのその後 

こんにちは。暑いですね。
昨日まではしっとり系のお話だったのに、また低俗な話題でごめんなさい。。。。


ふたたびカメの話。休日バージョンは長めです。

story25-12.jpg

10日前にノラ家にやってきたカメ。マーくんのペットです。
(詳しくは「ノラ家のペット」を見てね!)

ところで、なぜかマーくんは名前をつけたがりません(不思議だ)。

「うすガメ」と「こいガメ」でいいやん!

と言っています。
それでも家族は、好き勝手に「菊千代」「亀千代」「鶴千代」「スケキヨ~!」などと呼んでいますが、
徐々に「うすガメ」「こいガメ」に統一されつつあります。
さて、



story25-1.jpg

このカメたち、まったく落着きがなく、ビクついたままです。

そっとしておいても、人の気配を感じると、バシャバシャ暴れるし、すこーし落ち着いたかなと思っても、水を換えた後はもっとひどくなります。


…ちょっと変です。



story25-2.jpg

カメとはそんなものだろうか?と不思議で、ペットショップに入っては、カメ売場を見るのですが、
どこのカメものんびり幸せそうです。



なんでうちのカメだけ?



飼ったお店とはちがうお店で女性店員さんに
「カメがビクつき暴れるんです」という相談をしても
とても不思議そうな顔をされて、
「それは…個体差でしょうかねぇ……」
と言われました。



やはり


ハズレガメをつかまされたのでしょうか…?

(あのおじさんめ~…)


それでも、なんとか慣れさせようと努力はしています。

story25-3.jpg


エサをやるときは必ず「ウサギとカメ」の歌を歌う母。

「♪世界のうちでお前ほど歩みののろいものはない~♪」

(どうもカメを愚弄している歌詞なんですけど…)





story25-4.jpg



story25-5.jpg


母もときどきキレています。



story25-6.jpg


マーくんは、カメは自分の所属だと思っていて、
とてもかわいがっています。


しかし
story25-7.jpg


カメの人気は落ちるばかり。



そこへ


story25-8.jpg


わかっていたはずですが、
図鑑で調べて、ミドリガメ(ミシシッピアカミミガメ)が大きくなることを改めて認識すると、動揺が。



story25-9.jpg

わかっていてマーくんを困らせる人々。


(冗談です。ペットは責任をもって飼います。まして外来種は決して捨てません。
でも、マーくんが冗談だとわかってないと教育上悪いよね。スミマセン。。。)



でもね、現実問題…

カメって…

story25-10.jpg

長生きするのね…

ミドリガメに関するHPやブログで調べると
どうも25年くらい生きるって…

どうしよう…






結論




story25-11.jpg


それしかない…

がんばれ、マーくん!

えらくなって、カメを幸せにしておくれ。。。。


ー完ー



↓ 応援していただけると嬉しいなぁ
ranking01.gif  にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ ranking3.gif

onrei2.jpg


[ 2008/07/20 10:27 ] カメのお話 | TB(0) | CM(6)

しーちゃんがタカを助けた話(後編) 

おはようございます。昨日の続きです。


初めてこの記事を見た方は、ぜひ、先に
しーちゃんがタカを助けた話(前編)」を見てね。




さて、目を覚ましたタカさん、もう一日病院で様子をみたところ、安定したので
しーちゃんはその次の日、病院にタカを引き取りに行きました。




野生の猛禽類は、一般人には本当に扱えるものではないそうです。
先生は心配していろいろと言いました。

story24-1.jpg


それでも、しーちゃんは覚悟を決めていたので言いました。

「私、やります。なにが必要か教えてください。」




story24-2.jpg

先生は、猛禽類の飼育にはかなり大きなケージがいること、鋭いくちばしと爪から保護するための鹿皮の手袋がいること、肉食のため鶏肉がいること、餌のやり方など説明してくれたそうです。


