スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ちょっとした魔法(^-^)。 

こんばんは。ノラドラです。



本日は日曜日ですので、


軽めの日常を。(^-^)



この金曜日のことでした。






story293-1.jpg












story293-2.jpg





思いもかけず挨拶されたのでビックリ。




このへんでは、そのようなことは滅多にないので


感心して




story293-3.jpg



と言うと、








story293-4.jpg


嬉しそうにニッコリと笑って答えてくれたそうだ。


(市内だけど遠い中学だったそうな。)







story293-5.jpg

そのあと、とても気分がよかったそうです。

ノラ父、よっぽど嬉しかったらしく、帰ってすぐに私たちに
話してくれました。



笑顔と挨拶も、人を幸せにする魔法ですね。(^-^)

それも、誰でもできて一番簡単な魔法ね。




ー完ー



↓応援してね!(^-^)↓
botton5_20090531221732.jpg 


ん?
ということは、
街を「お掃除」しながら、道行く人に「挨拶」したら
どうかな…????
(↑欲張り過ぎかな?)



botton50-8.jpg 

お掃除しながらあいさつするのってたぶん勇気が2倍いりますね。


明日から、新シリーズ!

botton75-7.jpg





スポンサーサイト
[ 2009/05/31 22:24 ] ただの日常 | TB(0) | CM(12)

第二ラウンド、始動! 

こんばんは、ノラドラです。










story292-1.jpg











story292-2.jpg

裏紙(←この表現、通じる?)を描きつぶすあたり、エコのつもりです。

描いた落書きを描き直さずに即、採用します。
(描き直す暇はないのだ。どんなデッサンがくるった絵でも
そのまま行きます。
我ながら、いいかげんですごいなーと思います。
昔は恥ずかしがりで完璧主義だったのに、完全に変わりました。
でないと、このペースでの更新は無理だもーん。)


ちなみに箱にどっさりあった、いろいろなプリントの
裏紙がこの1年でなくなりました。ものすごく描いたんだな~。






さて、つぎの大作はなんでしょう?









たとえば




story292-3.jpg
(これはそのうちね。)












story292-4.jpg

普通なら、まずありえない結婚なのです。

祖父母の出会いを考えると、

運命のいたずらというか、不思議な縁を感じます。


よし、これを描こう!





でも、この出会い、








story292-5.jpg


昔の人の人生は、どうしてドラマチックなのでしょうね。

時代のせいでしょうか。

どの人の人生を聞いても、それぞれにすごい人生です。



そして祖母方の曾祖父と曽祖母の人生もまた、

(祖父方のスーパー曾祖父とはタイプが全然違いますが、)

味のある人生なのです。

ある意味、スーパー曾祖父に負けないくらい。





というわけで、






story292-6.jpg




ーつづくー


↓よろしければ応援してね!(^-^)↓
botton24.jpg 



botton92-7.jpg 
並べると、なんか怖いんですが…。




一周年のお祝いのお言葉本当にありがとうございました。
本当にみなさん、お気遣いくださって…恐縮ですがとてもとても幸せな
気持ちになりました。お返事はみなさんのブログに伺ってメッセージを書かせて
いおただいたり、コメント欄でお返事させていただいたりしています。
ありがとうございました。

あ、ほんとに、この後も、「遅れました」とか、
本当にお祝いコメント、気にしないでくださいね。
ほんとにほんとに。(^-^)


botton75-7.jpg



今日は5月30日、
「ゴミゼロ」の日だったんだって!
cowslipさんたち、えらい!

cowslipさんたちが勝手に命名したそうですが、すごいと思いませんか?

今日早いうちにcowslipさんのブログを見てオタオタしました。
でも、今日は階段のワックスがけなどをしました。
家の中ですらゴミゼロには程遠いなぁ。。。







<おしらせ>

これまで、たくさんの「拍手」をありがとうございました。
これからは「拍手」機能をオフにすることにしました。

拍手数は一目でわかるので、これまでずっと励みになってきましたが、
作り手としては、多少拍手数の増減を意識してしまう面もあるのと、
私のブログは押すところが多すぎて(ごめんなさい)、
人によっては全部押して下さる方もいらっしゃるようで大変な
ご面倒をおかけしてきたと思うからです。

また、拍手の所にコメントを書いて下っていたみなさん、
これまで本当にありがとうございました。
最近、拍手欄を開けるのも、少し大変な時もありまして、
見る場所をコメント欄に一本化しようと思いました。

これまで拍手だけを押して下さっていた方は、
バナーのほうにポチっと押していただけますと嬉しいです。(^-^)



[ 2009/05/30 20:57 ] ごあいさつ | TB(0) | CM(15)

一周年! 

こんばんは、ノラドラです。




え~、みなさま…















story291-1.jpg






つまり…








story291-2.jpg



始めたころはまさか1年続くとは思いませんでした。








それも、みなさんが遊びに来て下さって

いろいろなメッセージを残して下さり、

励まし応援して下さったから。











story291-3.jpg


本当に本当にありがとう。

authorのドラ、そして一同、心より御礼申し上げます。






何度も何度もやめようと思った時に、


みなさんが温かいお言葉をかけて下さって


続けることができました。















このブログも当然初めは少しの方しか見に来て下さらない


ひっそりとしたブログだったのですが、


いつのまにか、人気ブログの仲間入りをすることができました。





(それも、途中から、人気を気にせず、描きたいことを描こうと

決めて、怪しい世界につっぱしったら、なぜか人気が出てきました…)


ありがたいことです。






ではせっかくですから


この機会に



このブログのアクセス数の変遷をみてみましょう。






story291-4.jpg












story291-6.jpg


違います!


たしかに妖怪や魔物がやたらでてくるのも

このブログの怪しい特徴にはなっておりますが…










本当はこうです。








story291-5.jpg

1日のアクセス数の最高記録の変遷です。

ブログ開設2か月ちょっとの時期、1日200~250人くらいの方が見に来て
下さる感じだったのですが、
ノラ父の生い立ち(満州)シリーズを
「官公庁のバイトさん(略称)」のきんととさん が
紹介して下さり、一時的に最高記録800人を出しました。

(きんととさん、ありがとうございます。)




それから、「従弟のTくんシリーズ」に次ぎ、曾祖父シリーズ、
そして最後のしーちゃんのお掃除シリーズで
最高アクセス数を記録していきました。
しーちゃんシリーズのときは毎日2000人以上の方が来られていたようです。

これらは、かなり一時的な人数で今は落ち着いて、
日常が続いた最近は多くて1400人くらいに減っています。


やはり、「非日常」は人気なんですね。




まとめてみますと


<初期の名作?> 
「ノラ父の生い立ちシリーズ」



<最近の名作?>

「従弟のTくんシリーズ」

「曾祖父シリーズ完結編」
(曾祖父シリーズは何シリーズもあります)

「しーちゃんのお掃除(自然界)シリーズ」


まだご覧になっていない方はぜひぜひ(^-^)。


story291-7.jpg





そのせいか…






story291-8.jpg




この1周年を迎えられたことで少しホッとして、

これからは、すこーし、お休みも時々入れて

無理のないように続けられるところまで続けていきたい

と思っています。


まだ今のところ、次の大作の予定もあるし、

しーちゃんのお掃除プロジェクトもありますからね。




なにはともあれ、



みなさん、いつも本当にありがとうございます。




story291-9.jpg





ー完ー


お祝いのお言葉などお気づかいなく。
私の方が「ありがとう」なのですから。(^-^)


↓更新のエネルギーになっています。(^-^)↓
botton24.jpg 



↓よろしければ。
botton82-10-2.jpg 
ありえない取り合わせ。功労者組。



botton95-8.jpg





29日は1周年記念日なので、新たなスタートに向けて英気を養う日に
したいと思います。

そして、みなさんのブログをゆっくりと巡らせていただきますね。




[ 2009/05/28 23:07 ] ごあいさつ | TB(0) | CM(43)

ノラ父との組立作業。 

こんばんは、ノラドラです。

本日も日常です。



先日の日曜日のことでした。




story290-1.jpg

ノラ父が、ニトリで買った、ワークチェアの組み立てを
しようと言ってきました。




一人じゃ組み立てられないノラ父です。




しょうがないなあ…





story290-2.jpg









story290-3.jpg








story290-4.jpg







story290-5.jpg










story290-6.jpg













story290-7.jpg














story290-8.jpg















story290-9.jpg












story290-10.jpg

(どこで間違ったかさかのぼって見てね(^-^))











story290-11.jpg





ー完!-

全部はずして、組み立て直すのに3倍くらい疲れました。

父との共同作業はキケンです…。


↓よろしければ、応援お願いします。(^-^)↓
botton10-1.jpg  botton36-8.jpg 





botton75-7.jpg


昨日、はまぴーさんのブログ、「四季光彩」
「5つのありがとう」という素晴らしい記事がありました。


さっそく昨夜から教えていただいた「5つのありがとう」を実践し始めました。

はまぴーさん、ありがとう。




[ 2009/05/27 22:24 ] 父のお話 | TB(0) | CM(20)

マーくん、さめざめ。 

こんばんは、ノラドラです。


本日も日常です。



さっそくどうぞ。





先週末の土曜日。(私が更新を休んだ日ね)




story289-1.jpg















story289-2.jpg


なにやら暗~く、黙って階段を上がってきたマーくん。








そして










story289-3.jpg


肩を震わせて



泣きだした…







さては…








story289-4.jpg









みなで、駆けより話を聞いた。










story289-5.jpg








「今日…




はじめて…





story289-6.jpg
(↑マーくんは左利き)




球をとったんやけど…












story289-7.jpg

(最近新しく買ったグローブが新しくてまだ固かったのだ。)










story289-8.jpg

もう試合に出してもらわれへん~…



一同は(なーんや…)(ああ、よかった~…)と胸をなでおろし


誰だって最初からうまいわけじゃない、

甲子園に出た人だって、

プロ野球のスターだって、

誰でもミスはする、

また練習して頑張れば大丈夫だと

慰めたそうな。




story289-9.jpg

マーくん、ホロ苦デビューだったとさ。



野球命のマーくん、こういう年頃って、こんな失敗も

ものすごいことなんですよね~。


ー完ー



↓いつも更新の元気をいただいています。(^-^)↓
botton25-4.jpg  botton75-7.jpg


街のお掃除続行!

botton50-8.jpg 


日常は非日常の準備期間。日常もよろしく~。(^-^)


[ 2009/05/26 22:11 ] マーくんのお話 | TB(0) | CM(18)

胃カメラの恐怖。 

こんばんは、ノラドラです。

いつもご訪問と温かい応援、ありがとうございます。

しーちゃんのお掃除シリーズを終えて、本日は日常です。





先日



story288-1.jpg



初の胃カメラだというし


なにかへんな結果がでるんじゃないかと


心配しているのかなと思って…




story288-2.jpg












story288-3.jpg







なんと、

意外な心配事だった。












胃カメラ検査では、麻酔を使うのですが、


その麻酔のせいで…


以前…






story288-4.jpg







 「オットセイか!」 

という暴れ方をして伝説になっているそうだ。 



たまに、麻酔によって、そんなふうに中途半端に

制御がきかなくなる人がいるそうな。


だけど、本人は全然覚えていなくて、

暴れたことも知らないとか。






だから姉も






story288-5.jpg

と心配していたのだ。






………








story288-6.jpg

母と私は


姉が日頃のうっぷんを爆発させて


「うが~っ!やってられるか~!」とか、

「○○のアホー!」とか

叫ばないか心配した。






ちなみに、お医者さんや看護師さんの中には、麻酔を使うと
そのあとの仕事に支障が出るので
麻酔なしで検査を受ける人もいて、
そういう人は
「男前~!」と言われているそうだ。


でも、快適に検査を受けたいので
姉はやっぱり麻酔を使うつもりらしい。






てなわけで、


当日。









story288-7.jpg

みんなで口々に結果を聞いた。


「うん、異常なしだったよ。」


「よかったね。暴れなかった?」



「うん」



story288-8.jpg








story288-9.jpg


とのこと。



よかったよかった。




すると




story288-10.jpg


「私の後ろの人が、」

















story288-11.jpg





story288-12.jpg







story288-13.jpg









story288-14.jpg


ノラ姉の実演、激しすぎました。


ビックリして窓を閉めました。





オットセイという意味がちょっとわかったような。


オエっとくる反射って、個人差があるんだって~。






ー完ー

ちなみに私も胃カメラ検査でヒドイ目にあった思い出があります。。。。

↓いつも更新の元気をいただいています。(^-^)↓
botton90-3.jpg  botton75-7.jpg


街のお掃除続行!

botton50-8.jpg 






[ 2009/05/25 22:12 ] 姉のお話 | TB(0) | CM(9)

しーちゃん、ありがとう!ノラ家頑張ります! 

