スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ノラ父、幽霊屋敷での体験! 

ノラドラです。

今日は昨日の続きです。(初めての方は昨日の「事故多発地帯の怪!」へ)

爽やかな話題ではありませんが、さっそくどうぞ。






昨日はこの場面から。
story116-7-2.jpg

幽霊屋敷とな?!













それは父がまだ25、6歳の若い頃に、田舎の派出所に赴任したときのことだそうだ。



story117-1.jpg

ふむふむ。







その官舎って…









story117-2.jpg


父が知る限り、3人の前任者がみな、怪奇現象に苦しんだという。


特に父のすぐ前のRさんは大変だったそうなのだ。









父がその官舎に入ってみた最初の印象は






story117-3.jpg

ふすまも障子も破れ放題で、えらく荒れているな、という印象だったらしい。








なぜかというと











story117-4.jpg
                        (モデル:妖怪A)



前任者Rさんは柔道六段の猛者だったのだが、

毎晩警棒を投げたり振り回したり「何者か」と格闘していたため、

家じゅうにその跡が残っていたそうだ。






しかし、Rさんも精神的にまいってしまい、ついにその官舎から出て
民間の部屋を借りて住んだそうだ。


すると周りの者は「Rさん、柔道六段のわりに案外肝が小さかったんやな。」と笑っていたそうだ。

(か、かわいそう…)











story117-5.jpg



一度だけ?









その官舎に入ってしばらくしたある晩





story117-6.jpg





床についた父。






















story117-7.jpg

















story117-8.jpg
                        (モデル:妖怪B)


胸を強く圧迫される苦しさを感じ、夜中に目を覚ましたらしい。




父は言う。

「みんなが白いものに胸を押さえられるというのを聞いていたから、

それが先入観になっていたのかもしれんな。ワシはあたりを見渡したがなにも見えなかった。」











こういうことは一度だけだったらしい。



確かに、なんとなく気持ちの悪い家だったそうだが…。








この職場にいる間、




story117-9.jpg

庶務のおばちゃんに心配されて毎日毎日「大丈夫かい?何も出んかい?」と聞かれたそうだ。



そして




「よく、あんなところに一人で住みますねえ。」と何人もの人にも言われたそうだ。




こうして父は、柔道六段の人をノックアウトした官舎に、転勤になるまでの1年間住んだそうだ。









story117-10-2.jpg




ー完ー

いつもノラ家への応援ありがとう。励みになっています(^-^)。
botton9.jpg  にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ ranking3.gif

お手数おかけしましてすみません。いつもありがとうございます(^-^)。


父はRさんが笑い者になったことを知っているから、自分は弱虫だと思われたくなくて意地でも官舎を出られなかったと思うし、実際そのテのことには鈍感だったので助かったんだと思うけどなぁ…。


私と母は、Rさんにいたく同情してしまいました。

「Rさんは小心者じゃないでー。Rさんは「見える」人だったんだよ。だから『おのれ、また来たか!』と勇敢に闘ったんじゃないの?」

「そりゃ眠りたいから引っ越しするよね~」

って言ってたんですけど…皆さんいかが思われます?



[ 2008/11/30 11:21 ] 不思議なお話 | TB(0) | CM(17)
いやー
めっちゃ面白いです♪
 最近
 見つけて
 がっつり最初からよんでます♪
 
 お父さんめっちゃイイです!!
 
 また見に来ますね!!
[ 2008/11/30 14:40 ] ねぎ [ 編集 ]
うわ~、怖い★!
実はうちの亡くなった祖母はかなりの見える人だったので(私も若干その気があります)、この手の話は人ごとではないです。居る所にはいるんですよ!ほんとに。でも意識するとどんどん見えるようになっちゃうんで、意識しないようにしました。おかげで最近はほとんど感じません★
このてのものって、やっぱり自分たちを認識してもらいたいからか、見える人には寄ってくるんですよね~。。ノラ父さん、見えない人で良かったですよ!だって怖いもん★w
[ 2008/11/30 16:41 ] pino [ 編集 ]
3人もの人が大変だったところに、1年間もすごいですね~。
そういう話を聞いちゃうと、見えてなくても見えてるように感じたりしそうなものなのに・・。

さすが一家の大黒柱だけあって、頼もしいお父様ですね。よろしくお伝えください。

私は、白菜に入っていたナメクジに絶叫している甘ちゃんです^^;
[ 2008/11/30 17:01 ] うさぽん [ 編集 ]
あ~おもしろかった(^^)
Rさんが格闘してる時の目とか最高に笑えました(Rさんごめんなさい^^;)
ノラドラさんの絵は眼だけでもいろんな表情がでてますよね すごいです!
お若いころのノラ父さんもりりしいです(^^)
[ 2008/11/30 17:27 ] あでりー [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2008/11/30 19:18 ] [ 編集 ]
ドラさんて妖怪モン描かせたら、右に出る人はいませんね(笑)。
皆が怖がる何かがお父様には見えなかった…。きっと冷静な方で暗示にかからないタイプなのかも。ほら、幽霊の正体見たり、枯れ尾花っていうでしょ。
[ 2008/11/30 20:48 ] バルおばさん [ 編集 ]
今日のお話も期待を裏切らないおもしろさです(^.^)