「大きなケージ、鹿革の手袋、ササミですね。わかりました!」






まさに、しーちゃんが帰ろうとしたときに、




story24-3.jpg


「待って。………ボクが見るわ。」

先生がため息をつくように言ったそうです。




素人でありながら自分のタカでもないのに真剣に助けようとしている
しーちゃんの覚悟に触れて、先生の気持ちが動いたようでした。




実は、手術代のことでも、しーちゃんがお金を払おうとすると
先生   :「だって、あなたのタカじゃないんでしょ。もらえないよ。」
しーちゃん:「いいえ、私が連れて来たんです。払います。」
先生   :「そんなー。ペットじゃないんだから。」
しーちゃん:「私が連れて来たから私のタカです。これで足りますか?」
と2万円を出すと

先生:「そ、そぉぉ?」

と受け取ったそうです。

とにかく、先生はしーちゃんの覚悟・気迫に負けたのでしょうね。




実はしーちゃんのところは、関西と中国地方に家があって、
しーちゃんはふだん中国地方の家に住み、仕事にも行っています。
でも、1週間ほど仕事の休みをもらって、家族のいる関西に来ていたときに、タカを保護したのでした。

関西にいる間はタカのことを気にかけながら密に連絡をとり、
中国地方の家に戻ってからは電話で先生と連絡をとっていました。



story24-4.jpg

その日は、先生からタカは順調に回復し、餌の鶏肉もよく食べるようになってきていること、この調子でいけばもうすぐ退院できるだろうということを聞いてしーちゃんはホっとしたそうです。






そして、その次の日の朝


story24-5.jpg


職場の入口で開錠作業をしていた時、すぐ上で、
「ピーッ」
という大きな音がしたそうです。



story24-6.jpg

見上げると、しーちゃんの上空に、大きな鳥が飛んでいました。
「あ、タカ?」
あのタカと同じ種類のタカが飛んでいたそうです。


story24-7.jpg

しーちゃんは、「きれいだなぁ。あの子も元気になったらこんなふうに飛ぶのかなぁ…」
としばらく眺めていたそうです。







まさにその日の夜でした。先生から電話があり、

story24-8.jpg

それは、あのタカの急死を知らせる電話でした。
とても元気になってきていたのに、今朝早くタカが死んだことを先生は告げました。

しーちゃんはびっくりして言葉がうまくでませんでしたが、
先生にお礼を伝えて電話をきったそうです。


そして、思いだしたのでした。今朝のタカを…

story24-9-2.jpg


しーちゃんは思いました。





きっと、あの子が挨拶に…お礼に…来てくれていたんだ……


関西からはるか離れた土地までタカの魂が飛んできてくれたとしーちゃんは信じています。

そして、わたしも、それを信じることができます。




story24-10.jpg





「晴れ渡った空にね…、朝日を浴びて、キラキラ輝いて…
本当に綺麗だったよ~………」

しーちゃんはきれいな涙を 一粒 ポロリと流しながら話してくれたのでした。

ー完ー



↓ 応援していただけると嬉しいなぁ
ranking01.gif  にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ ranking3.gif

onrei2.jpg



しーちゃんがタカを助けた話(前編) 

こんばんは。ノラドラです。いつも温かい応援ありがとうございます。

さて、今日は、ちょっといつもとは違って、
ノラ家にも関わりの深い、私、ドラの友達である「しーちゃん」のお話です。

ノラ家に影響力が強いしーちゃんをいつかは登場させないわけにはいかないので、本人にチラッと聞いてみると(ちなみに彼女はネットにつなげていないのでまだこのブログを見たことがない)、