こんにちは、ノラドラです。
今週はちょっとバタバタしておりまして、久しぶりに1週間のうちに2回もお休みをしてしまいました。

無理をするとあとでしっかりと自分に返ってくることを学んだので
無理をしすぎないように頑張ろうと思います。(^-^)


さてさて、しーちゃんのノラ家お掃除シリーズも一応今日で一区切り。

みなさんから「うちもお掃除したよ」「お掃除するよ」というメッセージをいただけて

とっても嬉しかったです。

そうそう、箱やカゴがよくないのは、外に出ているものだけで、
押し入れや引き出しなど、見えていない「収納庫」の中は、もちろんいいんですよ~(^-^)
見える場所にはあまりよくないってことですね。




初めての方は


1.お掃除の神様が言うことには。
2.しーちゃんが、ノラ家に?恥と希望の狭間で。
3.しーちゃん、ノラ家に到着。
4.しーちゃんにノラ家の恥を見せる。
5.なんでやねん…しーちゃん一人を残して。
6.しーちゃん、ゴメン。でもピカピカ。
7.しーちゃんのお掃除終了!
8.しーちゃんから学んだこと。

からどうぞ。




しーちゃんが教えてくれたことの続き(補足)です。



story287-1.jpg

2回言っていたからよっぽど気になったんだろうなぁ。

たしかに、これがあると、掃除機をかけにくいし、

スッキリしないよね…。





「でも、これは出かける前にお姉ちゃんが服装チェックとかしているよ。」


「あー、そうかぁ。じゃあ必要なんだねー。」




しーちゃんは、ちょっと考えてからすぐひらめいた。






story287-2.jpg

(この鏡、超安物だから、壁にかけるような鏡じゃないけど…と思うドラ。)



でも




story287-3.jpg

と言ってみた。

「あそこなら、ちょうど出かける前に服装チェックできるし、

お客さんからは見えにくいし。」


しーちゃんは、


「あっちは方角はなんですか?」


と聞くので、あちらが「東」だと伝えると、



「ああ…じゃあ、ちょっとイマイチだなぁ。」



と言って、すぐに




story287-4.jpg


と言うのだ。



「西に向けると沈む太陽を映すからイマイチなんですけど、
東の登る太陽を映す方向にかけるのが一番いいそうです。」



と説明してくれた。


母と私は「へええ~」「そんなこと何も知らなかったわ~」と感心。



しーちゃんはさらに続けて




story287-5.jpg

「悪いのものが入ってきにくくなりますよ。」
と、ニッコリ。




へえええ~、なるほどー。



すると、ノラ母が、私が思っていたのと同じことを心配そうに言った。


「でも、この鏡、いい鏡じゃないから…どうかしらねぇ…」



すると、しーちゃんは


「あのワックスをこの木の枠にかけると、すごく高級な感じになりますよ。」

と言ってくれた。





これね。




そして、さらに




story287-6.jpg

と教えてくれたのだ。


なんという素晴らしいことを教えてくれたのだ、しーちゃん!!




これ、本当でした!!!一番高いだけあって、繊細で上品です。
匂いもほのかなよい香り~。かわくと無臭。
ドラは後日、1階のトイレの床と
クローゼットの扉とトイレの扉と靴箱と、客間のセンターテーブルにまで
ワックスをかけました。さすがに、木目に沿って直線的に
かけなければいけませんが、すごく素敵になるんです~。
やみつきになって、「ワックス職人と呼んで」と調子づいています。








こうして、しーちゃんはノラ家の1階を
見違えるほど綺麗にしてくれて
さわやかに帰って行きました。



しーちゃんへのお礼に、ノラ父のおごりで二人で
フレンチレストランに行ってきました。
(私まで美味しいものを食べることができました。)




前の日が山の掃除だったし、次の日はノラ家の掃除で、
今回のことで、しーちゃんから学んだことはとても大きかった。


ありがとう、しーちゃん。






しーちゃんの行動力・判断力は素晴らしいのはもちろんのこと、




思うに



今回のしーちゃんの最大の功績は









story287-7.jpg

(相手が強大すぎると、戦意を喪失するでしょう…?)








story287-8.jpg

ノラ家の意識改革をしてくれたことなのだ。






帰り際

「本当に疲れたでしょう、本当にごめんね、ありがとう。」

と私が何度も言うと


「わたし、ぜーんぜん、疲れてないよ~」


と繰り返し




story287-9.jpg


と言ってくれるのだった。






ええええ~…






………














story287-10-2.jpg


以前は絶対に2階には上がってもらえないと言っていた両親も

しーちゃんマジックを目の当たりにして感動して心が動いたようでした。




でも、これは冗談で、

ここからは、一人立ちしないとね。(^-^)

自分たちの力で、しーちゃんにも上がってもらっても

恥ずかしくないくらい綺麗にしようと心に決めました。

(たぶん、上がってもらったら、しーちゃんはいろいろなことに

気がついていっぱい指摘してくれそうな気がするけど…)



今、「しーちゃんに上がってもらうために」

ということが家を片付けるモチベーションになっています。


頑張るぞ!



ー完ー




↓いつも更新の元気をいただいています。(^-^)↓
botton38-11.jpg  botton80-5.jpg 



ただいま、ノラ家、活性化しています。
頑張って、2階にもお客様に上がってもらえるようにするぞ~!

今日も午後から頑張ろうと思います。(^-^)


botton75-7.jpg



しーちゃんから学んだこと。 

こんばんは、ノラドラです。

さあ、しーちゃんのノラ家のお掃除が終わりました。

初めての方は


1.お掃除の神様が言うことには。
2.しーちゃんが、ノラ家に?恥と希望の狭間で。
3.しーちゃん、ノラ家に到着。
4.しーちゃんにノラ家の恥を見せる。
5.なんでやねん…しーちゃん一人を残して。
6.しーちゃん、ゴメン。でもピカピカ。
7.しーちゃんのお掃除終了!

からどうぞ。




1階の客間に続いて、玄関ローカ、和室と見ていきました。


玄関廊下もピカピカです。



ところで和室ですが…




story286-1.jpg
(あえて塗らない…)








story286-2.jpg

(まだ床にモノが残っています。床の間の横にも絵が重ねられています。)








でも、





story286-3.jpg



そうなんです。


なんだか、とっても明るくてクリア。


まるで曇ったフィルターを取り除いたみたい。

まるで照明を変えたかと思うほど視界が明るい。



特に、きれいになった床の間あたりから

なんとも言えない明るい「気」が漂ってくるのを感じるのです。



この和室、年末だってかなり本腰を入れて掃除するし、

おばあちゃんが来た時には、もっと床に出ている物は減らすし、
(他の部屋に移すだけだが)


お掃除の本で「粗塩をまけば、マイナスエネルギーが吸い取られて

磁場がフラットになってとてもスッキリする」と書いていたので

最後に塩をまいて、しばらくおいて、掃除機で吸うと、

とてもスッキリしていたけど、


今回のしーちゃんのお掃除では、

それ以上の、これまで感じたことのないスッキリ感がして、

驚いたのだ。





なんかね、


床の間のあたりから、喜びが発せられているような感じ。

そう、


まるで

部屋が笑ってる…?








story286-4.jpg







手が違うとこんなに違うのかなあ。



もしかすると同じことをしても、


イヤイヤやったり、「ねばならない」という気持ちでやったりするのと、

しーちゃんのように心ををこめて拭いているのとでは、あとで、

その場の空気が違うのかも…。





●お掃除は心をこめて。


ですね。



うーん、学びました。







そうそう、和室のビフォア、アフターにどちらもでてくる床の箱もの、カゴものですが


以前、しーちゃんとこんな話をしたことがあります。





story286-5.jpg


しーちゃん、なんて言ったと思います?










story286-6.jpg

だそうです。


しーちゃんにしては、えらくハッキリと強い調子で言ったので

すごく印象に残ってます。


外に出ている物を整理するために、箱やカゴを買って、中に入れて、

部屋の床や台の上に置くようになったら、「おしまい」なんだそうですよ。


確かに、床の上にカゴや箱があると、とても掃除機がかけにくいし、

そういうところにホコリがたまりやすくなりますね。。。


台の上にバスケットとか、カゴとかが乗っていたら、

拭き掃除がしにくくて、ホコリがたまりますね。。。


それ以上に、箱もの、カゴものに物を突っ込むという手法に手を染めてしまうと、

もうそれ以上、根本的に片付けようという意欲をなくしてしまう

らしいのです。もう平面という平面にモノが乗っていない家は

目指せなくなるのですね。

だから、「おしまいよ~!」なのね。


あちゃ~……………。



ここを見て下さっている皆さんの中で、平面の上に、バスケットやカゴ類が

多い方は、ウチと同じで気をつけて下さいませ……。。。


まとめ。



●カゴや箱など、その場しのぎの整理はよくない。

根本解決を目指そう。




ですね。うーん、学びました。。。。






それから、他に学んだこと。




最初にノラ父とゴミ捨てに行った以外にも、

そうじをしていると捨てられる物がいっぱいでてくるんですけどね、





story286-7.jpg










story286-8.jpg

って言ったんです。


もう風邪気味でかなりつらかったし、億劫だったから、

「明日するよ」と言ったけど、

しーちゃんは、「今すぐ」と。




なるほど、先延ばしにしてはいけないのね。






story286-9.jpg


わかったよ、しーちゃん。

これからは、捨てるゴミが見つかったら、

すぐにノラ父の車に積み込むよ。


(そして、その日以降、今日に至るまで3回ゴミ処理場にゴミを捨てに行っています)


●思い立ったら今すぐ行動。


学びました。。。。。











あと、


story286-10.jpg


もともと植える時にまっすぐじゃなかったらしいのと

(はい、このときに植え替えたのは私です。。。)

成長の割に鉢が小さくなりすぎて、元気のなかった

パキラを、しーちゃんは、とてもとても気にしていた。







story286-11.jpg

さすがに観葉植物の土はなかったので、


こんなにしーちゃんが心配してくれて助けようとしてくれた

パキラさんだから、必ず助けるからと約束して

後日、土や元肥や鉢を買いに行って、

植え替えしました!

それ以来、元気を取り戻してすくすく成長しています。





毎日毎日忙しくてほとんど気に留めていなかった観葉植物。

愛が足らなかったなぁと反省しました。


それに、玄関を入ったところに、元気のない植物があるというのは、

家を象徴しそうで、運気的にも悪そう…。



それにしても、

しーちゃんは、愛の人だなあ。


結局


●お掃除の極意は、愛(^-^)


ってことなんでしょうね~。


しーちゃんのおかげで、いろいろと学ぶことができました。







ーつづくー


一日では無理だったので、まだしーちゃんが教えてくれたことが
続きます。



↓押していただると元気が出ます。(^-^)↓
botton38-11.jpg  botton80-5.jpg 



いつも、みなさまからのコメントを楽しく拝見し、元気と癒しをいただいています。

最近、更新時間が遅く、更新だけで精一杯(みなさまのブログ訪問&応援もしています)
な日がつづいているので、なかなかお一人お一人へ丁寧なメッセージは書けませんが
本当に感謝しています。
また時間のあるときに、丁寧なお返事を書かせていただきますね。


botton75-7.jpg

私の場合は自然界の掃除をする前に、まず、先に家の掃除をしなければ。。

しーちゃんみたいに自然界の掃除をするためにも家の掃除を頑張らねば!





しーちゃんのおそうじ終了! 

