スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

しーちゃんのおじいちゃん 

こんにちは、ノラドラです。

今日はしーちゃんのおじいちゃん(今となっては故人)のお話をしましょう。



しーちゃんはおじいちゃんが大好きで、車でおじいちゃんをいろいろなところに連れて(散歩に)行くのが日課でした。



ノラ父が入院していた3週間の間、私は何度か新幹線で行き来したのですが、


しーちゃんが駅まで迎えに来てくれたりして、とてもありがたかったです。



あるとき、



story173-1.jpg


迎えに来てくれた車に、おじいちゃんも乗っていて、ご挨拶しました。

そのときもすでに92歳くらいだったと記憶していますが、

とても綺麗なおじいさんでした。

しーちゃんも、透明感のある雰囲気をしていますが、

このおじいさんも、周りが光っているような雰囲気を持った

いかにも徳の高い人という感じでした。





そういえば…





story173-2.jpg

「ぜひ、お食事をご馳走したい、老人の楽しみだから」と
おっしゃって、このときはノラ父もご好意に甘え、
3人で美味しいランチをご馳走になったりしました。





さてさて、




あるとき、しーちゃんがおじいちゃんの家に行くと、
おじいちゃんとおばあちゃんがこんな話をしていたそうです。








story173-3.jpg

夢の中に亡くなったお姉さんが出てきてよく話をするんだとか。






すると







story173-4.jpg





と言い、











story173-5.jpg


何をいまさらそんな当たり前のことを言っとるんじゃという感じで、

まだおじいさんが若い頃に亡くなったお母さんと

ずっと毎日夢の中で話をしていると言ったのでした。





ほほー。







これについて、しーちゃんとドラは、こう仮説をたてました。(^-^)






story173-6.jpg


なーんてね(^-^)。




ーつづくー

今日は前置きです。明日も来てね。(^-^)


↓みなさんの応援が更新のエネルギーになっています。(^^)↓
botton37.jpg  ranking3.gif   にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ 
皆さんの応援が更新の励みになっています。


昨日の記事にも、たくさんのメッセージをありがとうございました。

同じ日本でも、地域性というものがあるんだなぁと考えさせられましたし、みなさんがとても深く考えておられて、感銘を受けました。


始めまして、ご来場・コメントありがとうございました。

 また、このブログのコンセプトが個性的で面白いです。遡って読んでみます。では、またよろしくです。
[ 2009/01/25 19:08 ] 如月  [ 編集 ]
ブログを拝見していて、私も”高齢になって死期が近づくと、不思議なことが普通になるのかなあ?”と思っていました。
明日のお話が気になります・・・(^^ゞ

でも、私はたまに亡くなった祖母の夢を見るのですが、夢の中で祖母と少し話しているかなあ。うろ覚えですが、夢に祖母が出てくれた時は”生きててくれた!”という気持ちになっています。
続きを楽しみにしていますね(*^_^*)
[ 2009/01/25 21:30 ] ぴーなつ母 [ 編集 ]
高齢になってさらに幸せオーラの出ている人はそんなに多くない気がします。素敵に年を重ねるって、きっとその人の生き方が現れるのでしょう(^-^)

私、亡くなった人の夢を見たことはないかも。
でも、私の母は昔からよく亡くなった義母(姑さん)の夢を見る人で、そのたびに神棚(神道なので仏壇ではない)に話しかけてましたね~。
明日はどんなお話の展開になるのでしょうか(=^▽^=)
[ 2009/01/25 21:38 ] ろーたす [ 編集 ]
不思議なお話しですが、そういうこともあるんだ~と何だか納得してしまいました。
しーちゃんのおじいさんやおばあさんも品の良さそうな方なんですね。そんな風に年を重ねたいです。

