スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

独りの苦悩。そしてついに師匠・しーちゃんの元へ! 

こんばんは、ノラドラです。

ご訪問ありがとうございます。

また、何人もの方が体調のことで心配して下さって、本当にありがとうございます。

今日もまだイマイチなのですが作り出したらなぜか

できてしまい、やっぱり更新してしまいました(^-^)。

あたたかいメッセージ、とてもありがたくて力をいただいています。

本当にありがとうございます。




しーちゃんシリーズ第4話です。初めての方は

1.「ドラ、しーちゃんに弟子入りする」シリーズ開始!

2. 「いよいよ、しーちゃんに弟子入り、その前に。」からどうぞ。

3. 「あれ?しーちゃんと一緒じゃないの?」
からどうぞ。



 (初めての方は、どうしてお掃除をしているのかわからないと思うので、
まずは「こちら」からさかのぼってみてね。)



さて、続きです!




まずは、一人で初めての山を掃除することになったドラ。


一番困ったのは、足場の悪さ。

常に斜面で、木の葉が積もり、足が沈み込んで

とにかく常に体勢が不安定で予想以上に疲れるんです。

燃えるゴミ用と燃えないゴミ用のゴミ袋を持って

動くだけでもかなりキツイ。

もっと効率的な方法はないのか…と悩みました。


この後で、普通の道路も掃除するのですが、

足場が平らだということはなんと作業がしやすいのかと

感動しました。




しかも、山って…




story266-6.jpg

山は、細かいところを見ていたら…おぞましい…


足に蟻が登って来て、ウワーっと思いました。





そして





story266-1.jpg

何度枝が顔に当たったか。(しーちゃんも当たったそうです)

手袋と割烹着の間の腕に枝がこすれて結構痛くて。





缶だけでもいっぱい。



そしてその缶…





story266-2.jpg

いったい何年前の水だろう…おぞましい。。。

信じられないくらい古い缶がたくさんあります。




ペットボトルもたくさん。



しかも、ほとんどが空っぽではないのよね…。




story266-3.jpg


例の「恐怖のペットボトル」 じゃないだろうね…?








story266-4.jpg


おしっこではないと信じて…


缶とペットボトルはこの繰り返し。





困ったことに汚水を捨てた場所をまた自分が通ってしまい

足が沈み込んで、真黒な汁でスニーカーを

汚してしまうんですよ。捨てていい靴で行かないとだめですね。



こうして缶やペットボトルを拾っていると





story266-5.jpg


異臭が…。。。。




しかも、へんなゴミも多いのだ。。。


story266-7.jpg

お、おぞましい…

結局燃えるゴミとして拾うのですが、

見ただけで「うっ…」と怯んでしまう初心者、ドラ。




私はこの日、本気で

ご遺体を見つけてしまうのではないかと

思っていました…。

(見つけませんでしたが…)




山のゴミはすべてが朽ちていて、

街のゴミとは全然違い、あまりの

おぞましさに呆然とすることが

何度も。





それに疑問もいっぱい


story266-10.jpg

ゴミ袋ごと捨ててあっていろいろなものが混在しているのは

どうしたらいいんだろう?とか

(人のゴミを開けて、一つ一つ見たくない、触りたくないのが本音)



道から5,6mの範囲のゴミを拾うと決めても際限はなく


埋まっていて地上に少しだけ顔を出しているゴミはどうすればいいんだろう?


大型ゴミは持てそうにないので、どうすればいいのだろう?

などなど、


初心者ドラは、すべてを見ては、すべてに悩んでいる有様。

自分では、一生懸命頑張って2倍速くらいで動いているつもり

なんだけど、あまりのことに、呆然とする時間があるのだ。




それでも、頑張って拾っては


story266-8.jpg

斜面を上がって道に置きに行く。

これが重労働なのだ。


汗びっしょり。ゼーゼーハーハー言ってました。




story266-9.jpg


7袋くらい上げたところでもう腰が痛いのなんの。





道に上がるともう、山に降りたくないんだけど、

勇気を出してなんども滑り落ちながら戻るのだ。




そこで、またへんなゴミ袋発見。




story266-11.jpg



だめだ、上げられない。。。






story266-12.jpg













story266-13.jpg


タ、タイヤなんて、私、上げられない!