「私がドラちゃんに話したことなら、何を書いてくれても構わない。どんなアホキャラでもいいよ~」
と快諾してくれたので、それなら最もしーちゃんをよく表すこのエピソードでデビューしてもらうことにしました。


story23-1.jpg

少し前のお話ですが、友達のしーちゃんと喫茶店に入っていたら、
「この前ね、タカさんを助けたの」
と言うので、私は共通の知り合いの中にそんな名前の人がいたかなあと一生懸命脳内スキャンをしていたら


story23-2.jpg

聞けば、本当に兵庫県の幹線道路を運転していたとき、交通事故にあって道の真ん中で飛べずに苦しんでいたタカを見つけたらしいのです。



しーちゃんは、まずは行き過ぎて、ターンして側道に車を止めて、
「どうやったらあのタカを助けられるかなぁ」と考えたそうです。



story23-3.jpg





story23-4.jpg

そこで、ダウンジャケットを持って、道路に走って行き、バサッとそれをタカにかぶせて、くるんで、抱き抱えて救出したそうです。(すごい!)



story23-5.jpg

自分の車に連れもどると、タカは暴れることなく助手席でおとなしくしていたそうです。
(ダウンジャケットをするどい爪でガシーッとつかんでいたそうですが)


さあ、これからどうするか。

しーちゃんはまずは安全な山を探し、山の中に入り、タカを地面に置いて立ち去ろうとしたそうです。
でも、背を向けて歩きだしたときに
(まてよ、このままだと犬が来たら襲われるな…)
と思ってやっぱりまたタカを抱いて戻ったとか。

で、結局

story23-6.jpg

やってきたのは、いつも自分のペットの犬でお世話になっている獣医さんのところ。

獣医さんは野生のタカをつれてきたしーちゃんを見てトホホという感じで

「なんでボクとこ来たん~?!」



story23-7.jpg

でも、そこは獣医さん、事故に遭い傷ついたタカを手術することになりました。

野生のタカの手術は初めてだったそうです。


story23-8.jpg

そのタカ、手術後に急激に体温が下がり、もう完全に死んだようになったので
「やっぱりだめだったか…」と先生は小さな棺桶を用意したそうです。

すると何時間もたってからタカが突然パチっと目をあけました。

(まさかのつづく)

さあ、どうなるでしょう。
長いので今日は前編です。
明日が完結編なので明日も来てね。

↓ 応援していただけると嬉しいなぁ
ranking01.gif  にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ ranking3.gif

onrei2.jpg



ちなみにうちの父は
「おお、しーちゃん、野生のタカをつかむなんて度胸あるな。ダウンジャケットを使うとは的確や!」
と大絶賛でした。
よく、ひっかかれたり、つつかれたりしなかったなぁ、と。
(顔をつつかれたら終わりやで…。。。)
タカもわかっていたんでしょうね。

セミ初鳴き・初捕獲 

こんばんは。関西でも梅雨が明けました。
今日は夏らしい話題です。

story22-1.jpg

ついに、家の前のトネリコでクマゼミの初鳴きです。
またセミの季節がやってきました。

毎年梅雨明けの頃に、土中から出て鳴くのですが、
さっき、7時のニュースで近畿の梅雨明けを知り、クマゼミさん、ドンピシャですごいと思いました。


story22-2.jpg

クマゼミは午前中しか鳴きません。が、早朝から
シャアシャアシャアシャアシャア…
最盛期、細いトネリコの木がクマゼミだらけになると、もう大変です。



story22-3.jpg





story22-4.jpg





story22-5.jpg

また、マーくんが2階の窓から虫取り網をスルスルと伸ばしてセミをとる季節が始まりました。
(ちなみに、表のトネリコではクマゼミ、裏のクスノキはアブラゼミがとれます。)
「ジジッ」
という声が聞こえると、成功です。