こんばんは、花粉症の時期(2月から5月初旬まで)に
マスクを買いためて、あと50枚くらいあるノラドラです。

世間ではマスクが品薄とのことで、
昨日ノラ父に「でかした!」と褒められました。


さあ、ノラ家に、お掃除の達人・しーちゃんがやってきた
シリーズも終盤です。


初めての方は




1.お掃除の神様が言うことには。
2.しーちゃんが、ノラ家に?恥と希望の狭間で。
3.しーちゃん、ノラ家に到着。
4.しーちゃんにノラ家の恥を見せる。
5.なんでやねん…しーちゃん一人を残して。
6.しーちゃん、ゴメン。でもピカピカ。


からどうぞ。





さて、物置き状態の中での休憩を終えて



「うん、ワックス、乾いてる。」







story285-1.jpg


秋冬バージョンで、ラグマットの上に、ホットカーペットを乗せていたけれど
(ラグマットを収納する場所がなかったからよ。)
もう、クローゼットの中にホットカーペットが入るようになったのだ。




次々物を戻して、客間、終了。




そこからは


story285-2.jpg



オイルヒーターの下の床も汚かったけど、
目線を下げるとそのオイルヒーターがあった向こう側、
お風呂の戸の下の部分が汚かった。


お客様の目線になってみると、普段見ていなかった所が見えるなあ。



この洗面所も、しーちゃんがワックスをかけてくれて
とてもとてもきれいになった。



木製のものだけじゃなく、ビニール素材も新品みたいにピカピカになる。













story285-3.jpg



「配線はこっちのほうがよくない?」

「ほんとだー!」





story285-4.jpg

客間の本棚と和室の押し入れの中の本をトレード。


普段暮らしていると、見慣れて気付かなくなってることも

しーちゃんはすぐ気付いて提案してくれる。


ほかにも、


「これ、かわいいけど、ここに置くのはちょっと。そっちにもっていって。」

「はい。」

(平面の上に、置き物を置き過ぎていた。)





1階で一番問題アリなのが和室。


もともと母のアトリエ兼、絵の置場だから物が多い。


私はテーブルまわりの資料を整理。



しーちゃんは



story285-5.jpg


根本解決をしている時間はないので、

ある程度は妥協しててきぱきと整理していく。





物で半分ふさがれていた床の間の掃除にとりかかる。




床の間も、置き物が多すぎ。



story285-6.jpg

「じゃあ、いいや、置いておこう。」

(↑しーちゃん、妥協するところは妥協する。)



どっちにしても、しーちゃんって、動きも判断も早いのね。




そして




story285-7.jpg


「これだけ…」






story285-8.jpg


恥!!!

床の間のそうじは、(年末と)おばあちゃんが泊まりに来たときに以来
してません。。。。




「恥」という前に「バチアタリ」です!!



床の間の前を長い間半分絵がふさいでいたんだもん。。。


ほとんど、この部屋に入らないんだもん~。


えーん。。。







そして




床の間もしーちゃんの手によってピカピカに蘇りました。






story285-9.jpg



しーちゃん、ありがとう。

いったい誰がこんなことしてくれるっていうんだろう?

誰もしてくれないよ。

本当に本当にありがとう。





しーちゃんは


「階段までワックスをかけたかった…」


と繰り返し言っていましたが、時間も時間なのでここまでです。


もうすぐノラ姉とマーくんも帰ってきます。




私が2階に行って連絡したので、



story285-10.jpg

挨拶に降りてきたノラ母。





そして





story285-11.jpg








story285-12.jpg



ノラ父も降りてきたので


「ローカもピカピカだよ。和室も見て見て。」





story285-13.jpg


見学会のように、1階を回りました。




ーつづくー

明日はまたまた結構ヒントになる情報ありです。(^-^)


↓押していただると元気が出ます。(^-^)↓
botton38-11.jpg  botton80-5.jpg 



いつも、みなさまからのコメントを楽しく拝見し、元気と癒しをいただいています。

最近、更新時間が遅く、更新だけで精一杯(みなさまのブログ訪問&応援もしています)
な日がつづいているので、なかなかお一人お一人へ丁寧なメッセージは書けませんが
本当に感謝しています。
また時間のあるときに、丁寧なお返事を書かせていただきますね。


botton75-7.jpg


しーちゃん、ゴメン!でもピカピカ。 

こんばんは、ノラドラです。

ただいま、ドラの友達でお掃除の達人・しーちゃんが

ノラ家に掃除をしにきてくれているシリーズです。


初めての方は、


1.お掃除の神様が言うことには。
2.しーちゃんが、ノラ家に?恥と希望の狭間で。
3.しーちゃん、ノラ家に到着。
4.しーちゃんにノラ家の恥を見せる。
5.なんでやねん…しーちゃん一人を残して。


からどうぞ。





さて、ノラ父がゴネたせいで、

ゴミ捨てのために二人で45分ほど留守をしてしまった。




そして…







story284-1.jpg

怖れていた通り、仕事が早い!



(怖れていた通り…?)



だって…





story284-2.jpg

ううう、恥ずかしい!!!


(お父さんが悪いんだ~…)






さらに






洗面所に行ってみると






story284-3.jpg



オイルヒーターの下にホコリがいっぱい
たまっていたのに…!!




恥ずかしい~!!!!



(お父さんのバカーッ!!)





さらにさらに、





story284-4.jpg

この家で一番大きなオイルヒーター(男の人でも重たい!)や
ハロゲンヒーターやカメの水槽などが
すでに物置きに片付けられていた。




つまり、一番の力仕事も、

初期の一番汚いところの掃除も

済んでいたのだ。





(お父さんのアホーッ…!!)







でも、しーちゃんは、

そんなことをおくびにも出さずに、

機嫌よく働いてくれていた。


ごめんよ、しーちゃん。



そして




story284-5.jpg


床を磨く洗剤?


あるよ、あるある。


「洗剤革命」よく落ちるよ。
( 「ひそかなトイレ掃除」で以前書いた洗剤ね。)






というわけで、



気を取り直して…




story284-6.jpg




「じゃあ、私、もうワックス、かけちゃうよ。」

と、しーちゃん。



このたびしーちゃんが勧めてくれたのはこんなワックスです。





(このあと、まるごと買い取らせていただきました。)


ホームセンターで4500円から5000円(高っ!!実際、一番高いらしい)
だけど、しーちゃんによるとこれが一番いいんだって。




学校ではワックスをかけたことはあるけれど、

家でワックスをかけたことがないドラ。












story284-7.jpg










story284-8.jpg








story284-9.jpg






べつに木目に沿ってしなくても、簡単にやってる。


(乾くとムラはほとんどわからなくなるのだ)





後ずさりしながらどんどんワックスをかけていく。






story284-10.jpg








story284-11.jpg


うわぁ~、感動!


うつくしい~!




手を止めてうっかり見とれてしまった。





story284-12.jpg


ワックスをかけるときはエアコンのドライにすれば早く乾くのね。

なるほど。





そして、玄関ローカと客間のワックスをかけ終わると




story284-13.jpg


わーい、ケーキだケーキだ!



ん?




待てよ…



(ノラ家で一番綺麗な)客間が使えないってことは…




どこで食べるの?





というわけで…









story284-14.jpg


まさに、物置き状態の和室。

もともとノラ母のアトリエ代わりにしている物だらけのところへ、

さらに1階の床に置いているものを運び込んだ和室でお茶。




本当に倉庫の中にいるみたいで

私ですら、環境が悪すぎて

(しーちゃんに悪くてドギマギして)

ほとんど味を感じなかった。。。。




しーちゃんは「おいしいね~」なんて言ってくれたけど、

「自分のいる環境は素敵な空間じゃなきゃいやなの~」って

言ってたくらいの人なんだもんね…。


しーちゃん、ごめんよ~。




さあ、次は、洗面所の床と、この和室だ!


ーつづくー

押していただけると元気がでます。(^-^)
↓                    ↓ 

botton57-4.jpg  botton80-5.jpg 


しーちゃんが好きなケーキは、1.モンブラン、2.チョコケーキ、3.チーズケーキです。見事にノラ父と好みが同じなので、ノラ父が買ったケーキは完璧でした。



後日、電話で、


ド:「しーちゃん、よくオイルヒーターを一人で運んだね。
   あれは一番大きくて重いのだったのに。」

し:「うふっ。あれは本当に重かった。オイルヒーターの一番下が
  腰の位置にくるように抱いて運んだら大丈夫だったよ。」

と言っていました。

補足をすると、裏の物置きに行くまでの通路は細く、扉などの障害物があってちょっとしたものを運ぶのでも結構大変なんですよね。

びっくりしました。


さらに、このとき2階で寝ていたノラ母はこう証言している。

「1階でなんの物音もしなかったから
モノを運んでいるなんて思いもよらなかったわ。
しーちゃんは、ずっと床を磨いているんだと思ってた。
ドアを開けて出て行った音さえしなかったのに…。」

だって。

もし私たちが家具を和室に移したら、普通ドッタンバッタン音がするけどなぁ。
やはり神がかり?




力仕事は男の仕事ですぞ!お父さん!
botton66-2.jpg



いつもありがとうございます。




なんでやねん…しーちゃんを一人残して…。 

こんばんは、ノラドラです。

いつもご訪問ありがとうございます。


また、前回の記事にたくさんのメッセージをありがとうございます。

あまりに恥ずかしい記事だったので、みなさんの優しい書き込みに、

ホッとしました(^-^)。



では、一昨日の続きから。

初めての方は、

1.お掃除の神様が言うことには。
2.しーちゃんが、ノラ家に?恥と希望の狭間で。
3.しーちゃん、ノラ家に到着。
4.しーちゃんにノラ家の恥を見せる。


からどうぞ。








さっそくゴミを捨てることになったノラ家。


ついでに、裏手の物置からも捨てられるものがないか、
どれだけのものを物置きに移せるか、見に行った。





story283-1.jpg


ぎょぎょぎょっ!


忘れてた~…


この物置き、去年の年末に掃除して以来開けたことがなかった。

(年末お掃除でものすごく勇気を振り絞って左側は全部拭き掃除をして整理したけれど、
右側が手薄だったのだ。)






しかもこのエリアに久しぶりに足を踏み入れて

改めて、見ると







story283-2.jpg



ラティスフェンスが朽ちたものとか、
マーくんの三輪車とか…
かつて牛乳を配達してもらっていたボックスとか…


恥~!!



というわけで、




story283-3.jpg

これが、結構時間がかかりました。











story283-4.jpg



ここまでは、よかったのだ、

ノラ父…。





私は、その日ゴミ処理センターにゴミを搬入できるか
電話をかけたり、ノラ母に捨ててもいいものを聞いたり、
マーくんの古い机を分解したりしている間
2階に上がっていたので、一番サボってます。









ようやく、車にいっぱい積みこんで







story283-5.jpg





私はこの時点で
すでにいやな予感が。






一応、

「お父さん、ゴミを捨てて来て。」と

伝えてみた。







story283-6.jpg


無言で止まってるんだもん…。


目で私について来いと訴えている。




このとき





2階でも





母が





story283-7.jpg

と思っていたらしい。


あまりに、ノラ父が無言で立ち止まるので

しーちゃんが気を利かせて

「あの、じゃあ、ご一緒させていただいていいでしょうか?」

と言ってくれていたけど、




結局


ノラ父の無言の訴えにより…






story283-8.jpg


大の大人が、なんで、一人で行けないのよ~~…




しーちゃん(と、寝込んでいるノラ母)を家に残して

掃除させて、二人でゴミを捨てに行くなんて絶対おかしいって。


失礼だし、


しかも、

家の恥部がそのままさらされるじゃないか~…!!