あ、あの数!

に、人間業じゃない!!







story266-14.jpg













story266-15.jpg



師匠の元へ走りだすドラであった。








数十メートル先のしーちゃんのところに着いて、


最初は、疑問に思っていることを質問をしてみた。




すると


story266-16.jpg

しーちゃんは、すべてのゴミを拾っていた。




そして






story266-17.jpg












story266-18.jpg

ついに、ここから、しーちゃんとの作業が始まった!


ーつづくー


お待たせしました。早くしーちゃんを登場させたいから
今日は頑張ったよ!(^-^)

いつも応援ありがとうございます。(^-^)
↓                    ↓

botton36-7.jpg    botton32-5.jpg


初心者ドラの動きを覚えておいてね。

botton86-2.jpg 

本日もバナーを変える馬力がないのでこのままで…。




記事の内容と、具合が悪いのに更新してくれたノラドラさんに泣けてしまいます(>_<)
ノラドラさんとしーちゃんの思いがブログから伝わってきましたよ(/_;)
私はこちらで頑張ります!!
身体を休めてくださいね(ToT)/~~~
[ 2009/05/01 23:01 ] ぴーなつ母 [ 編集 ]
ノラドラさん、初めまして。
最近このブログを知りました。面白くて興味深くて、もう一気に最初から読んでしまいました。

ドラさんご本人をはじめ、曾祖父様などのご家族も、そしてこのしーちゃんも本当にすごい!
上手い言葉が見つかりませんが、本当に人としての「力」のある人なんだなあと思います。

お掃除のお話、とっても興味深いです。
続きが楽しみです。
私もちょっとずつ、道の掃除をやってみようという気持ちになってきています。でもまずは自分の部屋をもっと綺麗にすることから…かも。
[ 2009/05/01 23:01 ] スノウ [ 編集 ]
わたし、友達の趣味につきあって山登りしたことがありますが、ふもとで登山道をはずれたところでゴミ溜まってるの見たことあります。
ビニールが埋まってたりペットボトルやらが土色にかわってて濡れてホント汚いんですよね。
見えるよりずっとゴミ量も多いでしょうし、重いでしょうし、そんなゴミを拾って分別までして…ほんとうにスゴイ!
こんど登山したときは自分のゴミを持ち帰るだけでなく、私も持ち帰れる分くらいだけでも拾って帰ろう。やれること実践していこう、本当にそう思いました!
[ 2009/05/01 23:32 ] カメジェンヌ [ 編集 ]
しーちゃんは大体そんなふうにやってるだろうとは思ってましたが、タイヤも運び上げてるんですもんね・・・どんな体力だ(゚∀゚ ;)
ノラドラさんも、よくぞ泣かないでがんばったね。でも、本番はここからですよね・・・うう(-_-;)

さあ、GWですよ。しっかり風邪を治そう!!
[ 2009/05/01 23:36 ] ろーたす [ 編集 ]
このゴミ拾いにおける躊躇、わかります~!
埋まってるものとか分別とか、ちょっと手間がかかりそうなものって判断を迷ってしまいますよね!
それにしても、ゴミのほうも気合いの入ったゴミがいっぱいだったんですね…おぞましい、という感覚もすごく伝わって来ます。放置されてただけに、負のなにかが寄ってきているような印象を受けました。
しーちゃんとの作業のようす、続きが楽しみです。