この「ジジッ」というのが面白いらしいです。
でも、これはオスだけで、メスは鳴かないので捕ってもあまり面白くないそうです。






story22-6.jpg

この2階の窓からのセミ取りは、トネリコが大きくなってきた3年生の頃から続いていますが、おばあちゃんが
「セミは地上では7日間しか生きられないから、可哀そうだから離してあげなさい。」
と教えたので

story22-7.jpg

捕って30分ほど眺めると、近くの小さな山まで走って行って離します。
(でも、うちで生まれたセミなので戻ってくるのもあるみたいです。)





story22-8.jpg








story22-9.jpg

2階の窓からセミをとる大人げない老人も一人。

ー完ー

これから、毎日、そして一日に何度も、おじいちゃんと孫はセミとりを繰り返し、夏が過ぎていくのです。
2階の窓からのセミ捕りは、家の前を通る人に何度も目撃されています。
恥ずかしいなぁ。
もともとセミとりをマーくんに教えたのは父ですが、年々マーくんが上手になるのに反比例して父はヘタクソになってきているような気がします。
腕が落ちたのぅ。


↓ 応援していただけると嬉しいなぁ
ranking01.gif  にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ ranking3.gif

onrei2.jpg



[ 2008/07/16 19:20 ] 季節のお話 | TB(0) | CM(10)

このブログへの父の反応 

みなさん、こんばんは。また一週間が始まりましたね。ここのところ暑さの質が変わりましたね。ほんとに暑いですが、また今週も頑張りましょうね。さて、今日はオマケのような「つぶやき」です。

ブログを書いている人の中には、家族はブログの存在を知らず、ネタにされていることもまったく知らないという方も結構おられるようですね。

ノラ家では、母と姉とマーくんには早くから見せていましたが、父にはしばらく話だけで、実物は見せていませんでした。でも、先日、ちらっと「夏はスイカとともに」の記事を見せました。

(「父の弱点」や「追いつめちゃダメ」は絶対見せられない!!)

見せたときは、ふーんって感じでなにも言っていなかったんですが、
父は、あとで

「なんか、ワシだけブタみたいやったぞ……。」

と不服を述べました。
「そう?」って感じでそのときはべつに気にも留めていませんでしたが、また後日、

「ワシだけブタみたいやったぞ。なんか鼻のあたりがブタみたいやったぞ。」
と言ったのです。

「え~っ、そう?」と言うと
「ワシにはそう見えたぞ。」

というのです。

しばらくして、気になってきました。。。



…えっ…ブタ……?




もう一度PCを立ち上げて、父を呼び、説明をして解決しました。


あのですねえ…
みなさんは、ノラ父の顔の構造をたぶん理解してくださっていると思いますが
念のため…

buta1.jpg


当然こう見えてます?よね?口の下の線はアゴのたるみの線です。



父の脳内でどのように見えていたかは実際は不明ですが…
どうやら父にはなんとなくこんな感じに見えたようです。





buta3.jpg

もしくは
buta2.jpg




これだから絵心のない人ってイヤ……

(終わり)

さて、また明日から普通のコーナーに戻りまーす。

please03.jpg> にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ ranking3.gif

いつも本当にありがとうございます

[ 2008/07/14 19:07 ] 父のお話 | TB(0) | CM(9)

ノラ家のペット!? 

こんにちは。今日はちょっと長いです。
ノラ家のペット…いえ、マーくんのペットの話をしましょう。





ペットっていったら、犬とか猫とかハムスターとか、私はやっぱり「毛のある動物」がいいです。。。。
同じ空間に暮らし、なでたり、抱いたりできるかわいい動物。。。
なのに…






story21-1.jpg


なんでカメなん…?!





マーくんの小学校の教室ではイシガメとクサガメを3匹飼っていて、友達の間でも飼っている子が多いんです。どうもこのくらいの男の子は恐竜とかが好きらしく、マーくんも
「ホ乳類きらい、爬虫類がいい!」なんて言ってます。




story21-3.jpg


もちろん父と私は反対でした。父はペットを飼うこと自体否定的(でも父が単身赴任だった時期にネコを飼っていましたが)。
私はミドリガメのあの模様がどうも苦手(父も嫌いだって)。
それよりも私が小学校の頃、やっぱり教室でカメを飼っていた経験から、水がすぐ汚れて臭くなるし、水換が大変なのを知っていたんです。


story21-2.jpg


でも、一人っ子のマーくんが生き物をかわいがる気持ちや責任感を育んでくれるといいなあって話は以前からあったのです。
しかも、「50m泳げたら飼ってあげる」という約束もあって(「やったね、マーくん!マーくんの水泳大特訓3」を見てね)、マーくんの意見が尊重されました。

