スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

耐えられるか?大伯父さんの予知夢! 

こんばんは、ノラドラです。


♪今日~はたのしいひな祭り~♪

だというのに、スミマセン。。。うっかり「非日常」に踏みいれてしまいました。(^^;)


今日は昨日の続きで、祖父の兄・あきさまのちょっとヘビーな夢についてです。


別に怪談のような怖い話ではないので、安心して読んで下さい。


ただ、私たちがその立場になったら耐えられるか?

と考えさせられるような夢です。





今日は切らずに一気に行きます。






では、どうぞ。








story209-11.jpg







もっと怖い夢とはどういう夢なのか。







それは…



あきさまが50代のはじめごろのこと…






storu210-1.jpg




やがて…







storu210-2.jpg













storu210-3.jpg


(ギャーッ…)








storu210-4.jpg








storu210-5-1.jpg

奥さんはそのあとすぐ、病が見つかり、

それこそ急死というくらい、あっという間に亡くなったそうだ。



妹のりょうさまは、伴侶の死を夢で知ることはなかったようだが、

あきさまは、知ってしまったことになる。






その後…


あきさまには4人の娘がいたので、母親が必要だと周りにも勧められ、

本人もそのつもりになっていたらしいのだが…






そんなある日…







storu210-6.jpg


数年前に亡くなっていた父が現れ…















storu210-7.jpg




…と告げた。












storu210-8.jpg


あきさまは、この夢を、何度か繰り返し見たという。


そして、父の言いつけどおりに、最後まで独身で通されたそうだ。











 でも、これだけじゃないのだ! 





それから…





storu210-9.jpg










storu210-10-1.jpg


この夢で、あきさまは自分の死期を知ることになる。


この夢は、親戚ならみんな知っている有名な夢で、


まだ、あきさまがお元気な頃から、その話は私も聞いていたくらいだ。





そして






storu210-11.jpg

子供の頃に正装をして連れて行かれた母の実家。

その観音様のお寺に、正装をして外套をはおり、毎日お参りをしていたそうだ。


そして、いつも微笑みをたたえて、穏やかに過ごされていたそうだ。





そして





storu210-12.jpg

お葬式用の自分のきれいな写真もちゃんと用意して…






storu210-13.jpg






storu210-14.jpg



観音様からの帰った後、「少し疲れたから昼寝をするよ」と言って、


そのまま眠るように穏やかに旅立たれたそうです…




きっと父が約束通りに迎えに来たのでしょうね。



ー完ー

結びつきの強い親子だなぁ…

↓よろしければ応援クリックしてね。(^^)↓
botton87.jpg  



botton85.jpg  botton86.jpg



怖くはないけど。そんな夢を見たあきさまが気の毒です。大切な人の死期を知るなんて('_')
それでも信仰の気持ちがあったから穏やかに天寿を全うされたのでしょうか。こんな表現が許されるなら・・・カッコイイ方ですね。

[ 2009/03/03 21:46 ] ろーたす [ 編集 ]
生きてる人で死んだことある人はいないけど
死を知っている人はいるんですね。
私は死ぬのが怖いですよ。まだまだ精進が足りないってことですね。
いいです。もっとずっと修行してますよ。だからまだ迎えに来ないでくださいv-221
とりあえず ポチリっと・・・
[ 2009/03/03 21:48 ] おかみっちょん [ 編集 ]
おぉ~と思わずつぶやいてしまいました。
お迎えがくるのを夢で知るとは...。
お告げってあるんですね~。
それでも穏やかに生活され、素敵だと思いました。自分が窮地に立たされたりしたら、見習いたいものです。

夢のお話しも面白かったです。
[ 2009/03/03 21:49 ] うさぽん [ 編集 ]
すごいお話です。普通の人には受け止められないですね。。
死については、常日頃色々と考えていますが、自分のことは考えられても、家族のことは尋常でいられないと思います(>_<)
そもそも私と比べている時点でずれていますが(笑)ノラドラさんのご先祖様のお話を拝見すると、背筋は伸び、気持ちは穏やかになります!不思議です(^^ゞ
[ 2009/03/03 22:15 ] ぴーなつ母 [ 編集 ]
すすすごい話ですね!!自分の死期を知らされたのは、自分ですべて準備するためだったんでしょうかね…お告げを受け入れ、しっかりこなしたあきさまはすごい!しかも毎日穏やかになんて。そんな夢見ても普通は「えぇ!?」って動揺てしまいますよね。そして私ならそんな大事なお告げも二度寝して忘れてしまいそう…
私も精進が足りませんね!!v-356
[ 2009/03/03 22:56 ] Nekokawa [ 編集 ]
このような達観された方々はあの世もこの世もないんでしょうねえ。信仰の力ですね。なんの迷いもなく生きられるというのは凄い事です。
[ 2009/03/03 23:16 ] ねこきち [ 編集 ]
人の死を予知する夢を見るという話は聞いたことがありますが
自分の死期をずいぶん前から、しかも父親から知らされるなど
まったく予想もつきませんでした。
死を恐れていると怖いかもしれませんが、私は羨ましく思いました。
不謹慎ですいません(^_^;)