前任者Rさんにはお気の毒ですが、やはり柔道六段といえど、相手が幽霊では勝負にならないでしょう(笑) 奥襟も取れなければ寝技も効かない;>あ、警棒だったか。
私はノラ父様と同じ負けず嫌いタイプなので、見えないと思い込んだら見えないと思いますね~。それでも出た妖怪Bにはおもわずにんまりしてしまいましたが(*^m^)

やはりノラ父様は勇敢です!
[ 2008/11/30 21:57 ] ろーたす [ 編集 ]
お父さん負けず嫌いだったとしても1年間もよくいれましたね~^^;
僕はそんな話聞いていたら最初から行きませんよ('A`)
僕も一回アパートの床の張替えに行かされたことがあったんですが
そこは随分気持ちが悪い感じがしたので
さっさと切りあげてしまったんですが
後から聞いたら前の住人が首吊りしてたんですって( ;´゚д゚`)
教えてくれなかった親方を恨みましたね(笑)
[ 2008/11/30 22:27 ] TIKI [ 編集 ]
こんばんは☆

お父さん。意地とプライドがあったのでしょうね(笑)

でもその気持ちで乗り切れたのは凄いですよね。
頼もしい、一家の大黒柱です。
確かに昔の男の人は、意地と見栄で苦労を乗り切って来たような人達ですもんね。
うちの父もその一人です(苦笑)


[ 2008/11/30 23:19 ] 美波海ママ [ 編集 ]
昨日はコメントできずにポチ逃げでした(ノω・、) ウゥ・・・
でも興味深いお話で・・・
事故多発の場所ってあれこれと逸話があるようですねぇ。
でも眠い時に運転してるとほんと危ないですね(^^;)
事故にならなくてなによりでした。

ノラ父さんって押さえられても目が開けられるんだなぁ。
なんかいるかもーと思ったら薄目すら開けられないです( ̄∇ ̄;)
安眠妨害はお仕事にも差し支えるし
ちゃんと1年お勤めできてよかったよかった。
強いなぁ、ノラ父さん(´△`)
[ 2008/12/01 00:12 ] あび [ 編集 ]
ノラドラさん!
毎日変なコメントが入るので、細かく設定してしまいました。すいません!直ぐに設定を直しますm(_ _)m

ノラ父様は凛々しいですね。。
見える、見えないは有ると思いますが
(妖怪A怖いですよ~)ノラ父様は、やっぱり男らしい方ですね。
ますますファンですp(*^^*)q
[ 2008/12/01 01:03 ] ぴーなつ母 [ 編集 ]
ノラドラさんのお父様は本当に勇気ありますね~。 私だったらこの手の話を聞いただけでトイレに一人で行けないタイプです。 なので、そんなお化け屋敷(?)に一年間も一人で住まわれていたなんて・・・。 ノラドラさんのお父様尊敬です! やっぱり、それくらいの度胸があるからこそ警察官なんていう職業を選ばれたのでしょうね!
[ 2008/12/01 07:56 ] Kaz [ 編集 ]
うはは(笑)
やっぱり妖怪の絵がツボですw
ノラドラさんの書く妖怪は、リアルなのに怖くない・・・なんでだろう?
私もどちらかというとノラ父さん派なので、「みんなが白いものに胸を押さえられるというのを聞いていたから、先入観~」ってのに賛成です。前任者さんとか見えるみなさんは、幽霊が出る!って強く思ってるから、出るんですよね。そういう人は住んじゃいけない官舎でしたね。Rさんは気の毒でした~
[ 2008/12/01 11:58 ] にゃきぶ [ 編集 ]
こんにちは
お父様、肝が据わっていらっしゃいますね。
さすが、頼れる警察官です。
でもその官舎に何かあったのではないでしょうか?
どなたか調べられたのでしょうか。
今はどうなっているのですか?
気になりますね。v-17
[ 2008/12/01 15:05 ] 花姥 [ 編集 ]
ノラドラさま♪

妖怪AもBも怖すぎますよ~v-406(上手すぎです)
若い頃のノラ父様は、まだ怖いもの知らずな男気のある
凛々しいお顔で、これまたハンサムなのですが、
毎々妖怪が怖すぎます~v-406

[ 2008/12/01 18:45 ] ぴーなつ母 [ 編集 ]
いつもたくさんの反応をありがとう。実は記事をアップするたび、ドキドキだったりします。だからみなさんのコメントを見てとてもホっとするし、嬉しいです。


>ねぎさんへ

ご訪問&初めての書き込み、ありがとうございます!(^-^)
嬉しいお言葉本当にありがとう!気に行ってもらえてうれしいです。
また来て下さいね!