私はせめて日本のカメがいい~と思って、
一生懸命「イシガメは?」と横からささやきましたが、マーくんの目は色の鮮やかなミドリガメに釘付けです。
「ミドリのがいい!」



というわけで、カメ飼育のスタータキットという水槽などの一式とともに、ミドリガメ2匹が我が家に来てしまいました。。。。。
これからが大変です。。。。






story21-4.jpg


さすがに物珍しさでちょっと見ていて楽しいのですが
そのカメたち、なんか様子がへんです。
エサにも見向きもせず、ずっと、おびえてバシャバシャ水槽から逃げようと暴れまわっています。

最初だから落ち着かないのかな…

でも、2日たっても3日たっても変わりません。
カメを落ち着かせようとできるだけそっとさせて気を遣っているのですが…

story21-5.jpg




story21-6.jpg




…カメって、のんびりしてるものと違ったん??



そういえば…


story21-7.jpg


お店のおじさんが、「ミドリガメください」と頼んだときに、
(あれ、ホレそこに、すぐそこにミドリガメいるやん!)と思ったのに
わざわざ一番底のほうで縮こまってるカメと、逃げ回る色の薄いカメを取りにくそうにしながら取っていたので、私はちょっと(おかしいなぁ…)
って思ってたんです。


もしかして、

ハズレ ガメ  かも…


しかも
story21-8.jpg


story21-9.jpg



やたら逃げようと壁に向かってバシャバシャしてるので、すぐコテっとひっくり返るんですが、

知ってました?
ミドリガメの腹側の悪魔のような模様!

初めて見て、びっくりしました。


でも、でもね…

story21-10.jpg


ひとつだけ面白いことが…

マーくんがいつも知らせに来てくれます(マーくんはなぜか私を「ドラ先生」と呼ぶ)

story21-11.jpg


カメに気づかれないように、ほふく前進をしながらジリジリとにじりよって見ます。
「ほんまや~」




それは、これ!


kame01.jpg


二匹のカメがぴったり重なって寝る習性。
これだけは、おもしろいなぁ…

(つづく)


今後ときどきミドリガメのレポートをします。

マーくんは嬉しそうに、カメの世話をせっせとしていますが…

このビクつきは治るのでしょうか?

↓ 応援していただけると嬉しいなぁ
ranking01.gif  にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ ranking3.gif

onrei2.jpg



[ 2008/07/12 11:01 ] カメのお話 | TB(0) | CM(7)

追いつめちゃダメ! 

昨日の「重症思いこみ症候群」関連の話題です。
つい先日のこと、ちょっとした事件が起こりました。

父はものすごく病院嫌いなのです。

でも、父にも健康不安があって、退職してから健康診断や人間ドックなどを受けていないので、歳も歳だし、そろそろ心配だったので


story20-1.jpg


悪いところは早めに見つけた方がいいし、母と二人で真剣に検査を勧めました。


story20-2.jpg


すると父の顔がみるみる青ざめて
「悪いところを見つけて、ガックリさせてワシを早く殺す気やな…」
(なにか悪いところがみつかると思っているらしい…)




story20-3.jpg


びっくりするくらい青い顔になってダウンしてしまいました!
(めまいと吐き気で動けなくなったらしい。)
さっきまでピンピン元気だったのに、びっくり…

story20-4.jpg



数時間したらまた元気になりましたが…、
追い詰めちゃだめみたい。。作戦変更です。。。

ー完ー

父は、へたに病院に行って、もし悪いところなんか見つけたら、いっぺんにガックリきてしまうタイプみたい。

この現象は「血管性迷走神経反射」とかいうらしいですよ…。
冷や汗が出たり、気分が悪くなったり、顔面が蒼白になり、意識がもうろうとなって失神して倒れてしまうこともあるそうです。(興味ある人は調べてみてね。)


please03.jpg> にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ ranking3.gif