楽しみなのですが…
ノラドラさん、体調がすぐれないところ、ご無理をなさいませんよう☆
GW中、ゆるりとおやすみくださいね!
[ 2009/05/02 00:14 ] 雪かのこ [ 編集 ]
想像以上でした!!
凄まじいですね、山……そしてなんだか切ない気持ちになりました(;_;)
ノラドラさん、本当にお疲れ様でしたm(。_。*)m
この間テレビで見たんですけど、どこかの県の国道では、「鳥居」を設置したらゴミを捨てる人が減ったそうです。
いい考えですよねo(⌒-⌒)o
そんなことをしないといけないってことは悲しいですけどね…
そうそう、私、とうとう火バサミとホウキとチリとりを買いました!!(ベランダもないような安アパートなので、ホウキもチリとりも持ってなかったのです;汗)
しめて、ダイソーで300円☆(笑)
道を歩いててゴミが落ちてると、今度拾ってやるからな♪って少しワクワクしてしまっている自分がいます(^。^;)綺麗な方がいいんですけどね…
また何か進展したら、勝手に報告しま~す(≧m≦)(笑)
次回の更新、楽しみにしていますが、無理はなさらないで下さいね(´▽`)
[ 2009/05/02 02:36 ] うるま [ 編集 ]
山のゴミって歳月の経ったものも沢山あるんですね。それに分別も困難で、拾ってないのに、大変さが伝わってきます。

いよいよしーちゃん登場ですね。しーちゃんのパワーに驚かされそうです。

[ 2009/05/02 07:17 ] うさぽん [ 編集 ]
お体の具合どうですか?どうか無理なさらずに・・・。

ドラさんやしーちゃんがそんな思いをしてまでゴミを集めて引き上げているなんて、なんだか切ない・・。私も何かしなければ!という気持になりました。

ゆっくりお休みくださいね!^^
[ 2009/05/02 07:54 ] Mu [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2009/05/02 10:46 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2009/05/02 12:12 ] [ 編集 ]
しーちゃんを探すノラドラさんを見て、せつなくなりました。ほんとに、よく頑張っていらっしゃいます。もう、ゆっくり休んでくださいね。お体が第一です。(私は好きで書き込んでいるのだから、返事のレスなんて気にしないでね。)
[ 2009/05/02 20:23 ] Excellent [ 編集 ]
凄まじいですね!!すべてが驚きです。
あれだけのゴミを一人で集めたしーちゃん、本当にすごいです。
もう尊敬しちゃいます。
ノラドラさんもよくがんばりましたね。素晴らしいです。
次はいよいよ、しーちゃんとの作業ですね。楽しみです(^_^)
お身体は気をつけてくださいね。

[ 2009/05/02 21:30 ] cowslip [ 編集 ]
不法投棄って無法状態だから常識を越えているでしょうね。
自分の手を放れたものは責任がないと思うと、お金がかかるものや
分別が面倒なものが棄てられてしまうんでしょうか。
私も完璧な分別はできてないので人様を責めることはできません(^_^;)

それにしても文章を読んでいるだけでも凄まじさが伝わります。
拾うだけじゃなくて、その地を歩くのも、集めたものを運ぶのも
全てが大変なんですね。しーちゃん、そんな凄まじくて怖い場所で一人作業してたんですね。
足を取られたり怪我をしたりしたら心細いでしょうに…
突然上から大きなゴミが投棄されてきて怪我なんてしないかしら…
先にそんなことを考えてしまいます(・_・;)
強い意志がないとできない場所ですね。
すごいな、しーちゃんとノラドラさん。
[ 2009/05/02 21:36 ] あび [ 編集 ]
やはり、ここでないとお返事が書けないので、書いちゃいます。
だって、人さまのところに行ってまでこの内容は書けないんだもんー。
結局、私も書きたいんですね。(笑)


>ぴーなつ母さんへ


いつも心配して下さって、お心遣いありがとうございます。
もうぴーなつちゃんとゆっくり過ごされていますか~?
私も睡眠不足が解消されてきたので、きっとこれからはどんどん元気になるでしょう。
いい休日を過ごして下さいね。(^-^)



>スノウさんへ

初めまして!スノウさんのメッセージに元気と勇気をいただきました。嬉しかったです。
そうですね、「人」としての力のある人になりたいですね。
私もほんの一歩を踏み出したばかりなので、よかったら、一緒にはじめましょう。(^-^)
私も部屋の掃除もがんばりますから。
これからもよろしくお願いします。