ですが、自分の死期が早めにわかると案外「どう生きるか」を
自分で決められるような気がして…
人は生まれた時から死を最終目標に生きていくわけで、
どう生きるか、どう死ぬか、をテーマに過ごしていると
思います。
今はまだ若いからとハメを外して無駄に己を潰していると
数時間後に命を落としてしまったり…
先が見えないから面白おかしく生きれるとも思いますが
私はタイムリミットがいつなのか、わかるものなら知りたいです。
最期の最期まで無駄なく自分のできることを
大事な人たちに遺して逝くために。

それにしても、りょうさま、あきさま、よっさまと、
お祖父様のご家族は「さま」で呼ばれるんですね(^-^)
なんだかそれだけでも別世界です。
[ 2009/03/03 23:49 ] あび [ 編集 ]
私は自分の死期がわかったら、すべき事に向かって
充実した生活を送りたいです。
まずは、残されるであろう猫の行く末が気になります( ー_ー)
人間は、どうにかなるからいいでしょう(笑)
去年、私の母が亡くなって初七日の夜、夢に出てきました
「死んでないから・・」と。
きっと傍にいるんだと思っています
あ、関係ない話で失礼しました<(_ _)>
[ 2009/03/04 00:20 ] はな [ 編集 ]
こんばんは
このご家族は人生を達観されていたのでしょうか。
みなさんしっかりした考えをお持ちだったのですね。
ここまで完璧ではありませんが、わたしの祖父母とその子ども達にも、不思議なことが間々有ったようです。
「親の思い 壱 」07.12.09~にその内の一つを書いています。
機会が有ったらご覧になってみてください。v-238
[ 2009/03/04 00:51 ] 花姥 [ 編集 ]
それにしても、みなさんすごい能力の持ち主ですね!
自分にそんな能力が全くないので、憧れます~。
でも、もしそんな夢を見たら冷静ではいられないなぁ。
それを冷静に受け取れるぐらいの器がないと、
そういう能力は持てないのかもしれませんね。

それにしても、あきさまカッコイイ!
[ 2009/03/04 09:25 ] みかん [ 編集 ]
凄すぎる!
でも、自分の死期は私も知りたいかも。そのゴールまでに自分の目的を果たす目安になるから。
でも奥様の死期を告げる夢はちょっと…もう少しオブラートにくるんだ感じでお知らせしてくれればいいのに…ね…
でもホント凄い能力だよね~!
ドラさんはイラストの方に能力を使ってるから、そういった方の能力はなくなったのかな?
[ 2009/03/04 09:44 ] 萬田らむね [ 編集 ]
妻の死期を告げる夢は軽くトラウマ級のホラーじゃないですかv-12
でも自分の死期を知って、それを受け入れるってあきさま凄いですね。
カッコよいです
[ 2009/03/04 10:46 ] ブチ [ 編集 ]
もし身近な人の死期がわかる能力が
今の自分に突然身についたら変になりそうです~
ひいおじいさまの家系の方はすごい方ばかりですね
特にあきさまは…(外套姿がかっこいいです(*^_^*))
ドラさんが見ないのはきっと別な能力が備わっているんだと思います(^^)
ひとつ確実なのは人を惹きつけるこのブログですよ♪
[ 2009/03/04 11:26 ] あでりー [ 編集 ]
お久しぶりです。一気読みさせてもらいましたよ♪実は・・・義母が占いで、
「今年中、ダンナに気をつけなさい」と言われて、少しずれてますが、義父が倒れたんです。こちらでは、当たり前のように、「何歳で死ぬ。」という占いをしてもらうんです。
わざわざ占ってもらうのは私は反対だけど、予知能力のあるっていうのは、不思議だけど分かるような気が・・。
そういう力がない私ですが、余り知らない叔父さんがなくなった日に私の夢に出てきたことが今まで二回あるんですよ。 ただ、そういう能力ってこわいですね~。運命とか縁とか、なんだか分からないものに支配されているように感じる昨今です。
[ 2009/03/04 14:20 ] jicojico [ 編集 ]
あきさまも、不思議な経験をいろいろされたのですね。(ToT)こけしの夢も、お父様の夢も、すごいですね…(ToT)ご自分の最期に備えて準備され、ニコニコと心穏やかにすごされていたというのも、なかなかできないことではないでしょうか…私の知り合いのおじいさんも、ご自分の最期を悟られていたのか、まず車を処分し、身の回りの物も整理されていて、ぽっくり亡くなったそうです。見習いたいです…(^-^;)
[ 2009/03/04 16:39 ] けろっぴ [ 編集 ]
こんにちわ。
私も怖いです!すごいですね~!
きっと私が死期の予知夢を見たら、慌てふためいて大騒ぎしちゃいます。
あきさまは静かに受け止められて、きちんと身辺整理して、落ち着いてその日を迎えられたんでしょうね・・・
偉大な方だ・・・