ノラ父のバカーっ…



………





………









そして帰って来てみると予想通りの展開だった。



ーつづくー


今週は無理なく行きまーす(^-^)

押してくださると、ノラドラ、元気がでます。(^-^)
↓                    ↓


botton57-4.jpg  botton97-2.jpg 




つい最近、しーちゃんとこんな会話があった。

し:「ねえねえ、お父さんって、一人でさっさとなんでもできる人?」

ド:「ううん、一人でさっさとできない人。」

し:「やっぱり~?私ね、ドラちゃんのお家でお父さんが一人でゴミを捨てに行くのを
  嫌がったとき、そう思ったのよね。」

ド:「やっぱり?あれは恥ずかしかった……。
   あ、でも、思い立ったらすぐ人の所へ会いに行ったり、
   社交性はあってフットワークが軽い時もあるよ。
   要は、嫌なことは一人でしたくないタイプ。」

し:「なるほどねー。わかりやすいね~。」


やっぱり、しーちゃん、このときビックリしたんだよ~。
恥ずかしい~(><)




botton66-2.jpg





しーちゃんに、ノラ家の恥を見せる。 

こんばんは、ノラドラです。

なんだか、新型インフルエンザで大変なことになってきましたね…

関西のみなさん、くれぐれも気をつけましょうね…




さて、続きです。


初めての方は

1.お掃除の神様が言うことには。
2.しーちゃんが、ノラ家に?恥と希望の狭間で。
3.しーちゃん、ノラ家に到着。


からどうぞ。








さて、


しーちゃんのお家は、本当にきれいです。

いつお邪魔しても、ホコリ一つありません。


家が綺麗な人の特徴は


床の上、戸棚の上、とにかく

平面という平面の上には

装飾品以外、なにもない。


ということだと思います。スキッとしています。




床の隅という隅はすっきり直角に空いています。









しかし!





ノラ家は…







story282-1.jpg


使うものが徐々に外に置きっぱなしになっていくのです。


(ああ、物理で「エントロピー(乱雑さ)は増大する」という法則、
あったなぁ…)


(もちろん、お客様が来る前は片付けます!)






そして、棚の上。



story282-2.jpg


折り畳み傘、郵便物…


カメのエサ、
カメを寝かしつけるときの黒い布。



つまり、



平面という平面に

なにかモノが乗っています。



これが、片付いていない家の特徴ね…。





(お客様が来るときは片付けるんですよねー。)



今回はまったく予想外の無防備状態。




ああ、恥ずかしい!!









しーちゃんは、床にワックスをかけるために

まずは、床のものをすべて片付けようとします。





すると、こういう会話が繰り返されたのです。



たとえば、




story282-3.jpg


水換えのためのバケツ、小さくなった水槽、
使い物にならなかったポンプ(←捨てろよ!)
ううう、恥ずかしい。


「しまう場所?」









私、言ったの。













「ない。」











さらに、


story282-4.jpg

「ない。」


しまう場所がないなんて、

どういうことやねん?!

我ながら、改めて、恥だと思いましたとも。



でも、このとき、心の中で、

問題の所在がはっきりわかったんです。







だから、意を決しました。











story282-5.jpg


「だってね…」













story282-6.jpg


ついに魔物のクローゼット開帳。

恥!!!





捨てられなくて20年くらいもっているようなものが

1階、階段の下のクローゼットには凝縮されているのだ。

(ついでに、段ボールや、布など、次の収集日に捨てようと思っている

ものも入ってるしね。)




ー第一部・完ー


くれぐれも言っておきますが、ここまでひどいのは
1階階段下のクローゼットだけですからね(><)。

2階3階のクローゼット・押し入れは掃除してすでに
魔物を追い出しました。

1階階段下は私のものは一つもないので勝手な判断では
捨てられないし、手ごわすぎてなかなか手が出せなくて
悪の枢軸となっているのだ!!!


よろしければ応援してね。(^-^)
      ↓            ↓

botton95-7.jpg   botton50-22.jpg 







ここで終わったら恥すぎて私、眠れない!




なので、続きます。



第二部。(笑)




なぜこんなことになったのか。




かつて、ノラ家は




story282-7.jpg


姉も私も独立していたのよね。


父も単身赴任が長かったし。


それぞれが、多趣味で、モノ持ちで、

世帯主くらいの荷物を持って集結したのです。





もちろん、かなり、捨てましたよ。

でも、不十分です。






みんなそれぞれに忙しかったし、



そして、




story282-8.jpg


みんなが忙しくて忙しくて
怒濤のように年月が過ぎ去りました。

(ノラ家再集結の時、家を新築したんだけどね、

小さい子がいると、妙に壁が汚れるのは早かったわぁ…

マーくんの身長のところに黒い手垢の帯ができたっけ。)








しかも、






story282-9.jpg


このときは、寝食を忘れて徹夜をしたりするくらい忙しい。


ちなみに、1F和室をアトリエ代わりにしているので、
画材や、大きい絵や、資料でいっぱい。

絵や額はどんどん増えていく。

(この和室はちょっとしーちゃんもびっくりしてた。)















story282-10.jpg


もうすでに本屋さんができるくらい、1階から3階まで
クローゼットと押入れには本で本で本で…

なおも毎月かなりのペースで本が増えていきます。

(母と私が密かに捨てたりしますが。)




つまり、


1.ノラ家は物が多すぎる。


2.物が増え続けている。


3.明らかに、収納スペースよりもモノが多い!



のです。


だから、入りきらないモノが平面の上に置きっぱなしになるのです。


(でも、1階の客間は一見、綺麗なのよ。)





どうすればいいかは、はっきりしてる。





story282-11.jpg


外の物置に入れたものは、まったく開けもしないし
使わない。だから、

・外の物置の中を処分する。

・魔物のクローゼットからも捨てつつ、使用頻度の低いものは
外の物置に移す。

・しまう場所のないものをクローゼットに整理する。



やっぱり掃除の基本は捨てることよね。



わかっているんだけど、日々忙しくて

大手術はなかなかできなかったのだ。




というわけで


しーちゃんが来たのが千載一遇のチャンスだったのだ。




story282-12.jpg

こうして、ノラ父も駆り出されたのだった…(^-^)



ーつづくー

押してくださると励みになります。(^-^)
↓                    ↓


botton34-6.jpg
しーちゃんに芸術的の意味を聞きました。

「だってー、芸術的じゃない、威厳があって、美しい~。どう見ても
芸術的だよ~。インテリアになるくらい素晴らしいペットだよー。」

だって。あ、ありがとう。


さっき押し忘れた方は(^-^)↓

botton38-11.jpg 

いつもありがとうございます。



くれぐれも言っておきますが、床に置いているものはわずかです。
足の踏み場がない家とは絶対違いますからね~。

理想はしーちゃんの家。
そこに基準があるんですよ~。(><)



しーちゃん、ノラ家に到着! 

こんばんは、ノラドラです。


ソフトの不具合(PCの不具合)で手間取ってしまいました。

さてさて、さっそく続きをどうぞ。

初めての方は

1.お掃除の神様が言うことには。
2.しーちゃんが、ノラ家に?恥と希望の狭間で。

からどうぞ。




ノラ家に向けて出発した二人。



途中でホームセンターに寄り、




story281-1.jpg





ドラ、家に連絡。







story281-2.jpg












story281-3.jpg


さすが、お父さん!
ありがとう!


(この時点ではグッジョブ!)








しーちゃんが、「一番いいワックス」を
買ってきてくれて、出発。








やがて


ノラ家に到着。










ちょうど、ノラ父も別のお土産を買って帰ってきたところで
出会い







story281-4.jpg

二人は結構仲良しなのだ。

(ノラ父はかつて、しーちゃんとしーちゃんの叔父さんにお世話になっています)










さて、








いよいよしーちゃん、初めてノラ家へ。


ううう、完璧にお掃除した状態のところへ来てほしかった。。。



でも、仕方がない、



「どうぞ、お入りください。」



「お邪魔しまーす。」














story281-5.jpg

カメたちは、


「みんなが『かわいいなぁ』と思って見ることができる
一番いい場所に置くといいよ」
という、しーちゃんの
アドバイスで、玄関を入って、すぐの窓の前に置いている。


褒めてもらってうれしいけど…

「芸術的」ってなに?

え…、ど、どこが?



不思議な反応に混乱するドラ。



このとき、








story281-6.jpg


上で母も「え、どこが?」と思ったらしい。




しーちゃんがカメ好きなのは知ってるけど

芸術的とはいったいどういう意味だったんだい…?


まさか、ディスプレーが芸術的なはずがないし
(環境はカメ飼いさんの中では悪い方)

ミドリガメの喉あたりのストライプかい?
アカミミ部分かい?


(しーちゃん、やっぱり変わってるなぁ…)











それはさておき、



いよいよ、お掃除に入らねば。











story281-7.jpg


ーつづくー

ゴメンナサイ、今日はここまで。
切るならここしかないのです。
ゆっくりつきあってね。
次回をお楽しみに!(^-^)



押してくださると励みになります。(^-^)
↓                    ↓

botton38-11.jpg   botton50-22.jpg 




botton34-6.jpg


いつもありがとうございます。




しーちゃんがノラ家に?恥と希望の狭間で… 

こんにちは、ノラドラです。

昨日のうちにつくったので予約投稿です。(^-^)



さっそく、昨日の続きをどうぞ!






さて、


ドラを家まで送っていくついでに、ノラ家を掃除しよう!

という、しーちゃんの、ありがたいひらめき。




びっくりして、ドラは止めました。






story280-1.jpg



しーちゃんちは、すみからすみまで、床にワックスがかけられていて、

とてもピカピカで、手入れのいきとどいた温かい輝きがあるのです。

私も、「いいなあ、ワックスかけたいなあ」と以前言っていたのです。




でも、本当に今回は、しーちゃんがよもや来るなんて

まったく想像もしていなかったから、無防備な家は

あちこち「問題アリ」。






みなさんなら、どうします?







ドラの気分はこんな感じ。






story280-2.jpg


前日、山の掃除でしーちゃんの偉大さを改めて知ったドラ。
しーちゃんが来てくれたら、なにか変るかも。


でも、いくらなんでも、あんまりに恥だ!
呆れられちゃう…







とりあえず、家に電話しました。







すると







story280-3.jpg

なんと、ノラ母がダウンして寝込んでいるとな!


お母さんまで風邪ひいたんだ。



マーくんの野球部の朝練、そして、土日の試合のためのバタバタで
(マーくん家を6時にでていく)、疲れがたまっていたみたい。




そうか、それは無理よねえ…。








すると








story280-4.jpg



しーちゃんが、いろいろなことを好意で言ってくれるので





ふたたび家に電話。






story280-5.jpg




やっぱり今日は無理だなぁ。






………









でも、普通なら絶対にあきらめるはずなんだけど


なぜか、しーちゃんと会話するたびに


「こんな機会は今しかない!」と心が動いて


私、このとき家に、なんと



4回電話したんですよ。(しつこい!)






そして最後に



「お母さんに代わって。」






すると母は








story280-6.jpg





承知してくれました。


さすが、ノラ母、思い切りがいいなあ。






















story280-7.jpg




ーつづくー


私も最後まで葛藤がありました。
さあ、次からノラ家にて。

いつも応援ありがとうございます。(^-^)
↓                    ↓

botton57-4.jpg   botton50-20.jpg 



さすがみなさま、「しーちゃんが来てくれたことが御加護」。
きっとそれも御加護だと思います。(^-^)


しーちゃんちで出発前に食べた朝ごはん


bf-2.jpg


botton75-7.jpg



お掃除の神様(しーちゃん)が言うことには… 

こんばんは、ノラドラです。なにやら涼しくなりましたね~。

こういうときは、体調管理に気をつけましょうね。

(もう、風邪ひきたくない!)





さてさて、今日の記事は、


例の大反響の 「しーちゃんのお掃除シリーズ」

続き、というか、次の日のお話なのです。

あのシリーズは感動的なお話でしたが

今回のお話は、しーちゃんが登場する「日常」っぽい

お話です。しかし、ある意味非日常!


初めての方は、こちら(「師匠・しーちゃんについて行きます!」)へどうぞ。




さて、しーちゃんちでの夜。

感動的なお掃除のお話の後、なぜそういう話になったのか

覚えていませんが、しーちゃんがこんな話を始めたんです。




「私ね、中学のとき、

おばあちゃんちで…夜中に…」









story279-1.jpg


「おばあちゃんちは、全然怖い場所じゃないし、

あの腕は、いったいどういう意味があるんだろうと思って。」



ギャー、やめて~!




みなさん、ご存知のように、わたくし、ドラは怖がりです。

以前、しーちゃんのおうちに泊まりに来たときの

エピソードは常連さんならご存知ですね?


(初めての方は「妖怪が出た?!」へどうぞ。))





というわけで、







story279-2.jpg

しーちゃんは3階からお布団をおろしてくれて、

1階の和室に一緒に寝てくれました。






お掃除のご褒美に、質の良い眠りが得られるかなぁ…


世界旅行に行けるかなぁ…?



