スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ノラ母、昭和20年代のクリスマス 

こんにちは、そろそろ年賀状にお掃除に、いろいろと忙しくなってきましたね。


今日は、短いお話です。


少し前に続いた私とマーくんのクリスマスの思い出ですが、
そのあと、母から子供時代の思い出話を聞きましたので、載せちゃいます。




母が子供の頃のお話です。








story131-1.jpg
















story131-2-2.jpg

この時代でもクリスマスの絵本があって、サンタさんからプレゼントを
もらえるって知っていたんだって。






でも…




story131-3.jpg


幼い母はこのヒソヒソ話を聞いてしまい、サンタの正体を知ることに。



翌朝、紙で作った靴下の中には、紙で作った人形と、お菓子が入っていたそうです。(^-^)


まだ敗戦から間もない昭和20年代でさえ、こんなクリスマスの感覚

をもっていたということが私にはとても意外でした。






でも…





ちょっと待って……
















story131-4.jpg




変よ、変!(^-^;)


ー完ー


ランキングに参加しています。このブログを応援していただけるととっても嬉しいです(^-^)。
botton15.jpg  にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ ranking3.gif

いつもありがとうございます(^-^)。更新の力になっています。



この頃、母の実家のお寺には、戦災で家を失った人が何家族も本堂で暮らしていて、その中には、東京からやってきた陸軍大将夫妻もいたそうな。
クリスマスプレゼントを買ってきてくれたのはこの奥さんだったそうです。

いろいろな人が本堂に暮らしていて、いろいろな人がかまってくれて母は楽しい生活だったそうです。


考えてみれば、ノラ父は、クリスマスとは無縁の少年時代を過ごし、母もお寺の子なのに、なぜ私たち姉妹がクリスマスを楽しめたのか…これは母の趣味だったんでしょう。

ありがたや、ありがたや(^-^)。


[ 2008/12/14 11:00 ] 季節のお話 | TB(0) | CM(9)
ノラ母さんの幼少期って他人様からも愛されてたんですね(^^)
みんな自分の行く末に不安な時代だけど
未来を背負う子供たちの大切さをわかってる世代ですよね。
ほんわか温まるエピソードでした(^▽^)
お寺のお嬢さんも戦後を貧乏で生きてきた青年も家族を持てば
自分がもらえなかった夢をわが子に見せてあげたかったのかな~。
うちの母も戦災孤児だからきっとそんなつもりで必死に
やりくりしてくれたんだと思います(^^)
親ってありがたいですね~。
[ 2008/12/14 15:49 ] あび [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2008/12/14 17:39 ] [ 編集 ]
なーるほど。これがノラ家のクリスマスのルーツですね。
思えば子供って、イエスキリストを知らなくてもクリスマスとサンタさんを知ってるものですから。お寺だろうと神社だろうと関係ないか~ww
ただ、サンタさんの秘密を知るのがちょっと早すぎて気の毒かな・・・(^_^;)

ノラ家のクリスマスケーキは、チョコケーキですか?>他愛もない質問で(´-∀-`;) 
[ 2008/12/14 21:33 ] ろーたす [ 編集 ]
いつもありがとうございます。
うーん、こちらこそ、あびさんのメッセージに心がほんわか温まりましたよ~。親の世代以上の人は私たちよりもずっとずっと苦労しているか、苦労をした時代を共有していますものね。そのぶん、家族には…と思うんですね。とてもかないません。
私たちも感謝して、それを何かの形で返していかなければ…と思いました。(^-^)
[ 2008/12/14 22:20 ] ノラドラ [ 編集 ]
ろーたすさん、こんばんは。連日「相撃ち」ですね(笑)。いつもありがとうございます。
そうそう、日本のクリスマスはもともと宗教と関係ないんですね。
母の一番下の弟が今お寺を継いでいますが、その子供たち(私の従妹)もクリスマスを同じようにやってました(笑)。
クリスマスケーキねえ…私は生クリームにフルーツのケーキが好きだけど、父とマーくんがチョコ好きだから仕方がありませんねえ。。
今年もチョコケーキのような気がします。頑張って食べないようにしよう(←吹き出物対策)。。。(^-^;)
[ 2008/12/14 22:24 ] ノラドラ [ 編集 ]
日本は宗教の自由が基本ですから!(笑)
きっとお母さんのお寺が特殊だったわけではないと思いますよ~^^
でももしお寺にイルミネーションとかしていたらサンタは来ないかも(・x・;)
[ 2008/12/14 23:20 ] TIKI [ 編集 ]
時代に合わせて大変なことはありますが、戦争を経験した人達や敗戦後の大変さを思うと、今は幸せですよね。だけど、世話好きで優しい人達が沢山いたような気がします(もちろん今だってそういう人達も沢山いますが、ちょっと他人に対してドライになったというか、トラブルになるから関わりを持たないようにする傾向がある感じがします。)。
毎年クリスマスにケーキが食べれることに感謝です。我が家は生クリームにいちごのケーキになりました。
[ 2008/12/15 01:29 ] うさぽん [ 編集 ]
いつもありがとう!
お寺や神社の子でも、クリスマスを楽しんでいる子はいそうですね。
でも、たしかに、お寺に、おおっぴらにイルミネーションしてたら、周りの人が「げげっ」と思うかも(笑)。
[ 2008/12/15 18:52 ] ノラドラ [ 編集 ]
うさぽんさんのおっしゃる通りだなぁと感じます。昔は苦難の時代だっただけに人と人の結びつきは強かったように思います。今は、かえって精神的に余裕がなくなって、自分たちのことで精いっぱいって感じなのかもしれませんね。
ところで、お悩みのクリスマスケーキは生クリームのいちごで決まりですか(^-^)。いいなあ、私もそっちがいいなあ。
[ 2008/12/15 18:55 ] ノラドラ [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ノラドラ

Author:ノラドラ
ようこそ、3世代5人家族の「ノラ家」へ。
両親around70、娘around40、そして新・中学1年生のマーくんです。
いいかげんに解散しないといけない家族構成はいつまで続くのか?!(こんなはずじゃなかったんだけど。)。
一家の次女(ドラ)が、なんてことのない日常を楽しみながら書いていきます。気軽にコメントしてくださいね。


profile-2.jpg

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。