続きも楽しみです。
[ 2009/01/25 21:59 ] うさぽん [ 編集 ]
しーちゃんのおじいちゃんとおばあちゃんも、素敵な方々だったのでしょうね。(^-^)お会いしてみたかったです。(^^;ドラさんとしーちゃんのお考えになったこと、聞いたことがあります。私も、亡くなった祖母やピアノの先生の夢を見たことがあります。話をしたかどうかは、覚えていないのですが…(:_;)しーちゃんのおじいちゃんのように、毎日夢でお話できたら、寂しくないのかもしれませんね。(^-^)
[ 2009/01/25 23:12 ] けろっぴ [ 編集 ]
あの世とのチャンネルかぁ(^_^)
なるほどね~。
おじいさんは若い時に亡くなったお母さんのお顔を
ちゃんと覚えておいでなんですね。

うちの母は小学3年の時に亡くなった母親や弟たちの
顔を覚えていません。
3人とも原爆で亡くなったので母としては
「よい死に方」ではない分記憶から抜けてしまったのかもしれません。
疎開から帰って一度だけ見た夢は、
台所の方に向かった背中と、近づくと炎の竜巻に
のまれていく姿で顔が真っ黒にしか見えなかったと…。
つい数ヶ月前に別れた母の顔すら夢の中で再現できず
今更思い出せるわけもないとため息をついてました(^_^;)

もしかしたら、いつか迎える日が近づいてきたら
母はお母さんに会えるかもしれないなぁと
今日の記事を読んで思いました。
いいお話をありがとうございます(^▽^)
[ 2009/01/26 00:25 ] あび [ 編集 ]
こんばんは
わたしも亡くなった人と夢の中で何度か話をしました。

一番はじめは小学6年生の時、わたしのお誕生日に母方の祖父が亡くなりました。
その一週間後位の夜、なかなか寝付けなくて布団の中でもそもそしているとき、長押にかけてあった着物のあたりに祖父が見え、「元気にしてるか?」と尋ねてきました。わたしも「うん、おじいちゃんも?」と聞いていました。
このときは夢ともうつつともわからない状況でしたが、「テレパシーで話をするとはこういうことなのか」と思うような体験をしました。
二度目は長男が生まれて間もない頃、三鷹駅の渡り通路までお祝いを持って来てくれたところを、私が迎えに行っている場面でした。
三度目は、長女が生まれてしばらくした頃、今度は祖母が、祖母の家でいつものようにお裁縫をしていました。長女のためにお人形を作ってくれていると言うのです。
祖母は私が大阪でお勤めしていたとき、一週間ほど患って亡くなりました。その時のことが思い出されて「具合が悪いのにそんなことせんと、寝てて」と言いながら泣いているとき目が覚めました。かわいいマスコットのぬいぐるみを二つ縫ってくれていました。
でも七年前に亡くなった父は一度も夢に出てきてくれません。
少し寂しい気がしています。
[ 2009/01/26 01:09 ] 花姥 [ 編集 ]
しーちゃんのおじいさんもとても素敵な方だったようですね♪

私自身は亡くなった人が夢の中に現れるという経験はないのですが、大切な人を亡くしたことがないからなのかもしれません。 「こっち」の世界と「あっち」の世界はつながっているように思うので、ぜったいありえるよな~と思いながら今日の記事を読ませてもらいました。

私のブログへのコメントから、ノラドラさんは毎日お忙しくすごされているようですね。 関西も寒いことと思いますが、どうぞ心と体の健康には十分に注意してお過ごしください♪
[ 2009/01/26 05:20 ] Kaz [ 編集 ]
しーちゃんもとても素敵ですが、ご家族の方も素敵なのですねえ。おまけに住んでいる地域まで、なんて素敵なんだ~。
ご馳走するときの言葉も、相手に気遣いさせないような言葉を選んでいるようで、すごいなあ。

「歳をとったらみんな仏のような善人になる」って、つい最近まで思い込んでいました~(笑)。穏やかなおじいさん、おばあさんばかりじゃないのですよねえ。いじわるばあさん(マンガ)もあるくらいですし。
自分も素敵な、かわいいおばあちゃんになりたいなあ、なんておもったりします。
[ 2009/01/26 15:01 ] doshi [ 編集 ]
>如月さんへ