明日はノラ家のペットが登場。明日も来てね!
[ 2008/07/11 20:40 ] 父のお話 | TB(0) | CM(4)

父の弱点  

こんばんは。ノラドラです。暑いですね~。「虚」体質の母と私はすでに夏バテ気味。みなさんもお身体を大切になさってくださいね。
さて、

story19-1.jpg


すでに母と私は夏バテでフラフラしているのに(踊っているんじゃないですよ)、父は70歳をすぎても体力があって元気そのもの、ピンピンしています。
でも、


story19-2.jpg

いったん寝込んだらさあ大変!



story19-3.jpg


「体温計持ってきてくれ~」
「氷まくら 持ってきてくれ~」
「冷たいジュース持ってきてくれ~」
「リンゴむいてくれ~」
「スイカくれ~」
「タオルで体 拭いてくれ~」
世話がかかることこの上なし!要求の嵐です。

まさにくれくれくまちゃん! (わからない人は「食いしん坊は誰?その2 」を見てね)





story19-4.jpg


いったん寝込んだら恐ろしく弱気になって世話を要求するこの父特有の症状を
私たちは重症思いこみ症候群と呼んでいます。

風邪じゃなくて、本当に寝込むような病気になったら絶対大変。

絶対父を病気にしてはいけないね、と家族で言い合っています。

ー完ー



父が「くれくれくまちゃん」であることと、「重症思いこみ症候群」なこととは、実は十分に甘えることができなかった悲しい生い立ちと関係があるのです。
父の生い立ちについては、いずれ……

(聞きたいですか?)
please03.jpg> にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ ranking3.gif



[ 2008/07/10 19:12 ] 父のお話 | TB(0) | CM(5)

やったね、マーくん!(マーくんの水泳大特訓3) 

みなさん、こんばんは。いつもありがとうございます。

さて、おじいちゃんによる、マーくんの水泳大特訓のその後です。(初めての人は3つ前から見てね)
 ・マーくんの水泳大特訓
 ・マーくんの水泳大特訓2 暗い過去
 ・マーくんの水泳大特訓3 暗い過去2

赤ちゃんの時のトラウマか、とにかく顔を水につけるのが大嫌いなマーくん。
どうにか特訓のおかげで顔をつけるようにはなりましたが、それでも、すぐに顔をしかめて「ぐわぁっ」と立ち上がっては手で顔をこすりこすりしてしまうのでした。それに息つぎを覚えない限りは10mが限界。4年の夏はこうして終わりました。

そしてようやく、大特訓の結果、5年生の時(去年)、
story18-1.jpg


story18-2.jpg

story18-3.jpg


おおっ!
ついに25m泳げました!
去年は私も身体を鍛えようと週末、プールに一緒に行ったので、マーくんの泳ぎを目の当たりにしてびっくり!あのマーくんが!アンビリーバボーでした。





そして今年(6年生)、
story18-4.jpg


この週末、ついに50m泳げたとか!
ウソーッ!えーっ!すごーい!やったー!
それで


story18-5.jpg



監視員さん、何年にもわたってずっと見ていたらしい…

(おわり)

please05.jpg にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ ranking3.gif


さて、なぜマーくんが泳げるようになったか、種明かしです。
マーくん、顔を水につけるのが今でも嫌いなのです。どうも、水の中で目をあけるのがダメらしいです。
だから4年生と5年生の最初はずっと目をつぶって泳いでいたのです。
それじゃあ、長距離は無理。
そこで登場したのがゴーグル。絵には書いてないけど、あれをつけることで平気になったみたい。
もちろんおじいちゃん(父)の指導のたまものなんだけど。