>pinoさんへ

うわあああ、pinoさん、よく一人暮らししてますねー。偉いです。
私もそういうものの存在は信じていますので、こればっかりは人によって感受性が違うから怖がりか怖がりでないかなんて比べようもないと私は思っています。見えたら怖いでしょうね~。見えなくて本当によかった!


>うさぽんさんへ

わかります、私もそういう話を聞いたら意識しすぎて怖がり過ぎてかえってよくない結果を引き寄せそう。
私もゴキブリに絶叫している甘ちゃんです。お仲間お仲間…。(^-^;)


>あでりーさんへ

Rさんの絵は実は一番どう描こうか迷いました。(迷わずに一度書いた落書きを採用するのですが)ほめてもらってホッとしました。
面白かったと言っていただけて嬉しいです。描いた甲斐があったというもの。ありがとう!



>バルさんへ

妖怪を褒めていただいてありがとうございます(笑)。得意技認定でしょうか?(^-^;)
冷静な人なら見えないんでしょうかね。怖がるとよけいに見えちゃうのかもしれませんね。



>ろーたすさんへ

楽しんでいただけて嬉しいです。「奥襟、寝技…」に父は「おっ、ろーたすさんは柔道に詳しいな♪」と言っていました。
そーか、見えないと思い込むこと言い聞かせることが大事なんですね。気を強く持たなければいけないんですね。なるほどなるほど。(^-^)


>TIKIさんへ

な、な、なんと!TIKIさんもかなりの体験をしていますね。
そうかー、、、そういう曰くつきの物件も、内装を変えたりするのは大工さんでしたね。ひゃー。。大変なお仕事だと思いました。TIKIさんは、気持ち悪いなーとか危機感だけは感じるわけですね。ショッキングなな書きこみでした。


まずは、ここで送信っと。
みなさん、いつもありがとうございます。
[ 2008/12/01 21:19 ] ノラドラ [ 編集 ]
記事をアップするたび、どうだったかなあ、とドキドキする小心者のノラドラ。みなさんのコメントで癒されてます。ありがとう。

>美波海さんへ

意地と見栄かぁ…そうですね。美波海さんのメッセージを読んで、昔の男の人はそういうやせ我慢で頑張ってきたんだなーって思いました。
大事なことかもしれないなあって見直しました。(^-^)


>あびさんへ

忙しい時は、気を使わないでくださいね~。お互い様ですよ(^-^)。
私も怖がりなので、実はこんな話はニガテなんですよー。金縛りになったら目なんて絶対にあけられません!
ところで安眠妨害、今日の記事は安眠妨害ですね。ノラ父も安眠妨害にはトコトン弱かったようで…ホホホ。


>ぴーなつ母さまへ

連絡がついてよかったです。
ヘンなコメントは入るんですか?それは困りますよね。そういえば、ぴーなつ母さまは、私と同じくらい怖がりでしたね。。。
こ、このユーモラスな妖怪でもダメですか…??
これから妖怪が出るときは、最初に警告を書いておこうかな。(^-^;)



>Kazさんへ

ノラ父へのおほめのお言葉ありがとうございます。でも、でも、私から見たら、単身アメリカに乗り込んで立派に活躍しているKazさんのほうがずっと勇敢で度胸があります。尊敬しますよー。(^-^)/



>にゃきぶさんへ

妖怪を気にいてくれてありがとう。(^-^)
もちろん(本人が怖がりなので)、怖くないようにユーモラスに描いてます!妖怪だから大丈夫なんです。
まともに幽霊の絵を書いたら怖い絵になりすぎます…ガクガクブルブル…。
だけど、にゃきぶさんも強い人ですね~。



>花姥さんへ

いつもありがとうございます。
父は肝がすわっていますか?
その官舎のその後は父も知らないそうです。ただ、区画整理でもうなくなっているそうです。
そういう家ってちょいちょいありますよね。くわばわくわばら。



みなさん、いつもありがとうございます!
[ 2008/12/01 21:35 ] ノラドラ [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ノラドラ

Author:ノラドラ
ようこそ、3世代5人家族の「ノラ家」へ。
両親around70、娘around40、そして新・中学1年生のマーくんです。
いいかげんに解散しないといけない家族構成はいつまで続くのか?!(こんなはずじゃなかったんだけど。)。
一家の次女(ドラ)が、なんてことのない日常を楽しみながら書いていきます。気軽にコメントしてくださいね。


profile-2.jpg

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。