スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

おばあちゃん、ごめんなさい。 

こんばんは、ノラドラです。

非日常記事「曾祖父物語」に温かい応援ありがとうございます。

個人的な先祖のお話なんて、描いていいものかどうか迷っていましたが、
幽霊も妖怪も出てこないのに、みなさんには温かく応援していただいて
とても喜んでおります。(^^)
本当にありがとうございます。

一気に青年編を完結させたいところですが
昨日の記事でかなり消耗が激しく(笑)、
今日はちょっと間に合わないと悟り、
(下書きはできたけど、まだ色を塗ってないの…)


本日は日常をさしはさみます。(^^)







それは、ノラ母の、たまきおばあちゃんとの思い出。







story223-1.jpg


たまきおばあちゃんが、娘らしくなってきたノラ母の足を
褒めてくれたそうだ。







そして










story223-2.jpg


自分の衰えた足を出して、

 「こんなになってまったら、もうだめだわなも。」 


と静かに言ったとか。










でも…そのときは…







story223-3.jpg







月日は流れ…









story223-4.jpg


ノラ母はそう言ってあげられなかったことを

ずっと悔やんでいるそうな。




ー完ー


「おごれる春の美しきかな」って時代は、そういうことに思い至らないのよね…(^^;)。

↓ぜひ応援クリックしてね。(^^)↓
botton82-2.jpg  botton82-3.jpg


↓よろしければ…(^^)↓

botton82-4.jpg

ただいま色塗り中!明日も来てね!(^0^)

ノラ母様のお気持ち解りますよ~(/_;)
私も同じような後悔があります。
でも、きっとお空で笑っていらっしゃることでしょう!
それにしてもノラ母様可愛いです!!

昨夜は強烈な睡魔に襲われ、ノラドラさんのブログを読み終えて力尽きたようです。
記憶がありません(>_<)ひぇ~
気付けば4時でした!

ノラドラさんも無理しちゃだめですよ!
のんびり更新してくださいね!
[ 2009/03/18 21:29 ] ぴーなつ母 [ 編集 ]
残念な思いでしょうが、そういう一言を言ってあげればと気付いたノラ母様、素敵ですね。若いときのお母様、ほんと可愛らしいです。
[ 2009/03/18 22:16 ] うさぽん [ 編集 ]
うわ~昨日の記事読んでポチだけして寝ちゃったよ(^_^;)
出遅れました…。

今日の記事、いいですね~。
「この足はおばあちゃんからもらった」なんて
歳を重ねたからとは言え出てくる言葉じゃないなぁと
思いました(^-^)
たぶん私なら「おばあちゃんの足も白くてキレイよ」
くらいのありきたりな受け答えしか浮かびません(^_^;)
謙虚そうで実は心がないと言われそうな言葉の綴り方です。

ノラ母さんの言葉は優しくて柔らかいですね(=^▽^=)
[ 2009/03/18 22:34 ] あび [ 編集 ]
若いときはそれが普通でしょう。今そのときのことを後悔するノラ母様がステキですねー(^-^)
私なんかいろんな人の気持ちをふみにじってここまで生きてきたと思います。でもそれを許してくれなかった人、だれ一人としていないんですから、私もそんなふうに若い人を許したいと思うのですよ。

完結編の色塗り、ご苦労さまです!
[ 2009/03/18 22:37 ] ろーたす [ 編集 ]
毎日あれだけの記事をアップされていてお疲れだと思います。
こうやって日常をはさんでいくのも気分が変わってまたリフレッシュですね。
ノラ家の一大叙事詩をみてるようなシリーズ、とても楽しみです。
[ 2009/03/18 23:04 ] バルおばさん [ 編集 ]
子供の頃、親から言われた色んな事
自分が親の年になって気づきます( ; ゚Д゚)

