スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

第二部開始!「悲しみを乗り越えて…」 

こんばんは、ノラドラです。

たくさんの方が見に来てくださって、とても嬉しく、

感謝しています。

昨日の記事「母への憧れ。」では、みなさんから温かいメッセージをいただき、

中には非公開で、ご自身のことを書いて下さったりして、

とても胸を打たれました。ありがとうございます。


さて、今日から第二部です。


初めての方は、第一部

1.新シリーズ開始!
2.曾祖父、新住職としてお寺に入る。
3.曾祖父の信念。
4.祖母の少女時代。
5.曾祖母の信念。
6.命をかけて…。
7.別れ。7.別れ。
8.母への憧れ 。



をご覧になってくださいね。(^-^)







さて、続きです。







story302-1.jpg







祖母たち姉妹にとって、母の死の悲しみはあまりにも
大きかったし、

曾祖父にとっても、最愛の妻の死の悲しみは
すぐには癒えるものではなかったはずだ。






でも、







story302-2.jpg




















story302-3.jpg











story302-4.jpg







こうして

その日その日を一生懸命過ごし、





story302-5.jpg











特に




story302-6.jpg


妻の死で気力が衰えることはなく、
一層信念に生きることで、悲しみを乗り越えようとしたのだろう。









また、











story302-7.jpg








「これを食べなさい。それと、これを着なさい。」








と言って







story302-8.jpg









こういう人柄の人であったから、


非常に周りに信頼が厚かったのだろう。









story302-9.jpg


曾祖父は快諾。





このことが、新たな事件を引き起こすこととなる。





ーつづくー



↓押していただけると更新の励みになります。(^-^)↓
botton40-7.jpg    botton82-9-3.jpg   


 
今日は休もうかな~と思いましたが、
頑張って描きました。(^-^)

次回もお楽しみに。

botton75-7.jpg



辛い境遇ですが回りの人たちの暖かいまなざしがあったのですね。ご家族とお寺にお勤めの方の強い絆を感じます。みんながんばって乗り越えたのですね。曾祖父さまも強い心の持ち主だったのですね。

次に読み進むのが辛くなりそうな雰囲気です。でももはやノラ家の日常・非日常なしの生活は考えられません。

落ち込んでいる日でも勇気と気力を与えてくれます。
ではまた、p
[ 2009/06/10 22:08 ] shimokawa [ 編集 ]
ほんとうにノラドラさんは

優しい人ですね。

今日の漫画を見て感じました。

何気ない内容ですが、

愛に満ちていて、

ノラドラさんが漫画を通して伝えたい思いが

とても感じられました。

今日も好き日に…。
[ 2009/06/10 22:46 ] ひろ [ 編集 ]
「道しるべ」という言葉が浮かんできました(^-^)
曾祖母さまは幼少から身につけてきたことや見聞きしてきたことを
まわりの方々へ還元されてたのかしら。
施すとか与えるとかの還元ではなくて身をもって示す形で。
亡くなってもまわりの方々が曾祖母さまの信念を理解して自分で考え
行動に移すことができたのも受け身で与えてもらっていてはできない事かも。
きっとたくさんの方々が曾祖母さまに感化され憧れたり目指したり
したことだと思います。

曾祖父さまのお話から始まったのに、ご夫婦でただ者じゃなかったのね!
[ 2009/06/10 23:09 ] あび [ 編集 ]
周りの人々が支えてくれたのは今までの曾祖父母様の行いがあったからこそでしょうね。
本当に温かいお話しです。
信念に生き続ける曾祖父様もご立派です。
きっとこのブログを通して、私を含め多くの方々が色々なことを学んでいるのだろうなと感じました。
[ 2009/06/11 08:58 ] cowslip [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2009/06/11 12:24 ] [ 編集 ]
おつかれさま

がんばって書き上げたら
どんな感じなのでしょう


[ 2009/06/11 14:17 ] HureaiペンションSHANTI [ 編集 ]
最愛の奥様・お母様を亡くされたご家族が心配でしたが、周りの方々の支えもあり、がんばってすごされたんですね。曾祖父様も、真に強いお方だったのですね。続きが気になりますが、ノラドラさんもくれぐれもムリなさらずにね。(^o^)
[ 2009/06/11 20:28 ] けろっぴ [ 編集 ]
せっかくの上昇気流が…
どうなるのか不安ですが。


すみません・・・更新が楽しみです
[ 2009/06/11 21:02 ] えれな [ 編集 ]
>shimokawaさんへ

ノラ家への温かい応援メッセージ、思わず、ブフッと照れ笑いをしましたが、すごくうれしいです。
私こそ、みなさんから勇気と元気をいただいていますよ。(^-^)


>ひろさんへ

ひろさんのメッセージを読んで、ええっと思ってもう一度、自分の描いた絵を見直してみましたが、うーん、、、それはきっとひろさんの優しい心のフィルターを通しているからそのように受け止めて下さっているんじゃないかなと思いました。
でも、とても嬉しいお言葉をありがとうございます。


>あびさんへ

あたたかくて、深いメッセージいつもありがとうございます。私も書いていて、曾祖父が主人公のつもりが、曾祖母も(が)すごかったんだなぁと気付かされました。
みなさんのおかげでいろいろ考えさせていただいてありがたいです。

>cowslipさんへ

みなさんのコメントを拝見していると、私も気づかされて学びがあります。曾祖父の人生悪いことばかりじゃないって思えます。
ありがとうございます。


>HureaiペンションSHANTI さんへ

ふたたびのメッセージ、ねぎらって下さってありがとうございます。
んー、頑張っても、日々の更新記事ですからこれで終わりというわけではないので、あんまりスッキリ感はないです。(^-^;)


>けろっぴさんへ

みなさんのメッセージを読んでいて、そういえば、曾祖父も悪いことばかりじゃなかったんだと気づかされるから不思議です。ねぎらいのお言葉ありがとうございます。

>えれなさんへ

いやいや、楽しみにして下さってとってもありがたいですよ(^-^)。


みなさん、いつもありがとうございます。
[ 2009/06/13 00:58 ] ノラドラ [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ノラドラ

Author:ノラドラ
ようこそ、3世代5人家族の「ノラ家」へ。
両親around70、娘around40、そして新・中学1年生のマーくんです。
いいかげんに解散しないといけない家族構成はいつまで続くのか?!(こんなはずじゃなかったんだけど。)。
一家の次女(ドラ)が、なんてことのない日常を楽しみながら書いていきます。気軽にコメントしてくださいね。


profile-2.jpg

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。