そうそう、
父が「一応、50m泳げたぞ」というので
姉が「なにで泳げたん?クロール?平泳ぎ?」と聞くと
父は「平泳ぎとクロールをミックスしたみたいなのや」
と言ったので、姉はコケそうになったそうです。

「でも田舎に行ったら手は平泳ぎで足はバタ足で泳いでるおばちゃん結構おるで」と父。
昔は正しく美しい泳ぎを姉にしこんだ父も、年をとって妥協したらしい。。。


なにはともあれ、みなさん、あたたかい応援の言葉をありがとうございます!


[ 2008/07/08 18:30 ] マーくんのお話 | TB(0) | CM(10)

マーくんの水泳大特訓 その3 暗い過去?2 

(今日の続きです。初めて見る方は、ひとつ前から見てくださいね。)

姉の失敗、2回目は…(まだあるんかいっ!)
story17-1.jpg


二回目もやっぱりお風呂で…
マーくんが4か月くらいのとき、仕事に復帰していた姉は、あまりの疲れと眠気に…



story17-2.jpg


うっかりとマーくんをお風呂に落としてしまったのです。
マーくんは、笑顔のままお風呂の底に沈んでいったそうです…

story17-3.jpg


「いけないっ!」
即座に水底から救い出しましたが…

story17-4.jpg


マーくん、大泣き……


story17-5.jpg



それがトラウマになったのでせうか…?
どうなる、マーくん!?

(つづく)



これは前回のと一緒に続けてアップするつもりでしたが、遅くなりそうなので分けることになってしまいました。
なかなか絵を描くって大変ですねえ…

↓ 応援していただけると嬉しいです。
ranking01.gif  にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ ranking3.gif


onrei2.jpg

[ 2008/07/06 18:42 ] マーくんのお話 | TB(0) | CM(4)

マーくんの水泳大特訓 その2 暗い過去? 

第二弾、続きです。
マーくんが極端に顔を水につけるのをいやがるのは…
なにやら母と姉がヒソヒソ話し合っています。

story16-1.jpg



「あれ」とは…
そう、あれは、マーくんが新生児のときのことでした…


story16-2.jpg



マーくんを産んで退院した次の日のこと、マーくんを入浴させているとき
「おしりを洗ってあげてね。そうそう…」
新米ママの姉は一生懸命です。
ふきふき…


story16-3.jpg



あまりに熱心におしりばかりをあらっていたところ、
!!
「あっ顔が水に浸かってるよ!!」
「えっ!」



あわてて引き上げましたが
story16-4.jpg


うん○水につけられたその時のマーくんの抗議のしかたといったら
「ウエッ!!ウエッ!!エンッ!!エッ!!…」
手足を強く振りながら全身で怒りを表現して
それはもう、新生児とは思えないほどの激しさだったという…

(つづく)

ノラ家では有名なエピソードなのでした。

↓ 応援していただけると嬉しいです。
ranking01.gif  にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ ranking3.gif

いつもありがとうございます。


[ 2008/07/06 11:10 ] マーくんのお話 | TB(0) | CM(6)

マーくん、水泳大特訓 

小学校でプールの授業が始まっています。
実はマーくんは、泳ぎが大の苦手でした。(ネコだから?いえいえそうではなくて…)
3年生の夏休み、スイミングスクールに通いましたが、泳げるようにならなかったほどです。
そこで、4年生のとき、おじいちゃんが立ち上がりました!
泳ぎ達者な父としては、孫が泳げないのは我慢ならなかったようです。
これは4年生のときのお話。

story15-1.jpg


マーくんは、顔をつけずに、沈みそうな変な犬かきをしていました。
「ちがうちがう!」

story15-2.jpg


まずは、顔をつけて身体の力を抜いて浮くところから練習です。
「顔をつけろ!」
へんに身体が硬直していたので
「まっすぐ!体の力を抜け!」


story15-3.jpg


でも、マーくんは、顔に水がつくのが大嫌い。
ぶはぁっ!ぐわぁっ!
「暴れるな!」


story15-4.jpg


帰ってきたとき、父は辟易した顔で「話にならん! 極端に顔をつけるのを嫌がる」と言っていました。
無邪気にマーくんは「今日は7m泳げたで~」と言っているところがふびんです。
「7mか…」「ヤバイ…」