(「しーちゃんのメッセージその2」をご参照くださいね)












story279-3.jpg



でも…



ズズッピー…



鼻水が…







しーちゃんを起こしてしまわないかと


ハナをかむのも、そっと…。









そして















story279-4.jpg








一方…








story279-5.jpg


風邪をひいてしまいました。


(このときの風邪を最近まで引きずっていたわけです。

長かった。今は、もう治りました。)





御加護なし?








story279-6.jpg

えーん…

せっかく来たのに、今日はお掃除できないなんて…。


情けない~…






と思っていると、






しーちゃんがすごいことを言いました。







story279-7.jpg







story279-8.jpg


ちなみにそれまでに、しーちゃんは、ノラ家に来たことはありません。



ーつづくー


さあ、どうなるでしょう。



いつも応援ありがとうございます。(^-^)
↓                    ↓

botton57-4.jpg   botton50-20.jpg 



あ、そうそう、「御加護なし?」って書きましたが、
あのしーちゃんのお掃除シリーズの大反響、そして
みなさんの温かいメッセージや応援が御加護&ご褒美だと
思っています。(^-^)


botton75-7.jpg



誤解されるカメ! 

こんばんは、ノラドラです。

いつもご訪問と応援をいただきまして、ありがとうございます。


やっと昨日、まともな時間に就寝できました。

気になっていることもいろいろできたし、

生活を立て直し英気を養うためには「日常」記事は必要なのです。

だから日常もよろしくね。(^-^)












さて、





今日はノラ姉の体験。






story278-1.jpg






この日、予約外来で訪れた、この患者さんと
付き添いの娘さんと談笑。




で、




こんなことを聞かれた。







story278-2.jpg







そこで、姉は…








story278-3.jpg






すると








story278-4.jpg


奇異なものを見るようなまなざしを向けられ…












story278-5.jpg



カメ、さんざんな言われようだったそうな。



(失礼な…)







うーむ…




ここのブログを通して、あまりにもカメラブな方々と

交流させていただいていると

ろーたすさん を筆頭に、けろっぴさん、カメジェンヌさん
doshiさんぽちこさん、ままばるさん…etc.)

世の中、カメ好きさんであふれていると錯覚してしまいますが…



どうやら、世の中ではまだカメはペットとして

あまり市民権を得ていないらしい………。














でも、わたくし、時々、しみじみ思うのですよ…。













story278-6.jpg
















もちろん、この人たちは…



story278-7.jpg

カメラブですけどね。(^-^)






ー完ー


スーパーの袋をもちあるき、ゴミ拾いをするのはつづけていますよー。(^-^)



いつも応援ありがとうございます。(^-^)
↓                    ↓



botton34-5.jpg   botton25-7.jpg 



明日か明後日には、しーちゃん登場。
この前の山のお掃除の次の日のお話があるのです。

botton75-7.jpg





[ 2009/05/13 19:42 ] カメのお話 | TB(0) | CM(19)

たま駅長の駅長室。 

こんばんは、ノラドラです。

いつもご訪問ありがとうございます。

本日は、久しぶりに更新のお休みをいただこうと思っていました。

最近、ちょっとバタバタで、ゆっくりコメントのお返事を書いたり、

ここを、訪れてくれた方のブログにメッセージを残したりすることが、

減っているので、少し、お時間をいただきたいからです。



ところがですね…そうはいかなくなりました。


えへ…


昨日の記事で、わたくし、ポカをやっちゃいました。


ごめんなさい~。




それはたま駅長のおられる駅長室です。


私が去年行った時は駅長は裏手の「檻」のようなところにおられました。

もしくは、改札のところにおられました。

(だから、改札のところにいたのかなーと思ってしまいました。)



でも、今は、りっぱなガラス張りの駅長室におられます。

姉がガラスケースと言っていたのは駅長室のことだったそうです。



はい、これが正解↓




story277-1.jpg

助役のミーコ(たま駅長のお母さん)とチビと一緒にいます。

上の方にもいくつか棚?があって、

「優雅なものよ~」とノラ母が言っておりました。





お詫びして訂正いたします。

ごめんなさい~(><)



というわけで、私が昨日、ガラスケースと書いて、

イメージで適当にガラスケースを描いたために、

昨日の記事をご覧になった皆様は、たま駅長は狭い所に

いるんだなーって誤解してしまわれたみたいで。


これは大変申し訳ない、と。


そろそろこのブログも訪問して下さる方も増えて、

影響力を考えると、たま駅長だけでなく、

和歌山電鉄の方に申し訳ないですもの。

だめですね、更新を急いでは。

昨日もちゃんと調べてから、更新しようかな、もう明日にしようかな~と

思ったのですがついつい急いでアップしてしまいました。



以後、こういうレポート形式のときは気をつけます。



というわけで、昨日の記事をご覧になった方は

訂正しましたので、もう一度、ご覧になってくださいますと

嬉しいです(^-^)。



おわびに、いただいたたま駅長の写真をもう一枚。

冬バージョンだそうです。


tama1.jpg




それでは、また明日。





訂正記事で申し訳ありませんが…
よろしければ(^-^)
botton21-4.jpg 

失礼なおばちゃんは、私でした。
たま駅長、ごめんなさい。


[ 2009/05/12 19:39 ] ただの日常 | TB(0) | CM(10)

「たま駅長」に会いました。 

こんばんは、ノラドラです。

暑くなってきましたね。

いつもご訪問と応援をありがとうございます。(^-^)




えー、コホン!

本日の記事は、初めての方、もしくは当ブログを訪れて間もない方には
大変混乱を招く記事です。

登場人物がすべてネコですが、、動物のネコとしっかりと切り離して
お読みください。(^-^)











story276-1.jpg












story276-2.jpg












story276-3.jpg

ご存知?



くわしくは


「たま(猫の駅長)」

「市民列車で行こう!貴志川線応援ブログ:ネコの駅長日記」




GW最後の日とはいえ、「たま電車」に乗って終点の貴志駅につくと、




story276b-4.jpg


さすが人気者の駅長です。
携帯でパチパチ撮影する人だらけだったそうで、
近づけそうもなかったので、まずは、駅から出ることに。






story276-5.jpg



ところが!


なんと、レンゲ祭りは前日の5月5日までで、
その日の夜に、全部レンゲを抜いてしまったそうなのだ。


がーん。


仕方がないので、貴志駅の向かいの自然食品のお店で

手作りマヨネーズや、国産のソースや、
ジャムなどいろいろ買ったそうな。


レンゲ祭りの情報を聞いたのも、このお店だったので、
せっかくレンゲを楽しみにしていたのに、気の毒に思ってくれたのか、
それとも、たくさん自然食品を買ったからなのか、
お店の人が、たま駅長の写真を2枚くれたんだって!

すごいすごい。


そのうちの1枚がこちら。



tama2.jpg








さて、





story276b-6.jpg


3人は、すでに写真をプレゼントされている余裕から、
写真をとることもなく、
おとなしくたま駅長を見ていたのだった。





そこへ






story276b-7.jpg

もしかすると、写真も撮らずに
おとなしく見ているだけだったから、
今なら大丈夫、と駅員さんが思ってくれたのかもしれない。














story276-8.jpg


目を覚まし







ガラスケース(駅長室)から…





story276-9.jpg




ノラ母:「さわってもいいですか?」

駅員さん:「どうぞ。」













すると!







story276-10.jpg

ほっぺから、首の下まで激しくわしゃわしゃしたそうな。

その触り方に、駅員さんも、姉たちもびっくり。







story276-11.jpg



そうこうしているうちに、





うしろから…







story276-12.jpg


おじさんが手を伸ばしてきた。









気がつけば





story276b-13.jpg


その輪から抜け出るのも大変だったとか。




こうして、帰って来た姉から
「お母さん、ラッキーだったんだよー」と話を聞いたドラ。



ふつう、駅長は触れないのに、よかったねえ。




でも、




一応、注意しておきました。





story276-14.jpg


ー完ー


いつも応援ありがとうございます。(^-^)
↓                    ↓


何をされても動じない、かなりおっとりした性格の駅長だそうです。
botton21-4.jpg   botton21-3.jpg 



いいなー、私も行きたかったな~。
でも、私は去年たま駅長を見にはいっているのでした。
全然触れなかったけど。

botton75-7.jpg








[ 2009/05/11 23:15 ] ただの日常 | TB(0) | CM(16)

母の日のノラ家 

こんばんは、ノラドラです。

ご訪問ありがとうございます。

今日は母の日。

先ほどまで労働をしておりました。(^-^)




本日をダイジェストで。





story275-1.jpg









story275-2.jpg









story275-3.jpg









story275-4.jpg


お母さん(ノラ姉)が帰ってくるまでに、急げや急げ!

(ノラ姉は休日でも病院に呼ばれてお仕事でした)








というわけで…




story275-5.jpg

ただいま、ピンク系のバラの絵を描いているノラ母。

(「絵のモデルですから」と言って1本1本、

花屋さんに嫌がられながら選んだのであった。。)








そして







story275-6.jpg


マーくんのお小遣いから、プレゼント。

疲れて帰って来た姉も、喜んでいました。

男の子が照れながらお花を持っていく姿って
すごく微笑ましい光景で、思わず母と拍手してしまいました。






story275-7.jpg



すみません、ずっと、家事をしていたので、
大急ぎで絵と記事を作りました。


みなさまの母の日はいかがでしたか?(^-^)








では、また明日~。



ー完ー

いつも応援ありがとうございます。(^-^)
↓                    ↓


マーくんはただいま野球三昧。日曜日以外毎日です。
botton25-4.jpg   botton17-2.jpg 



botton75-7.jpg




[ 2009/05/10 22:48 ] ただの日常 | TB(0) | CM(13)

お掃除シリーズを終えて。ひとりごと 

こんばんは、ノラドラです。

いつもご訪問ありがとうございます。

しーちゃんのお掃除シリーズを終えて、ちょっと一息です。


初めての方は

1.「ドラ、しーちゃんに弟子入りする」シリーズ開始!

2. 「いよいよ、しーちゃんに弟子入り、その前に。」

3. 「あれ?しーちゃんと一緒じゃないの?」

4. 「独りの苦悩。そして、ついに師匠・しーちゃんのもとへ」

5. 「しーちゃんは5倍速!」

6. 「今更ながら、しーちゃん、おそるべし!」

7. 「掃除を終えて、しーちゃんと…」

8. 「しーちゃんは怪力?コツ?それとも…」


9. 「しーちゃんがお掃除をやめようとすると…」


10. 「しーちゃんのお母さんも…」


11. 「師匠・しーちゃんについて行きます!」

からどうぞ。(^-^)



このシリーズで、常連の皆様から、
そしてこれまでは、ひっそりと見ていて下さった
初めての方からも、たくさんの応援メッセージを
いただきまして、本当に感激しています。

また、このシリーズをきっかけに、ゴミ拾いを始めたよと
おっしゃってくださる方も大勢おられて、
本当に描いてよかったなぁと喜んでいますし、
みなさまからたくさんの元気をいただいています。

みなさん、温かい気持ちをどうもありがとうございます。(^-^)

いつか、お掃除会をやりたいですね。
そうそう、お掃除をする場所は中国地方ではなくて関西ですよ。

やるとしたら、秋以降でしょうね。それまでは、お互いにお家の掃除や、街のゴミ拾いを
しておきましょうか。(^-^)







さてさて、今日はちょっと疲れモードなので、ただの独り言です。



story274-1.jpg
(今回はしーちゃんが長靴を忘れたので,
二人ともスニーカーでしたが、
山の掃除は長靴がよさそう…)

山は身体を保護しないといけないので、やはりこういう
姿か、上下のつなぎなどがベストなんでしょうね。


確かに、おしゃれなあなたには、ちょっと抵抗あり?


街の掃除はふつうの服装でも大丈夫なんだけどね。



本当は私も



story274-2.jpg
(セレブなお掃除。↑冗談です。)







story274-3.jpg

下を向くから、帽子も首に巻くものも邪魔なんですよね。






そもそも





story274-4.jpg










story274-5.jpg

帽子がニガテ!(私だけ?)