>カメジェンヌさんへ

すごく心あたたまるメッセージをありがとうございます。嬉しいです。本当に、いろいろな方の情報からして、山って、ごみだらけなんですね。
困りますよね。こんなことをしていたら、みつばちだって減るし、へんなウイルスもでてくるかも。。
でも、山のゴミは、人のものまで持ち帰らなくてもいいと思いますよ。
一斉クリーンデーみたいなものを自治体でつくれば、行政はすべてゴミを持って行ってくれるそうです。そういう方法をつくっていくといいかも。
いま、考えてます。




>ろーたすさんへ

はい、内心、泣きそうでした。
山、それだけで、心細いですが、本当にゴミが物理的、心理的におぞましいんです。
しっかり体調を整えます。睡眠はかなりとるようになりましたので、よくなるはず。(^-^)
いつもありがとうございます。



>雪かのこさんへ

うんうん、本当にためらりばかり。基本的に汚いものへの抵抗が強いんです、私。いわゆる「あかんたれ」。おぞましかったです。マイナスエネルギーの巣窟でした。心配して下さってありがとうございます。早く体調を整えますね。(^-^)



>うるまさんへ

おおお、火バサミとホウキとチリとりを!わあい、ゴミ拾い一緒にしましょうね。わくわくします。
私もどうすれば、不法投棄が減るか考えましたが、やはり山は神域だという観念を復活させるのがいいかも、と思いますね。
うるまさんの報告お待ちしています。お掃除記事じゃなくてもどんどんしてね。(^-^)


>うさぽんさんへ

私は恐怖心が強くて、汚いものが苦手なので、山のゴミは本当にキツかったです。。
いつも心配して下さってありがとう。うさぽんさんもいい休日をすごしてね。


>Muさんへ

せつないだなんて、ううう、恐縮です。確かに、山って人間の力の及ぶ領域じゃないのでとても心細いです。
一度現場を見ると(知ってしまうと)なんとかしなければ、って思いました。
いつもありがとうございます。


>Excellentさんへ

お心遣いありがとうございます。
私も好きでお返事を書いてしまいました。。(^-^)
山は全てが心細いです。やっぱり人間の領域ではないからでしょうね。
GW、どこでお休みしようかしら~。
でも、大丈夫、一日の半分は結構のんびりしていますよ。




>cowslipさんへ

うふふ、すっかり常連さん化してくださって、嬉しいです。
私はしーちゃんについて行っただけですが、もうね、一度現場を見たら、なんとかしないと!って意識が変わってしまいました。
いつもありがとうございます。



>あびさんへ

完璧な分別ができないくらいなら普通普通。不法投棄は一度やってしまったら、人間としてのなにかを失くして以後エスカレートするのかも。
あびさんの「怪我をしたら」「突然上から大きなゴミが投棄」に、私は「ほんまや~!!!」と一人で声を上げてしまいました。こわいですね~。
私は恐怖心が強いのですが、しーちゃんて、恐怖心も少ないんですよ。
私はあかんたれ代表なので、しーちゃんがいるからどうにかできただけです。。。


[ 2009/05/03 12:27 ] ノラドラ [ 編集 ]
メッセージありがとうございます。
お返事をしようと思いつつ遅くなってしまってごめんなさい。
関西圏でみんなでお掃除ができるといいですね。
私もちょうど考えているところです。機会があれば、一緒に掃除したいですね!(^-^)
いろいろありがとうございます。
[ 2009/05/03 12:29 ] ノラドラ [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ノラドラ

Author:ノラドラ
ようこそ、3世代5人家族の「ノラ家」へ。
両親around70、娘around40、そして新・中学1年生のマーくんです。
いいかげんに解散しないといけない家族構成はいつまで続くのか?!(こんなはずじゃなかったんだけど。)。
一家の次女(ドラ)が、なんてことのない日常を楽しみながら書いていきます。気軽にコメントしてくださいね。


profile-2.jpg

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。