スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

身代わり。 

こんにちは、ノラドラです。

連日、たくさんの方に見に来ていただけて、とても感謝しています。

今、のんきな日常をはさむと大顰蹙なので、とりあえず、

このシリーズを落ち着くところまで連載します。




さて、

初めての方は、

1.第二部開始!悲しみを乗り越えて。

2.裏切り。



からご覧になってくださいね。(^-^)







さっそく、続きです。








掛け軸がなくなったという通報を受けて…



story304-1.jpg













story303-7.jpg

一同が息を飲んで見守る中で












story304-2.jpg

曾祖父は、刑務所を出た若者たちや小僧さんたちに

問いただしたりすることも、

警察官に釈明をすることもなく、

ただただ


「すべては私の責任です。」


と語ったそうだ。














そして…










story304-3.jpg












story304-5.jpg












story304-4.jpg














story304-6.jpg












story304-7.jpg















story304-8.jpg




さあ、どうなる?!



ーつづくー



↓続きが読みたい♪と思って下さった方は押してね。(^-^)↓

botton30-2.jpg    botton30-1.jpg   



次回もお楽しみに。

botton30-3.jpg




腹が据わるというか覚悟の程がすごいです。隠した人の心に何よりも響く行為だと思います。嘘がないってこういうことを言うのですね。心底感動します。娘さんたちはつらかったでしょうね。それと隠している人はどういう思いをもって連行されるところを見ていたのでしょう。心が届いていますようにと願わずに入られません。

次はどうなるのでしょう。
ではまたp
[ 2009/06/13 12:23 ] shimokawa [ 編集 ]
娘さん達の気持ちも、曾祖父様の気持ちも、胸が痛くなります。

心の広い曾祖父様に、何だか自分が恥ずかしくなっちゃいました。
[ 2009/06/13 16:17 ] うさぽん [ 編集 ]
問いただしたりせずに、身代わりになられたのですね。犯人たちは、どんな思いで見ていたのでしょう。娘さんたちは、どんなにお辛かったことでしょうね。(ToT)続きがちょっと怖いです…(>_<)
[ 2009/06/13 17:56 ] けろっぴ [ 編集 ]
自分で罪をかぶった曾祖父様のお気持ちは解ります。
でも、でも、でも・・・・・
どうかこのままで終わらないでほしい!
盗ってしまった人が、曾祖父様にだけでも謝ってほしい(>_<)
続きは明日まで我慢ですよね?
苦しいですよ~(T_T)
[ 2009/06/13 21:12 ] ぴーなつ母 [ 編集 ]
信じていたのに裏切られた思いよりも、
曽祖父様はこんな状況でもきっと自分を責めていられたのでしょうね。
でも絶対盗んだ人はやがて改心して掛け軸を返しにくると思います(そう思いたい)
[ 2009/06/13 21:30 ] バルおばさん [ 編集 ]
多くを語らず、他人を信じ、自分を信じ、犠牲の心… 曾祖父様は漢(おとこ)ですな。
続きが見たいとドラマか小説の様に思ってしまうのですが、現実にあったことなのですね。色々と考えさせられます。
[ 2009/06/14 09:44 ] オカチン [ 編集 ]
どれだけショックだったのかと考えると胸が痛くなりますね。

でもって信念を貫いて…
信じる姿…
涙が出ます。
[ 2009/06/14 12:21 ] えれな [ 編集 ]
>shimokawaさん
>うさぽんさん
>けろっぴさん
>ぴーなつ母さん
>バルさん
>オカチンさん
>えれなさん


みなさん、いつも温かいお言葉ありがとうございます。

きっと、曾祖父は裏切られたことは恨んではいなかったと思うのですが、すべて己の中に飲み込んでしまったことについては、正しいのかどうか、実はひ孫の私もよくわからずに描いています。だって、真実を明らかにしないと、掛け軸は持ち主さんには返らないし、本人につぐないをさせないとだめなんじゃないかなぁなんて、凡人ドラは思ってしまうわけですよ。
でも、shimokawaさんがおっしゃるように、一番盗った本人の心に響くのかもしれませんね。

みなさんが曾祖父を褒めて下さるので温かいみなさんの心に救われるような気がします。
きっと曾祖父の供養になるような気がします。
みなさん、本当にありがとうございます。
[ 2009/06/14 20:29 ] ノラドラ [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:ノラドラ
ようこそ、3世代5人家族の「ノラ家」へ。
両親around70、娘around40、そして新・中学1年生のマーくんです。
いいかげんに解散しないといけない家族構成はいつまで続くのか?!(こんなはずじゃなかったんだけど。)。
一家の次女(ドラ)が、なんてことのない日常を楽しみながら書いていきます。気軽にコメントしてくださいね。


profile-2.jpg

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。