その点!












story274-6.jpg

確かに、すごくかぶり心地がよかったのです。

しーちゃんも、言ってたっけ。

「ごめんね、趣味じゃないと思うけど、

すっごくかぶり心地のいい帽子をみつけたの。」

って。


お掃除中、かぶっていることをほとんど気にしなかったから、

(首も守れるし)実はすぐれた帽子だったみたい。

要は、作業性を優先すれば、あのスタイルになるのよね。


さすが、しーちゃんです。

でも、見た目をとるか、作業性をとるか、それが問題だ…。

私も自分の街なら、あの格好はちょっとできない…。







さて、この帽子を見せると、




story274-7.jpg

家族に見せると、興味を示す二人。

姉はブログを見ているから、興味津々。









さっそく







story274-8.jpg

案外、「ゆきんこ」みたいで見方によってはかわいいのだ。








story274-9.jpg


ひとしきり、ワイワイと騒いだ後は












story274-10.jpg





かぶせてみました。








story274-11.jpg



明日は母の日、しっかり働かなきゃね。





今日はただの独り言でした。

コメント返しはゆっくりとさせていただきますので、お待ちくださいね。




                                  



● 「スーとマルのいえ」のスーさんが、「いいことしてみた」という記事で、お掃除のこととしーちゃんシリーズのことを書いてくださいました。ありがとう。(^-^)



●ろーたすさんの「ミドリガメの雪国日記」で、わたくし、皇帝ヒョードルの下僕長として、僭越ながら皇帝のバナーを何種類か作らせていただきました。トップ以外にも、各記事に違うバナーがあります。よろしければご覧になってくださいませ。(きゃっ、はずかし~)



いつも応援ありがとうございます。(^-^)
↓                    ↓

botton38-8.jpg   botton50-8.jpg 



botton75-7.jpg


師匠・しーちゃんについて行きます! 

こんばんは、ノラドラです。


いつもご訪問ありがとうございます。


しーちゃんのお掃除シリーズ、まずはいったんまとめです。(^-^)

(実は次の日の話もあったりするんだけど、また今度。。。)




初めての方は

1.「ドラ、しーちゃんに弟子入りする」シリーズ開始!

2. 「いよいよ、しーちゃんに弟子入り、その前に。」

3. 「あれ?しーちゃんと一緒じゃないの?」

4. 「独りの苦悩。そして、ついに師匠・しーちゃんのもとへ」

5. 「しーちゃんは5倍速!」

6. 「今更ながら、しーちゃん、おそるべし!」

7. 「掃除を終えて、しーちゃんと…」

8. 「しーちゃんは怪力?コツ?それとも…」


9. 「しーちゃんがお掃除をやめようとすると…」


10. 「しーちゃんのお母さんも…」

からどうぞ。(^-^)







しーちゃんとお母さんの頑張りに感動したドラ。

目覚めた人って素晴らしいなぁ。







そういえば、お掃除を終えた後にレストランへ行ったとき…



しーちゃんはこう言っていました。







story273-1.jpg

「次は11月だなあ…」

って。








でも、私にとって今回のしーちゃんとの山の掃除では




story273-2.jpg








story273-3.jpg


目覚め、そして護られている一人の人間の力が
これほどまでに、大きいということも知った。







全てが凄まじく


全てが衝撃で…






もう、なんというか




story273-4.jpg










story273-5.jpg

お掃除ギライで、だらしなくて、怠け者の私だけど、


魂の奥の奥に眠っていたものが


呼びさまされるくらい


ものすごい衝撃でした。







この、たった一日のお掃除でも


私は思ったんです。





story273-6.jpg


絶対に変われる!って。



今でも、道のゴミなら素手でも平気だし、

ウンPだって手袋があれば、むんずとつかめるようにも

なった。(山のゴミがそれくらい強烈だったもん)






それに





こんなにゴミがたくさん捨てられている場所が

あることを見て、知ってしまったら、

放っておけない気分になったんです。













だから








ドラは言いました。





「あのね…、しーちゃん…」







story273-7.jpg









story273-8.jpg

「せっかく、しーちゃんと私の組み合わせで会うんなら

山じゃなくても道でもどこでもいいから、

これからもお掃除しようよ。」




と言うと、




しーちゃんは





story273-9.jpg

すごく喜んでくれました。













story273-10.jpg











story273-11.jpg



やっぱりドラはドラでした。。。。



というわけで、今月もしーちゃんと道路のお掃除をします。



ーいったん、完ー





いつも応援ありがとうございます。(^-^)
↓                    ↓

botton38-8.jpg   
私たちが躊躇するのは当たり前!(^-^)



botton50-8.jpg 



<しーちゃんへの質問コーナー>


先日うるまさんがこのような質問をしてくださいました。

「(前略)…ノラドラさんやしーちゃんが、もし目の前でゴミを捨ている人を見かけたらどうしますか?
声かけますか?(>_<)

私この間、買い物の帰りに歩いていたら、50歳くらいのお父さんらしき人と10歳くらいの娘さんが、2人で小さいドーナツを食べながら1つずつ包まれている袋をどんどん捨てていってるのを見かけてしまったのです…親が一緒になってポイ捨てするなんて、ちょっと衝撃でした。
私が家に着くまでは後ろから袋を拾っていったのですが、恐くて声はかけられませんでした(´~`)
あと、隣の家の人は、犬のフンを直接、排水溝(下水道?)に捨てているのを見ました。
あれっていいのでしょうか?」



うるまさん、ありがとうございます。


さて、私、ドラは、声をかけられないのではないかと思います。
きっと、だまって、ゴミを拾うと思います。


しーちゃん自身は、残念ながらゴミを捨てる人を直接見たことがないのだそうです。
でも、見たら、

「絶対に声をかけるよ。」だそうです。

笑顔で「こんにちは。」「ゴミを捨てないでくださいね。」って言うそうです。
しーちゃんは何がすごいって、本当に笑顔で言えるんですよ。
また、そこに批判やイヤミな雰囲気がないんですよ。

私なら絶対に、言葉に批判とイヤミの風味が入ります。
だから、言えないんですよね。


そのあと、捕捉でしーちゃんからこんなメールが来ていました。


「そういえば、捨てる瞬間は見ていないけど、
絶対捨てている人とはよく会います。
なんともいえないどんよりした感じや、ばつの悪い感じ、
時にはすごく邪悪な感じが漂っているからすぐわかります。
そういう人には笑顔で挨拶してるけど
相手の反応はいろいろで、いいときもあるけど、
挨拶のあとは、すぐまた負の世界につながって
いる感じで、たぶん、こんなタイプの人は、どんなに禁止しても別の
ところで噴出するだけのような気がします。
どうしようもないんだよね。

ただ、いろんなゴミを拾っていると、ときどき
そのゴミを捨てた人の、何の希望も無い気持ちや
イライラした気持ち、寂しさや幼稚さなどが
わかることがあって、自分の弱い心を見せられた
ような切ない気持ちになって、凄く気の毒に
なったりすることもあります。
質問をくださった方に
いい答えはまだないのですが…。」


とのこと。

やっぱりしーちゃんは怒りや批判を超えて
受容と慈愛を感じますね。

すごいなあと思いました。








ここに来て下さる方からどんどんゴミ拾いを始めたよ、もしくは始めるよ、というご報告をいただいて、

しーちゃんとともに喜んでいます。


しーちゃんの活動は、今、また新たにプロジェクトが動き出しています。

閉塞した行政の対応に風穴が開けられるかな?

またご報告させていただきますのでお楽しみに(^-^)。



botton75-7.jpg



あのう、仮の話ですけど…しーちゃんとお掃除したい方ってどのくらいおられます?

しーちゃんのお母さんも… 

こんばんは、ノラドラです。

いつもご訪問ありがとうございます。




さてさて、ただいま、しーちゃんのお掃除シリーズ第10話です。

(中身が濃かったので、長くなってしまったなぁ…)

初めての方は

1.「ドラ、しーちゃんに弟子入りする」シリーズ開始!

2. 「いよいよ、しーちゃんに弟子入り、その前に。」

3. 「あれ?しーちゃんと一緒じゃないの?」

4. 「独りの苦悩。そして、ついに師匠・しーちゃんのもとへ」

5. 「しーちゃんは5倍速!」

6. 「今更ながら、しーちゃん、おそるべし!」

7. 「掃除を終えて、しーちゃんと…」

8. 「しーちゃんは怪力?コツ?それとも…」


9. 「しーちゃんがお掃除をやめようとすると…」

からどうぞ。









さてさて、しーちゃんは続けます。





「それからね、


私と同じようにお母さんもお掃除を始めたんだけど

やっぱり同じように悩んでいて…」






story272-1.jpg













story272-2.jpg

 「お母さんもゴミの中から

一万円札を拾ったのよ。」
















story272-3.jpg



と思って…。



お掃除をやめようと思ったら

二人ともお金を拾うのよね。



ええ~…





さらに、しーちゃんは続ける。






「その次に、お母さんが掃除をやめようと


思ったときは、







今度はね!」







うん、うん、今度は?


と思って話を聞いていると…








しーちゃんは…















story272-4.jpg










story272-5.jpg


(え、あの…???  ドキドキ…)








story272-6.jpg





しーちゃんの実演だった。







つまり、しーちゃんのお母さんが


2回目に掃除をやめようとしていたとき、


掃除中に…







国交省の人に見つけられ…





story272-7.jpg










story272-8.jpg











story272-9.jpg



こうして、国交省の人がしーちゃんの

家に挨拶に来て、とても感謝され、

今では特別な信頼関係を構築するに


いたったというわけ。











story272-10.jpg




こうして、今では、お掃除のプロになり、


しかも、お掃除ををすると

絶対に「おかげ」があるというこ

確信がもてるようになり、

お掃除道を邁進しているというわけなのね。。。


すごいね。











そしてしーちゃんは、こんなことも言っていた。




山って…







story272-11.jpg


でも、掃除しにいくと、なぜか、全然かぶれないのよね。



あ、ほんとだ、今日は全然かぶれなかったね。




しーちゃんは、さらにおでこを指さして、




私、今日はカンを拾うとき、
おでこに枝が当たって、この痛さからいうと血が出たなと
思ったけど、全然怪我してなかったの。。





と言うので、私も思い出して言ったのだ。





あ、私も私も、今日は割烹着と手袋の間の

素肌が何回も枝にこすれて痛くて、絶対に傷だらけだ

と思いながら掃除していたら、見ると

一か所小さな傷になっただけだったよ。





さらに、しーちゃんは言うのだ。







それにね、山で掃除していたら







story272-12.jpg


へえー。




あとね、



story272-13.jpg
(↑私と掃除をした前日のこと)




へええ。








私は、虫が出る季節はもうあまり外の掃除を

しないんだけど、お母さんは、やっぱり


「おかげ」があるからって、8月でも外の


掃除に行くのよね。でも、






story272-14.jpg


ほぉぉ~…






story272-15.jpg

しーちゃんは、ものすごく護られているのを感じるそうです。


達人になると、


自然の方も「きれいにしてくれる人だ」ってわかって

協力してくれるのかもしれませんね。(^-^)



ーつづくー

でも、よい子は真似しないでね。夏の山は虫もマムシも危険です。

いつも応援ありがとうございます。(^-^)
↓                    ↓

botton38-10.jpg   botton50-8.jpg 


明日はこのシリーズのまとめと、しーちゃんからのメッセージ。(^-^)


botton75-7.jpg




しーちゃんが掃除をやめようとすると… 

こんばんは、ノラドラです。

結局GWは休まず更新できちゃった。(^-^)

今日はみんなでお出かけする予定だったのですが、

なんと!ノラ父が具合が悪く、

母と姉とマーくんの3人でお出かけして、

お世話係に私、ドラが残りました。

具合の悪いノラ父を置いて行くのは可哀そうだし、

もし置いてみんなで出かけたら

「みんながワシをないがしろにしている」

と思いそうだし…可哀想ですものね。

それにしても…

「重症思いこみ症候群」だから、世話がかかりました。ふー。

弱々しいノラ父なんて、似合わないです。

早く元気になってもらわないと…。









さてさて、ただいま、しーちゃんのお掃除シリーズ第9話です。

初めての方は

1.「ドラ、しーちゃんに弟子入りする」シリーズ開始!