ご訪問ありがとうございます(^-^)。メジロの写真の方ですね。またよろしかったら見て下さいね。(^-^)。


>ぴーなつ母さんへ

こういうお話は人それぞれ考え方も違うので難しいのですが、ぴーなつ母さんは感覚的に同じみたいですね(^-^)。
おばあ様が夢に出てこられるんですね。確かに夢の中では生きていると思って話しているんでしょうね。
夢って不思議ですよね。
あとから考えるとあり得ないことが夢の中では普通に受け容れられるし…。
だから不思議な世界とつながるのかなぁ。


>ろーたすさんへ

続きものにするといたずらに期待させてしまいますね、スミマセン。。
私も幸せオーラのでているおばあちゃんになりたいです。
お母様がお姑さんの夢を…不思議ですね。神棚に話しかけるということは、お母様はそれが本当にお姑さんからのメッセージだと信じておられるんですね。そういう敬虔な気持ちって素敵だと思います。故人の夢をよく見る人と見ない人がいますよね。そういえば、父はすぐ下の弟の夢だけ見たことがないそうです。


>うさぽんさんへ

やはりうさぽんさんも、不思議なお話をすんなり受け容れてくださる(^-^)。嬉しいです。
私も感じのよい綺麗なおばあさんになりたいです。
続きものにしてしまうと、ちょっとした話なんですけど、やたら期待させてしまったかな(^-^;)すみません。。。


>けろっぴさんへ

しーちゃんのおばあちゃんにはお会いしたことはないので想像図なんですが(まだお元気です)、おじいちゃんは素晴らしい雰囲気の方でした。
おばあ様やピアノの先生の夢ですか…。みなさん、不思議な体験をされていますね。私自身は故人の夢をまだみたことがありません。(うわっ、ありました!!いい話ではないことを思い出してしまいました。怖くなってしまった…←気にしないでください)
そうですね、しーちゃんのおじいさんみたいに会いたい人と毎日夢でお話しできたらいいでしょうね。
続きものにすると、期待させてしまったかも。。。


>あびさんへ

お母様の体験、そして夢のお話、とても胸が苦しいです。
いつか、お母様も、光輝く美しい仏様になった姿のお母さんと会えるといいですね。夢の中でも。
そのとき、きっとその人がお母さんだと「わかる」と思います。
ある人から伺ったんですが、(顔は知らなくても)ご先祖様が光輝く姿を思い浮かべて祈ることはなによりの供養なんですって。そのイメージが伝わるとかで…。
祈りましょう(^-^)。


>花姥さんへ

本当に不思議で、それでいて温かい素晴らしいお話をありがとうございます。ずっと花姥さんを見守ってくれていて節目節目にその想いを伝えてくれたんだと感じました。おじいさんもおばあさんも、本当に花姥さんを可愛がっておられたのでしょうね。
お父様もいつかまた会えると思いました(^-^)。


>Kazさんへ

うふふ、やはり常連さんは波長の合う方だけに、こういうお話も抵抗なく普通に受け容れて下さいますね。
うれしいです。
私がもしカウンセリングでお世話になるなら絶対にKazさんのような方がいいです(^-^)。
いろいろなお心遣い本当にありがとうございます。Kazさんもおすこやかにね。(^-^)


>doshiさんへ

類は友を呼ぶなんでしょうか(ちょっと違うかな)、しーちゃんは親戚一同良い人ばかりだそうです。よく考えたら、このおじいさん、おばあさんの子供たちだからかな?
私も年をとったら上品でニコニコしたかわいいおばあさんになりたいです~。私の場合かなり精進が必要ですが…(^-^)。
いつもありがとうございます。



みなさん、いつもあたたかく、心のこもったメッセージ、とても奥深く手ごたえのあるメッセージを本当にありがとうございます。(^-^)
感謝感謝です。
[ 2009/01/26 20:25 ] ノラドラ [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ノラドラ

Author:ノラドラ
ようこそ、3世代5人家族の「ノラ家」へ。
両親around70、娘around40、そして新・中学1年生のマーくんです。
いいかげんに解散しないといけない家族構成はいつまで続くのか?!(こんなはずじゃなかったんだけど。)。
一家の次女(ドラ)が、なんてことのない日常を楽しみながら書いていきます。気軽にコメントしてくださいね。


profile-2.jpg

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。