記憶を辿って時々思い出す・・
きっと思い出してくれて有り難うと
言ってると思いますよ(^ー^* )
[ 2009/03/19 11:30 ] はな [ 編集 ]
たまきさんは年を重ねても女心を失わない素敵なおばあさんだったんですねえ。激烈曾祖父さんが惚れてしまうのも無理ないですね。ノラ母さんのきれいな足を見て、きっとたまきさんも誇らしく思ったと思いますよ。
[ 2009/03/19 11:36 ] ねこきち [ 編集 ]
こんばんは
若い頃は、自分のことで精一杯で、人のことが見えにくいんですね。
若さゆえの、あとから思い出すと冷や汗ものという話は誰にもあるでしょうね。
そういう経験が人をやさしくするのでしょう。
たまきさんはがっかりされたというより、ノラ母さまのかわいさに、微笑ましさを感じられたのではないでしょうか。v-238
[ 2009/03/19 18:27 ] 花姥 [ 編集 ]
若い頃ってみんな自分のことで頭いっぱいですよ。
それに 知らないことが多いんです。知らない「言葉」、知らない「行動」、知らない「方法」。
でも気づくことで許されるんですよ。
ノラ母さまは「あの時なんで言えなかったんだろう」とおっしゃいました。
その言葉はもうすでに たまきおばあちゃんに届いているんです。だからノラ母さまは許されてるんですよ。たまきおばあちゃんは いつもみなさんの側でニコニコしながらお話しを聞いていると思いますよ。
そんな気がしませんか?
[ 2009/03/19 18:53 ] おかみっちょん [ 編集 ]
>ぴーなつ母さんへ

うわぁ、ぴーなつ母さん、お疲れですね。それなのに、私のブログだけは見て下さって…。ありがとうございます。ちゃんと布団で正しく眠れたんでしょうか(^^;)。
私も同じような経験があります。
やっぱり若い時は経験不足で、まだまだ歳を経てわかることはこれからもいっぱいありそうです。


>うさぽんさんへ

自分で気付いたことが成長なんでしょうね。私もいっぱい失敗をしているからなぁ。。。どうもありがとうございます。


>あびさんへ

なにやらみなさん、お疲れのようで。
ノラ家を見たら眠くなるとか?(^^)
なるほど、そういう見方もあるんですねー。そういう考え方を教えて下さるあびさんもすごく素敵で優しい方だなぁと思いました(^^)。


>ろーたすさんへ

そうですね、私も「どうしてあんなことを…」ということはいっぱいあります。「私もそんなふうに若い人を許したいと思うのですよ」というお言葉、響きましたよ(^^)。
そうですね、許されているんですものね。(^^)



>バルさんへ

あたたかいねぎらいのお言葉本当にありがとうございます。
今回は話の内容はそれほどよくないのに、苦手分野だったので、大変でした。いつも優しく受け止めて下さって感謝感謝です。(^^)


>はなさんへ

今日のはなさんのお言葉、まるでそのまま詩になりそうです。
優しい響きですね。(^^)


>ねこきちさんへ

ねこきちさんのメッセージにも、なにやらほろりとしました。(^^)
優しいメッセージありがとうございます。



>花姥さんへ

そうですね、失敗するから思いやりもできて、優しくなれるんですね。
これまた、なんという優しいメッセージ。みなさんのメッセージに癒されます。(^^)


>おかみっちょんさんへ

そうですね、私もいっぱい失敗しました。気づくことで許される…。
温かいお言葉をありがとうございます。そう思います…。



人って温かいなぁとしみじみ思いました、みなさん、ありがとうございます。
[ 2009/03/19 21:59 ] ノラドラ [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ノラドラ

Author:ノラドラ
ようこそ、3世代5人家族の「ノラ家」へ。
両親around70、娘around40、そして新・中学1年生のマーくんです。
いいかげんに解散しないといけない家族構成はいつまで続くのか?!(こんなはずじゃなかったんだけど。)。
一家の次女(ドラ)が、なんてことのない日常を楽しみながら書いていきます。気軽にコメントしてくださいね。


profile-2.jpg

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。