2. 「いよいよ、しーちゃんに弟子入り、その前に。」

3. 「あれ?しーちゃんと一緒じゃないの?」

4. 「独りの苦悩。そして、ついに師匠・しーちゃんのもとへ」

5. 「しーちゃんは5倍速!」

6. 「今更ながら、しーちゃん、おそるべし!」

7. 「掃除を終えて、しーちゃんと…」

8. 「しーちゃんは怪力?コツ?それとも…」

からどうぞ(^-^)。






さ、続き続き。(^-^)




しーちゃんの部屋での会話は続きます。




しーちゃんは、思いがけず、掃除をし始めた頃の話を

してくれました。


















story271-1.jpg


(なんと、私のあげた本が最初のきっかけだったそうです…)












story271-2.jpg


(そんなそんな…)
















story271-3.jpg


なんていうのか、そんなに「高い」行為に

思えなくて、自分がこんなことしなくても

いいんじゃないかと思ったりするのね。







story271-4.jpg


しーちゃんでも、最初はそうだったんだね…。



(そうだね、私たちはしーちゃんから教えてもらって


こんなにお掃除が素晴らしいって知ったんだもんね。


そんなふうに、迷いながらお掃除をしていた時期があったんだ…)














story271-5.jpg



今日でお掃除は最後だと思ってお掃除してたの…


そうしたら…















story271-6.jpg


汚れてぐしゃぐしゃになった千円札だったんだけど。


へええ、その千円札、どうしたの?



うん、ちゃんと綺麗に洗って、乾かして…

















story271-7.jpg



(おそうじのご褒美だと思って着服してもいいくらいなのに

偉いなぁ。)





でも、


そんなことがあっても、

やっぱりまた、しばらく

お掃除をしているうちに、

もうやめようかな~って

思ったりするのよね。






そして、また…










story271-8.jpg



へええ~…


(また洗って、神社に奉納したそうです)









だからね、








story271-9.jpg

なるほどーーーー。。。


(その考え方が偉いなぁ。)







ああ、そうそう

他にも「掃除を今日でやめよう」と思って

掃除に行ったとき、


同級生に会って、すごく感動されて

手伝ってもらったのよ。




(このときの話は去年の記事「しーちゃんの善意は伝染する」に書いています)




だから、本当に、




story271-10.jpg



なるほどー。



それからね…。



しーちゃんはさらに語るのだ。



ーつづくー


続けてアップしたい内容なんだけど、長すぎるのでいったん切りまーす。
ゆっくり聞いて下さい。(^-^)

いつも応援ありがとうございます。(^-^)
↓                    ↓

botton38-8.jpg   botton50-21.jpg 


しーちゃんも普通の人のときがあったというんだから、
ちょっと安心。

botton38-9.jpg












しーちゃんと私が影響を受けた本はこれ↓
こっそり書いておきます。
シルバーバーチの霊訓〈12〉―煌く名言を集めて 総集編


しーちゃんは怪力?コツ?それとも…。 

こんばんは、ノラドラです。

子どもの日でしたね。ノラ家では毎年子どもの日は、
ノラ父が、柏餅とちまきをいっぱい買ってきます。
美味しかった(^-^)。


さてさて、ただいま、しーちゃんのお掃除シリーズです。
本日は第8話です。

初めての方は

1.「ドラ、しーちゃんに弟子入りする」シリーズ開始!

2. 「いよいよ、しーちゃんに弟子入り、その前に。」

3. 「あれ?しーちゃんと一緒じゃないの?」

4. 「独りの苦悩。そして、ついに師匠・しーちゃんのもとへ」

5. 「しーちゃんは5倍速!」

6. 「今更ながら、しーちゃん、おそるべし!」

7. 「掃除を終えて、しーちゃんと…」

からどうぞ。





さあ、続き続き。



どうして、あんな重たいものを引き上げられるのか、
もう人間業じゃない、って
私が言うと、






story269-11.jpg


と、しーちゃん。



「実はね、家(中国地方の家)のほうでも、

お母さんとお掃除して…」




story270-1.jpg


県の人がびっくりして…









story270-2.jpg

男の人は男の人は?って探すのね。
で、「私たち2人です」っていうと…











story270-3.jpg





ははは…。そりゃあそうだろうね。







でね、








story270-4.jpg

ゴミを引き取りに来てくれたとき












story270-5.jpg

って聞くから、



「あ、それは、私たちです」


って答えたら…








story270-6.jpg













story270-7.jpg


と、しーちゃんはニコニコして言っていた。




そのとき







story270-8.jpg




そのとき、素直に浮かんだことを言ってみた。








story270-9.jpg











story270-10.jpg


と。



だって、私はコツとか慣れ以上のものを
しーちゃんには感じるから。





きっと御加護だ…と。






すると…









story270-11.jpg






そして、このあと、しーちゃんは、

掃除をはじめたきっかけと、

初心者の頃の話をしてくれたのだ。

それもまた、不思議な話だった。



ーつづくー



お待たせしました。次回はしーちゃんが今のようになる前のお話。
今日のドラの感想の裏付けともなるお話だよ。



いつも応援ありがとうございます。(^-^)
↓                    ↓

botton38-8.jpg   botton50-21.jpg 


しーちゃんも普通の人のときがあったというんだから、
ちょっと安心。

botton38-9.jpg







掃除を終えて、しーちゃんと… 

こんばんは、ノラドラです。

みなさん、よいGWをお過ごしですか?

私はもしお出かけするとしたら明日か明後日なので、

できるうちは更新しますよ~。(^-^)



しーちゃんシリーズ続き(第7話)です。


初めての方は

1.「ドラ、しーちゃんに弟子入りする」シリーズ開始!

2. 「いよいよ、しーちゃんに弟子入り、その前に。」

3. 「あれ?しーちゃんと一緒じゃないの?」

4. 「独りの苦悩。そして、ついに師匠・しーちゃんのもとへ」

5. 「しーちゃんは5倍速!」

6. 「今更ながら、しーちゃん、おそるべし!」


からどうぞ。




では、続き続き。





お掃除を終えて、しーちゃんの家に戻り、

一応、その日はしーちゃんちにお泊まりなので

家(ノラ家)に電話するとノラ父が出た。



「すごかったよ~。」


「どうせ、足手まといになったんだろう」

と、ノラ父の憎まれ口。


そこで、例の件を言ったところ



story269-1.jpg

「うわぁっ!」




顔をしかめている顔がはっきり見えるような

叫び声を上げていました。







さて、その日は疲れたので、着替えた後は、

夜はレストランに行きましたが…






story269-2.jpg



………。






story269-3.jpg



………。





story269-4.jpg

こんなことばっかり言ってました。





さすがに私は疲れはてて

すぐ一点を見つめて、無言になってしまうのだ。





それは私だけではなくてしーちゃんもそうだったらしくて、
二人ともショック状態で

本当はしゃべりたくないくらいなんだけど、

頑張ってしゃべってみても、

なにやら「会話がふわふわしていた」

と、しーちゃんが、あとから言っていました。




さて、しーちゃんの家に帰ってからいろいろお話をしたのですが


これからの会話がなかなかに面白かったのです。





しーちゃんは



story269-5.jpg

と、褒めてくれました。(ほめ上手、しーちゃん!)



しーちゃんが前の日に一人でした掃除は、

かなり過酷だったそうなので

私と一緒だったこの日はそれに比べれば

レクリエーションみたいなものよ~

と言っていましたが、

山では前の日に切った指がジンジン痛かったそうだし、

なかなかこの日の掃除も全体的に充実していたとか。




でも、私は、本当に初心者で、

しーちゃんに比べると、まるでダメだし

働きが悪くて、自分で情けなかった、と言うと




しーちゃんは





「私も、ドラちゃんの掃除しているのを

ちらっと見たけど…」









story269-6.jpg

と言うのです。




ええ、しーちゃんが掃除を始めたころと同じことを?


それは、なになに?


初心者の特徴ってなに?






「うん、初心者はね…」





story269-7.jpg


たしかに~…


ナメクジの溺死体でも、おぞましいゴミでも、

細かいところをじっと見ていたなぁ…。


初心者は視野が狭くて、汚さに囚われているのかな。




「私も最初、そうだったよ。」


「そうなの?ほんとに?今は?」



「今は…」






story269-8.jpg


凄い……。



そりゃあ、便器を抱きかかえるんだもんね…。





うーん…


慣れってことかなぁ。



「あと、初心者は、すべてに迷いがあるよね。」


「うん、確かにすべてに迷いがある。」



などという会話をしていましたが、


そのうち





私も思ったことを言ってみました。







「あのね…」







story269-9.jpg


どうやって引き上げたの?

それにあのゴミ袋の数…










story269-10.jpg


私が疑問と驚きを、しーちゃんにぶつけてみると…





しーちゃんは…








story269-11.jpg


ニッコリ笑って言うのでした。









ーつづくー

いつも応援ありがとうございます。(^-^)
↓                    ↓

botton57.jpg   botton50-20.jpg 

ここからが、またまた是非とも聞いてほしいお話なのだ。(^-^)



botton75-7.jpg



今更ながら、しーちゃん、おそるべし! 

こんばんは、ノラドラです。

GWだというのに、またまた更新してしまいます。

風邪はハナの症状だけになりました。

これが厄介なんですけどね。。。



心配してくれてありがとう。



しーちゃんシリーズ続き(第6話)です。


初めての方は

1.「ドラ、しーちゃんに弟子入りする」シリーズ開始!

2. 「いよいよ、しーちゃんに弟子入り、その前に。」

3. 「あれ?しーちゃんと一緒じゃないの?」

4. 「独りの苦悩。そして、ついに師匠・しーちゃんのもとへ」


5. 「しーちゃんは5倍速!」

からどうぞ。



 (初めての方は、どうしてお掃除をしているのかわからないと思うので、
まずは「こちら」からさかのぼってみてね。)




さて、さっそく続き続き!


おやつで元気を取り戻した二人は次の現場へ。






story268-1.jpg








story268-2.jpg

ここは、しーちゃんの家からほんの目と鼻の先。
それなのに、こんなにひどい状態だなんて、全然
気づいてなかったそうです。




さっそく、ゴミ拾い。


ここも斜面。カン、ビンがたくさん捨てられていて、

あと、業者さんのセメントの袋とか、青いシートとか、

わけのわからない資材などもたくさん捨てられていました。




住宅地の一画なので、最初の山ほどの怖さはないけれど

長年放置されたゴミ特有の汚さ気持ち悪さはありました。





たまに、おぞましいものがあって…



story268-3.jpg



このときは、おびただしい「ワンカップ○関」のビンとフタを拾っていたの

ですが、中からわけのわからない生物の死骸がいっぱいでてきたの

で、騒いでいました。後から考えると大量のナメクジの溺死体でした。

(丸くなるのね…)




さらに、ビニールのズボンを脱いでしまっていたので




story268-4.jpg


足まで真っ黒な水が浸透。

このままの作業は気分的にブルーでした。






ここも、なかなかのゴミの量でしたが、

私は缶ビンなどの小物中心や、しーちゃんに渡される

ものの仕分けをしていましたが





story268-5.jpg


働きのスピードが違う!


ダイナミックだわ~!