ノラドラさんもその血を継いでいるということは、
これから目覚められるかもしれないですね!
[ 2009/03/04 16:52 ] スー [ 編集 ]
ご無沙汰していました^^;
ちょっぴりPCの前に座る時間がとれませんでした・・・
ノラさん相変わらずお元気そうで安心しました((*´∀`))
[ 2009/03/04 19:28 ] [ 編集 ]
今日は久しぶりの完全なお休みをいただいたノラドラです。たまにはいいですよね。膨大な画像もバックアップをまるでとっていないし、データ整理もたまにはしないとね。

みなさん、たくさんコメントをありがとうございました。みなさんからのメッセージがなかったら、きっとブログは続かないと思います。こうやって温かい反応をいただけるので、ほっとしたり、勇気づけられたり、自分が気付かなかったことまで深く考えさせられたり、みなさんの体験を知ってまた驚いたり、私もとても楽しいです。
ありがとうございます。


>ろーたすさんへ

最初のコメント、ありがとうございます!この記事、コメント難しくなかったですか?(^^;)
私も、記事自体は怖くないけど、あきさまの状況はある意味怖いです。
自分のことならともかく、奥さんの夢は辛いですよね。
でも、カッコイイと言っていただけてよかったです。かくありたいものですねー。(^^)


>おかみっちょんさんへ

私もまだまだ修行が足りないのでもっといろいろなことを乗り越えてからにしたいです。ということは、怠らず精進しないとなかなか変われませんよね~。人間ってよく考えたらそんなに時間がないのかも(^^)。
修行しましょう、お互いに(^^)
ポチリありがとうございます。
私もポチリしてますよ♪


>うさぽんさんへ

いつもありがとうございます。
私も見習いたいけれど、もしかすると子育てもすべて終えて自分としては十分生きたからこそ得られる境地というのもあるのかもしれません。もちろん信仰の力でしょうけど。
私たちもその時点で自分たちに合った試練が来たときに少しでも強くなれるよう頑張りたいですよね。あたたかいメッセージありがとうございます。(^^)


>ぴーなつ母さんへ

わかります。自分のことは案外受け容れられるかもしれませんが、自分以外の大切な人の時だともっと辛いかもしれません。背筋は伸び、気持ちは穏やかに…なんていいお言葉でしょう。
ありがとうございます。それって理想の姿ですよね、私もそうありたいです。(^^)


>Nekokawaさんへ

わあい、久しぶりに書いて下さってありがとうございます。
すごいと言っていただけてうれしいです。Nekokawaさんったら、書き方が面白くて楽しく読ませていただきました。二度寝で忘れるって、笑っちゃいましたよ。十分大物!(^0^)



>ねこきちさんへ

ありがとうございます。信仰心の強い人は、仏教の場合は極楽を確信しているから怖くないんでしょうね。
先祖の理想の臨終の姿を聞いて育ってきたので私も憧れるのですがまだまだ精進が足りない俗物なのでもっと成長したいです(^^;)。


>あびさんへ

いかに死ぬか、ということがあびさんの自然なテーマであることは以前にも伺いましたが、本当に自分の生き方の中心になっているんですね。あびさんは真剣に生きておられてすごいなと思いました。
全然不謹慎ではないですよ。私も10代のころは自分は地獄に落ちるのではないかとずいぶん悩みましたが、今はさほど死が怖くなくなりました。
だから、あびさんのおっしゃっていることはわかります。
もし病気なら準備のために告知もしてほしいなと思ったりします。
けれど、私の場合は実際そうなったときはきっと達観には程遠いだろうなぁとも思います(^^;)。

