スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ニコボン。意外な敵の出現!~昨日の敵は今日の友~ 

ノラドラです、こんばんは。

昨日までのノラ父思い出話にたくさんのコメントと応援をありがとうございました。

今日から、また少し日常に戻ります。

非日常の時は労力がいつもの2,3倍かかるので、大変なんです。

日常に戻ったらラク~…って思っていたら、今日はムダにコマ数が多すぎました(^-^;)。



それでは、どうぞ(^-^)/






story119-1.jpg

(初めての方は、「ノラ家がネコなのに、さらに猫がでてくるとはいったいどういうことだ!?」と思われるかもしれません。すみません、いいかげんなブログなのです(^-^:)。
まずはネコの一連の記事へ行きましょう!→「ありえない父の姿」から過去記事へ


徐々に私たちとのとの距離を縮めていこうと頑張っています。
ようやく家の中に入ってくるようになりました。(長い忍耐の道のりでした)










story119-2.jpg


最初はわずかな手の動き、物音でも、ビクついてすぐに逃げてしまったものです。








それでも、最近は母と私の存在に少しずつ慣れたのか、
隣の部屋から人が入って来てもすぐには逃げなくなりました。







story119-3.jpg

日曜日だったので姉がいたんですね。




私は普通に、「うん、ネコに餌をやってるんだよ…」と言っていたら







story119-4.jpg

ニコボンを見るなりひどく驚いて



story119-5.jpg
身を乗り出し、上から下へ手を振りおろす激しいアクションで





story119-6.jpg

私は姉の反応にビックリ!

ああ、なんてことを!今までの苦労が水の泡!

ニコボン、もう来なくなるかもしれないじゃない!






でも、よく考えたら、姉はいつも帰りが遅すぎて、家族の共通認識が伝わっていなかったんです。
「あれ?言ってなかったっけ?」と、情報が2ヶ月くらい遅れていることもしばしば。

ニコボンにエサをやっていることは知っていたけど、家の中に入れようとしていることは全然知らなかったのだ。


それで、姉はノラ猫にかまうとどうせ外で過ごさせるわけだからかえって残酷だと思って怒ったらしい。




story119-7.jpg

ニコボンを避妊手術をするとき、連れていくことをシミュレーションしたところ、

●あまりにも人に慣れていない状態ではニコボンも恐ろしく暴れるだろうし、お互いに大変であること、

●術後、この寒さでは可哀想だし、近所にはニコボンの敵だらけなので、術後はすぐに外に出すのは
あまりにも危険。1週間ほど家で面倒をみるほうが望ましいこと。

さらに

●すでにお腹が大きいところを見ると、おそらくはすでに妊娠していること。子猫をもうすぐ産むだろうからあと一度だけ産ませて、子猫をもらってもらうためにも家で面倒を見る方が都合がよいこと。

などなどを話しました。



すると




story119-8.jpg

そこまで関わるなら、首輪をつけて正式にウチで飼うほうがいいと姉は言いました。


お姉ちゃん、さすが話がわかる!








これで、お姉ちゃんはもう大丈夫だと思うでしょう?

それがそう簡単にいかないのよ…(^-^;)



もう来ないんじゃないかと思っていたニコボン、

姉に追い出されて餌を食べ損ねたのでお腹が空いてもう一度夜遅くに

来ました。







story119-9.jpg














story119-10.jpg

ゆらゆらと左右に身体をゆすったり、顔を近づけたりニコボンを怖がらせるのだ。


やめてよ、お姉ちゃん!



母にこのことを言ったら「さすがお父さんの娘だわ~」と言っていました。





ここまでをブログに載せようと思っていたら、どんどん現実は進んでいくのだ。

昨夜の月曜日のこと。






story119-11.jpg
たくさん買い物をして9時過ぎに帰ってきました。








なんと










story119-12.jpg



やったね!(^-^)


ー完ー


ノラ家への応援、とても励みになっています(^-^)。
botton11.jpg  にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ ranking3.gif

お手数おかけしましてすみません。いつもありがとうございます(^-^)。


今のところ3人がニコボンを飼うことに賛成しましたが、マーくんに聞いてみると、もlともと哺乳類は嫌いだし、「カメがいるからネコを飼うのはよくない」と言っていました。
うーん、正論。
マーくんは、カメが大事だもんね。

ネコはカメを襲いますか?