ここでもタイヤを6個くらい引き上げていました。






ここは、ほぼ、満足できるまで掃除を終えられました。



ここは県の管轄。まだその時点では、

道路以外のゴミを持って行ってくれるかどうか

しーちゃんが交渉中でした。




で、


しーちゃんちに帰って、ジーンズを洗濯機に入れて

しーちゃんに別のパンツ(ズボン)を借りました。



story268-6.jpg



もう疲れ果てていたのに、また元気が出てきました。





すでに夕刻になっていましたが、またまたお掃除に出発。






story268-7.jpg


あの姿で、交通量の多い幹線道路に面した空き地の前の

溝と歩道とのゴミを拾いました。

信号待ちで車からなんだろう?と見ている人もいて

本当はちょっと恥ずかしかったけど、気にせず頑張りました。


ゴミはお菓子の袋がやたら多かったけど、あとは吸い殻とか

ナイロン袋くらいでゴミもおぞましくないし、地面が平らなので

作業はラクでした。


暗くなる前に終えないといけないので、

かなり集中して急ピッチで作業をしました。






ゴミ袋はしーちゃんの車に詰め込んで




「もう一か所行こう!」


「ほんとに~?いいの~?」






story268-8.jpg


車をターンさせたとたんに目に飛び込んできた、一画。

三角形の草むらになった土地にゴミがいっぱいです。





ここが、なかなかに…




story268-9.jpg


土をかぶっているけれど、ゴミがいっぱい埋まっていて


どんどん出てくるひどい土地。






しかも、




例のものも落ちてました。





story268-10.jpg


明らかにおしっこ入りペットボトルを

しーちゃんはまったく平気で片付けてくれました。


ううっ、ありがとう。



本当に夕闇があたりを覆ってきました。


急がねば。



かなり必死にゴミを集めて、

裏手の私の方はだいたい終了。





story268-11.jpg



えええ、


こんな狭い三角の土地に、


なぜ大型ゴミがあるの!?








story268-12.jpg










story268-13.jpg


水道管とか、水道管のジャンクションみたいなT字型をしたような

金属の大きなかたまりとか、シャワーの先と、ホースとか、

重たい金属をすごい勢いで掘り出している!!




私が呆然としていると…




story268-14.jpg


あ、いけないいけない、急がないと。


慌てて道に大型ゴミとして並べました。


でも、このゴミは本当に汚かった。


なにか赤い錆びのような水垢のような


赤っぽい汚れが手袋にたくさんつきました。





そして…









story268-15.jpg















story268-16.jpg


私、

しーちゃんが汚い便器を

抱きかかえた姿、一生忘れない!!


しーちゃん、凄すぎる!




本当に偉いと思いました。





こうして、あたりが見えなくなるまで


ゴミを拾いきった充実した一日でした。



凄かった…本当に凄かった。







(ちなみに、ゴミ袋は車に積むのですが、
最後の場所のゴミは、やはり臭かったです。
そういうものを愛車に積むのっていやですよね。
こういうゴミ袋を車に積むところもなかなか
できないと思います。)



実は、このあと、しーちゃんの家で


いろいろお話をしたのですが、


そのしーちゃんの話がすごかったのです。


どうぞお見逃しなく!



ーつづくー

いつも応援ありがとうございます。(^-^)
↓                    ↓

botton57.jpg   botton50-20.jpg 

このあと、しーちゃんの家で、すごい話を聞いてしまったよ。
しーちゃんがなぜこんなにパワーがあるのか、わかりました。


botton75-7.jpg



しーちゃんは5倍速! 

こんばんは、ノラドラです。


すこーし体調もよくなってきましたよ。ご心配いただきましてありがとうございます。




しーちゃんシリーズ続き(第5話)です。


しーちゃんシリーズ第4話です。初めての方は

1.「ドラ、しーちゃんに弟子入りする」シリーズ開始!

2. 「いよいよ、しーちゃんに弟子入り、その前に。」からどうぞ。

3. 「あれ?しーちゃんと一緒じゃないの?」

4. 「独りの苦悩。そして、ついに師匠・しーちゃんのもとへ」

からどうぞ。



 (初めての方は、どうしてお掃除をしているのかわからないと思うので、
まずは「こちら」からさかのぼってみてね。)










師匠・しーちゃんと作業することになったドラ。







story267-1.jpg


しーちゃんが缶やペットボトルを下から投げてくれるそうです。








開始!












story267-2.jpg


わ、わわわ!


な、な、なんじゃこりゃあ~!


拾いながら、ちらりとしーちゃんを見ると…








story267-3.jpg






しーちゃんは

毘沙門天か、韋駄天か!

人の5倍速、6倍速で、動いている!



手が何本も見えるかのよう!
(じゃあ、千手観音?!)


ひえええ~




「当たったらごめんね~。」




私には当たらなかったけど、





story267-4.jpg

車道にも転がって行き、

取りに行ったら、ちょうど車が来て、

ドキリ!

車は止まって待ってくれたけど、中の人もびっくりしてました。

(もしかして、私の「いでたち」に驚いたのか?)

ふぅ…危ない危ない。











こうして、


あまりにしーちゃんの動きが速いので





story267-5.jpg

手袋をしているとゴミ袋を結ぶのはモタモタ…。







ちょっと私が手間取っていると、






story267-6.jpg








story267-7.jpg


私にすることがあると、しーちゃんもせっせと

大物を引き上げてくる。







story267-8.jpg



というわけで、私が苦しんでいた場所にも

来てもらったのだ。









story267-9.jpg

褒め上手なしーちゃん。

(ありがとう、しーちゃんと掃除するとやる気が出るよ)


いやいや、この下に、集めかけのゴミ袋も放置しているし、

重くて引き上げられなかったゴミ袋も放置しているんだよ。。






すると、




story267-10.jpg

しーちゃんにかかると、

事もなげに引き上げてきた。


「ほんとに、重いね、これはワケありだね。」






そして即座に、







story267-11.jpg


へんなもん(バラバラ死体とか)入ってたらどうするの…?!

ひぃぃぃ…











story267-12.jpg


(あ…テニスボールね……。)



全てに呆然とするドラに対して、

しーちゃんの判断はめちゃくちゃ速い。





story267-13.jpg


もともと、山は少しだけにしようと言いつつ、

かなり長居したと思う。


もちろん、とてもとても綺麗にしきれないほど

まだまだゴミはたくさんある。

でも、これはまた11月以降かな。




しーちゃんは、執着もないので、

ぱっと切り上げる。



道に出したゴミは、管轄の市がすべて持って行ってくれる
ことにすでに交渉済み。(しーちゃん、すばらしい!)

いったい何袋になったんだろう。。
とても個人のした仕事ではなく、
これは「業者」のわざだと思いました。





ああ、すごかった…


もう、クタクタだー。






帰り道に、この土地の氏神様に参拝。


(本当は行きに参拝するつもりが通り過ぎてしまったのだ)



しーちゃんの家で手袋とビニールのズボンを洗剤につけ置き。



手を何度も洗って、人間らしい気持ちになり、




飲み物とお菓子を出してもらった。



story267-14.jpg



「アンデルセン」の焼き菓子が美味しかった。

私はアンデルセンを知らなくて、「どっかで聞いたことがあるなあ」と

思っていたら、あびさんのブログ「帰省」で見たのね。(^-^)



さて、元気になったところで、

また行きますか!



この日はなんと、

4か所の現場に行ったのでした。


まだまだ、しーちゃんに驚くのだった。



ーつづくー


いつも応援ありがとうございます。(^-^)
↓                    ↓

botton57-4.jpg   botton50-20.jpg 


どこかで私もGWのお休みをいただこうと思いますが、
できるうちは、更新します。

なにかをのんびりしようと思うと、コメント返しがのんびりに
なってしまいますが、そちらに伺いますのでゆっくり待っていて下さいね。

あ、そうそう、みなさまもGWなので、コメントなど
お気づかいなく(^-^)


botton75-7.jpg





独りの苦悩。そしてついに師匠・しーちゃんの元へ! 

こんばんは、ノラドラです。

ご訪問ありがとうございます。

また、何人もの方が体調のことで心配して下さって、本当にありがとうございます。

今日もまだイマイチなのですが作り出したらなぜか

できてしまい、やっぱり更新してしまいました(^-^)。

あたたかいメッセージ、とてもありがたくて力をいただいています。

本当にありがとうございます。




しーちゃんシリーズ第4話です。初めての方は

1.「ドラ、しーちゃんに弟子入りする」シリーズ開始!

2. 「いよいよ、しーちゃんに弟子入り、その前に。」からどうぞ。

3. 「あれ?しーちゃんと一緒じゃないの?」
からどうぞ。



 (初めての方は、どうしてお掃除をしているのかわからないと思うので、
まずは「こちら」からさかのぼってみてね。)



さて、続きです!




まずは、一人で初めての山を掃除することになったドラ。


一番困ったのは、足場の悪さ。

常に斜面で、木の葉が積もり、足が沈み込んで

とにかく常に体勢が不安定で予想以上に疲れるんです。

燃えるゴミ用と燃えないゴミ用のゴミ袋を持って

動くだけでもかなりキツイ。

もっと効率的な方法はないのか…と悩みました。


この後で、普通の道路も掃除するのですが、

足場が平らだということはなんと作業がしやすいのかと

感動しました。




しかも、山って…




story266-6.jpg

山は、細かいところを見ていたら…おぞましい…


足に蟻が登って来て、ウワーっと思いました。





そして





story266-1.jpg

何度枝が顔に当たったか。(しーちゃんも当たったそうです)

手袋と割烹着の間の腕に枝がこすれて結構痛くて。





缶だけでもいっぱい。



そしてその缶…





story266-2.jpg

いったい何年前の水だろう…おぞましい。。。

信じられないくらい古い缶がたくさんあります。




ペットボトルもたくさん。



しかも、ほとんどが空っぽではないのよね…。




story266-3.jpg


例の「恐怖のペットボトル」 じゃないだろうね…?








story266-4.jpg


おしっこではないと信じて…


缶とペットボトルはこの繰り返し。





困ったことに汚水を捨てた場所をまた自分が通ってしまい

足が沈み込んで、真黒な汁でスニーカーを

汚してしまうんですよ。捨てていい靴で行かないとだめですね。



こうして缶やペットボトルを拾っていると





story266-5.jpg


異臭が…。。。。




しかも、へんなゴミも多いのだ。。。


story266-7.jpg

お、おぞましい…

結局燃えるゴミとして拾うのですが、

見ただけで「うっ…」と怯んでしまう初心者、ドラ。




私はこの日、本気で

ご遺体を見つけてしまうのではないかと

思っていました…。

(見つけませんでしたが…)




山のゴミはすべてが朽ちていて、

街のゴミとは全然違い、あまりの

おぞましさに呆然とすることが

何度も。





それに疑問もいっぱい


story266-10.jpg

ゴミ袋ごと捨ててあっていろいろなものが混在しているのは

どうしたらいいんだろう?とか

(人のゴミを開けて、一つ一つ見たくない、触りたくないのが本音)



道から5,6mの範囲のゴミを拾うと決めても際限はなく


埋まっていて地上に少しだけ顔を出しているゴミはどうすればいいんだろう?


大型ゴミは持てそうにないので、どうすればいいのだろう?

などなど、


初心者ドラは、すべてを見ては、すべてに悩んでいる有様。

自分では、一生懸命頑張って2倍速くらいで動いているつもり

なんだけど、あまりのことに、呆然とする時間があるのだ。




それでも、頑張って拾っては


story266-8.jpg

斜面を上がって道に置きに行く。

これが重労働なのだ。


汗びっしょり。ゼーゼーハーハー言ってました。




story266-9.jpg


7袋くらい上げたところでもう腰が痛いのなんの。





道に上がるともう、山に降りたくないんだけど、

勇気を出してなんども滑り落ちながら戻るのだ。




そこで、またへんなゴミ袋発見。




story266-11.jpg



だめだ、上げられない。。。






story266-12.jpg













story266-13.jpg


タ、タイヤなんて、私、上げられない!


あ、あの数!

に、人間業じゃない!!







story266-14.jpg













story266-15.jpg



師匠の元へ走りだすドラであった。








数十メートル先のしーちゃんのところに着いて、


最初は、疑問に思っていることを質問をしてみた。




すると


story266-16.jpg

しーちゃんは、すべてのゴミを拾っていた。




そして






story266-17.jpg












story266-18.jpg

ついに、ここから、しーちゃんとの作業が始まった!


ーつづくー


お待たせしました。早くしーちゃんを登場させたいから
今日は頑張ったよ!(^-^)

いつも応援ありがとうございます。(^-^)
↓                    ↓

botton36-7.jpg    botton32-5.jpg


初心者ドラの動きを覚えておいてね。

botton86-2.jpg 

本日もバナーを変える馬力がないのでこのままで…。




プロフィール

ノラドラ

Author:ノラドラ
ようこそ、3世代5人家族の「ノラ家」へ。
両親around70、娘around40、そして新・中学1年生のマーくんです。
いいかげんに解散しないといけない家族構成はいつまで続くのか?!(こんなはずじゃなかったんだけど。)。
一家の次女(ドラ)が、なんてことのない日常を楽しみながら書いていきます。気軽にコメントしてくださいね。


profile-2.jpg

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。