さあ、どうなることやら…
(つづく)

↓よろしければ応援お願いします。
please04.jpg

[ 2008/07/04 21:59 ] マーくんのお話 | TB(0) | CM(8)

食いしん坊は誰?(オマケ) 

こんばんは。本日は急きょ、一コマだけ描きました。
姉が珍しく早く帰ってきました。スーパーでたくさん嗜好品を買い込んで。
こんな感じでした。
story14-8.jpg


「半額になってたよ~」と取り出したのはプリンアラモード。洋ナシチョコレートなど…
私は(ああ、胃に悪い…また吹き出物がでる~)と思いつつ、やっぱり「わーい」と喜んでしまいます。
マーくんはピューっと飛んできました。ノラ家は母以外みんな食いしん坊かもしれません。

もちろん、うちの「くれくれくまちゃん」は、
「おおっ!かしこいっ!」と姉をほめたたえていました。
(みっともないステテコ姿でスミマセン)
ー完ー

↓もしよかったらポチっと応援お願いします
人気ブログランキングへ
please03.jpg



[ 2008/07/03 20:59 ] みんなのお話 | TB(0) | CM(9)

食いしん坊は誰?その2 

続きです。父が一番の食いしん坊だとされる理由。

初めての人は「食いしん坊は誰?その1」を見てね。

story14-1.jpg

父はスーパーなどのナイロン袋のカサカサという音を聞くと


story14-2.jpg


キラリと目を輝かせて、「おっ、なんか買って来たんか?」と期待するし



story14-3.jpg

お菓子をもらって、5等分した余りは自分が食べていいと思っているし


story14-4.jpg

自分でやたらとお菓子やおまんじゅうを買ってくるし(それが一日で食べるには多い!…でも、結局食べるんだけどね…)


story14-5.jpg


残っているものをすぐ狙うし(たいていお姉ちゃんかお母さんの分)


story14-6.jpg


自分の取り分以上のものに手を出すことが多く、数が合わなくなってくることも多い…
だから、

story14-7.jpg


いつもお菓子や甘いものを、くれくれ、くれくれ言っているから、家の中でひそかについたアダ名は、
「くれくれくまちゃん!」(これ、本当です。クマっぽいんです…)

ー完ー

(ひとりごと)
いつもありがとうございます。
このネコ一家の「ノラ家の日常」ですが、最初は「くれくれくまちゃんの日常」にしようかと真剣に考えていました。くれくれくまちゃん、ゴロがいいでしょ?
でも、家族全員をクマにするには無理があると気がついて、ネコにしました。ネコならガラも色もバリエーションがあるから。
でも、困ったことが…、家族がネコなので、ネコの話題が描けないんです。イヌの話題もキツイ。。。
そのときだけは、クマバージョンになってもらおうかな~なんて考えています…


↓もしよかったらポチっと応援お願いします
人気ブログランキングへ





[ 2008/07/02 19:00 ] 父のお話 | TB(0) | CM(10)
プロフィール

Author:ノラドラ
ようこそ、3世代5人家族の「ノラ家」へ。
両親around70、娘around40、そして新・中学1年生のマーくんです。
いいかげんに解散しないといけない家族構成はいつまで続くのか?!(こんなはずじゃなかったんだけど。)。
一家の次女(ドラ)が、なんてことのない日常を楽しみながら書いていきます。気軽にコメントしてくださいね。


profile-2.jpg

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。