☆今日はこれからやることがあるのでコメントが書けませんがいつも来て下さるみなさんのところには訪問&応援済みです。いつもありがとうございます(^-^)/
[ 2008/12/02 21:16 ] ニコボンのお話 | TB(0) | CM(10)
私もお母様と同じく”親子だなあi-237と思いました。ノラ家の皆様は情が深い!!!!!
日毎に寒くなるし、ニコボンが暖を求めて入ってくるといいですよねi-241
[ 2008/12/02 21:14 ] ぴーなつ母 [ 編集 ]
ニコボンとおねえちゃん、良かった良かったww
と 思ったら、えーーー(@_@) ここでカメ問題が!
う~ん・・・猫はカメを・・・襲うと思います(^_^;)
野良あがりの猫ちゃんは、いろいろ個性が強くて一概には言えないと思いますが、一般論では、「おもちゃとして じゃれつく」のではないかと。もちろん、これだけでカメにとっては生死にかかわります。
解決策は、水槽に外れにくいフタをすること。猫が飛び乗っても大丈夫な強度のやつ。

だれか他にいい案ありませんか?(;^ω^)
[ 2008/12/02 21:18 ] ろーたす [ 編集 ]
そうか、カメの問題が残ってましたね…。ビクビクカメだから、
ネコとの関係はどうなるのかしら?丈夫な水槽が必要?
[ 2008/12/02 23:49 ] バルおばさん [ 編集 ]
お姉ちゃんも何気にいいキャラですよね(^^)
私も「親子だなぁ」って思いますw
ニコちゃん、すでに妊娠してる?またマイケルかなぁー。
カメは・・・そうですねぇ、お部屋を分けるしかないかな?カメの部屋は猫出入り禁止とか?
[ 2008/12/03 09:33 ] にゃきぶ [ 編集 ]
お役に立つ情報かどうかは分かりませんが、 うちには2匹のネコがいるのですが産まれて3ヶ月まで野良猫だったほうは(飼ってもう1.5年もたつのに)いまだに私が早足で歩いたりするとびくびくしてます。 もう一匹の方は子供のときから飼い猫だったらしくどんなことにでも驚きもしません。 保健所の人から聞いた話によると、赤ちゃんから3ヶ月くらいの間に人間に触れられて来なかった猫は人間をいつまでも多少は怖がるそうですよ。 
[ 2008/12/03 11:06 ] Kaz [ 編集 ]
ノラちゃんの記事はホント深くて、
いつも泣いたり笑ったりだよ。

いつも温かいお心づかいをありがとう。来年には、復活のきざしが見えてきました。ぴーなつままちゃんもおっしゃるように、ブログでもご家族のお人柄が現れてて、とても微笑ましいです。
[ 2008/12/03 11:37 ] きんとと [ 編集 ]
今日は早めに来ましたが、ランキング急上昇ですね♪ご家族全員が優しくて、いつも安心して拝見してます。
丁寧な記事に笑ったり、そしてホロッとしたり。特にお父様のキャラは秀逸ですもん(笑)。
きっともっと上にランキングされると思います、頑張ってね。
[ 2008/12/03 17:14 ] バルおばさん [ 編集 ]
カメの水槽の蓋部分に猫がいやがるトゲトゲをつけるとか
水槽を常に人の目に触れる部分においておくとか、
カメに限らず何でも転がして遊びます。

お姉さんはお姉さんなりの愛情で追い払ってたんですねぇ。
人のにおいがついた猫は他の野良から
敬遠されるとか聞きましたが
それも定かではないです(^^;)
寒い時期なので保護できればいいですね。
大人の野良でも根気よく接すれば慣れると
ボラさんはおっしゃってるし、
猫はもともと抱く動物じゃないので
人を避ける飼い猫さんも多いそうですよ。
うちもよくひざに乗ってる写真を公開してますが
こちらから抱こうとするとすぐ逃げます。
何かしてほしい時だけ甘えてくるのが猫なので
うちの中で自由にさせてたら安心してくれるんじゃないかな~。
[ 2008/12/03 18:17 ] あび [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2008/12/03 18:56 ] [ 編集 ]
>ぴーなつ母さん
>ろーたすさん
>バルさん
>にゃきぶさん
>Kazさん
>きんととさんへ
>あびさんへ
>Hさんへ


いつもいろいろ一緒に考えて下さったり、アドバイスを下さったり、あたたかいメッセージを寄せてくださったり本当にありがとうございます。
今日は、個別のコメント返しは省略させていただいて、これからそちらの方に伺いますね。

本当にいつもありがとうございます。
(^-^)
[ 2008/12/03 20:29 ] ノラドラ [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ノラドラ

Author:ノラドラ
ようこそ、3世代5人家族の「ノラ家」へ。
両親around70、娘around40、そして新・中学1年生のマーくんです。
いいかげんに解散しないといけない家族構成はいつまで続くのか?!(こんなはずじゃなかったんだけど。)。
一家の次女(ドラ)が、なんてことのない日常を楽しみながら書いていきます。気軽にコメントしてくださいね。


profile-2.jpg

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。