祖父の兄弟は、なぜかお互いを「さま」で呼び合っていたので子供の頃から祖父の兄弟は「さま」で呼ばなければいけないんだと自然に身についていました。んー、祖父はおぼっちゃんだったんですかね…よくわかりませんが。今はまったくふつうの人ですよ。


>はなさんへ

うーん、はなさんも不思議な体験をされている方ですね。
お母さまのお話、すごいです。
「死んでないから。」とても奥深いお言葉ですね。私も魂は不滅だと思っているので自然に理解できます。場所も時間も超越してはなさんとともにいらっしゃるんだと思います。
はなさんも達観された強い方だなぁ。。。(^^)



>花姥さんへ

メッセージありがとうございます。嬉しいです。私もなかなかそちらにコメントは残せていないのですが伺っています。花姥さんも身近なところに不思議なことを経験されていますね。
このあと、そちらにゆっくり伺いますね(^^)。



>みかんさんへ

あきさまファンになってくださってありがとうございます(^^)。子供ながらにいつまでも青年っぽくて爽やかで背が高くて男前で、素敵な人に見えました。みかんさんのおっしゃる通り、そういう能力と背負わされる責任はセットなのかもしれませんねー。


>らむねさんへ

らむねさんも、死期を知りたいタイプなのね。らむねさんの前向きな性格からしてわかる気がします。ここに来て下さる方にはそういう前向きな方が多いなぁ。(^^)
私のイラストはいいかげんなので、能力ってほどでもないんだけど、たぶん私の場合はそういうのを受け入れるだけの器がない=弱いんだと思います。
普通でよかったぁ~(^^;)。



>ブチさんへ

投稿してくださるのは初めてですよね、ありがとうございます。私もすでにそちらに伺っているのですが、コメントはなかな書けなくて(^^;)、ごめんなさいね。
すごいと言ってくださって嬉しいです。私もこけしの首コロリだけはどうもいかがなものかとひっかかってます(^^;)


>あでりーさんへ

曾祖父の家系は、まだすっごい人がいるんです。曾祖父の姉ですが、この人の話は書いていいのかどうかさすがに凄すぎて書けないかも。。。
まあ、能力は、それを受ける資格のあるタフな人に授けられるんだと思います。私になにもないのは、弱いから。
それにしてもあでりーさん、とってもほめ上手(^^)。
ありがとう~。温かいメッセージ、素直にありがたくいただきます(^^)。



>jicojicoさんへ

jicojicoさん、そうだったんですか。もう、びっくりしました。お義父さまのことで今、まだまだ大変だと思いますが、そういう予知はあったんですね…。
台湾というところは占いが盛んなんですね。何歳で死ぬって、普通に占うところが怖い!
それにしても、jicojicoさんも少し感受性が強いみたいですね。
もし怖がりでなかったら、能力を開花するところなのかも。
メッセージありがとうございました。


>けろっぴさんへ

知り合いのおじいさんも、あちらとなんらかの形でチャンネルがつながっていて、わかっていたのかもしれませんね。その人の生き方にもよるのかもしれませんが、きちんと生きてきて歳を重ねた人は、自然と心の準備は備わっていくのかもしれません。
まだ結婚や子育てなど奮闘中の年代はこの世の雑事に追われて、達観できないというのもあるのかも。
いつか達観した境地になりたいですね~(^^)。


>スーさんへ

けろっぴさんにも同じことを書いたのですが、まだ若いと、結婚や子育てなど奮闘中で、この世にしっかりと根をおろしているので、そのために達観できないというのもあるのかも。
歳を重ねるとある程度の心の準備は整う面もあるのかもしれません。
(自分もそうなってみないとわかりませんが)。
今なら、私も大騒ぎしますよ(^^;)。
私は能力は開花しなくていいです。。。
とにかく毎日をよりよく過ごせるように頑張りましょうね(^^)。


>TIKIさんへ

久しぶりですー。私も元気にしているかなぁと気になっていたんですよ。気配がないので寂しかったです。
私もTIKIさんが元気そうで安心しました(^^)。また顔を出して下さいね!


みなさん、どうもありがとうございました!
[ 2009/03/04 22:04 ] ノラドラ [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ノラドラ

Author:ノラドラ
ようこそ、3世代5人家族の「ノラ家」へ。
両親around70、娘around40、そして新・中学1年生のマーくんです。
いいかげんに解散しないといけない家族構成はいつまで続くのか?!(こんなはずじゃなかったんだけど。)。
一家の次女(ドラ)が、なんてことのない日常を楽しみながら書いていきます。気軽にコメントしてくださいね。


profile-2.jpg

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。