スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ついにXデー! 

こんばんは、ノラドラです。

ここのところ、まだ夜はすごしやすいですね。
あれから、ロウソクを1本にして、ヨガを3回やりましたが、
比較的涼しくて、蚊が出ないので、かなりうまくいっています。(^-^)



さて、祖父母の出会いシリーズも4日目です。
初めての方は

1.シリーズ続き!祖父の少年時代。「僕だって!」
2.祖父、弟子入り!
3.師匠、やってくれました!


からどうぞ。

カテゴリ「親戚・ご先祖の不思議なお話」からご覧になっていただきますと
登場人物の関係がよくわかります。
このブログで大反響で「出世作」となったお話がたくさんありますので
よろしければご覧になってくださいね。(^-^)





では、続きです。








あれから祖母たちは…








story317-1.jpg

(Yおじさん、アカの他人なのに、本当にいい人ですね)




祖母たちは学校に通っていたが、
完全に寺の業務はストップして1年以上がたち、
寺の収入はなくなっていた。




それでも





story317-2.jpg











とはいえ…






大変な不安の中で祖母たちは暮らしていたのだ。









なぜなら








story317-3.jpg

(当時は不治の病でした)








story317-4.jpg









しかも







story317-5.jpg









ある日、ヨネさんが言った。








story317-6.jpg

人望のあった曾祖父の娘だから、
年忌や法要は、娘さんでもいい、と残った檀家さんたちは
言ってくれていたのだ。


もちろん、祖母もお経くらいは唱えることができたから。






こうして







story317-7.jpg

花も恥じらう十六歳のことだった。







年頃の娘だった祖母は…







story317-8.jpg









でも









story317-9.jpg





周りの人々が自分たちを支えてくれているのは
身にしみてわかってはいたけれど…











story317-10.jpg





こうして祖母は、住職の代わりとして、
檀家さんの家を回り続けた。





そして




祖母も17歳になっていたある日のこと






story317-11.jpg

ヨネさんやYおじさんの発案で、
檀家たちをもりあげるために、
中央から布教師を招いたのだった。





でも、やってきたのは、呼んだはずの年輩のFさんではなく
若い僧だった。







story317-12.jpg



ーつづくー


さあ、佳境だ!


↓続きが読みたい!と思ったらポチっとな。(^-^)↓

botton71.jpg   botton40-11.jpg   

この二人、タイプは一見違いますが、似ているところがあるような気がします。

botton49-14.jpg


いつもありがとうございます。
励みになっています。



いけない、最初の記事投稿でで、祖母が檀家回りをはじめて
「17歳になっていた」というのを
書くのを忘れてました。ろーたすさんのメッセージで気がつきました。
ありがとうございます~。
出たー! 
うわあ、ドキドキする♪ 16歳の出会いですね(*´艸`*) ヨネさんたちの「キラーン」が、何かを予感させる(笑)

それにしても16歳といったら、いくら昔でも子どもじゃないですか。けなげだなぁ。がんばったんですね・・・
[ 2009/06/27 22:14 ] ろーたす [ 編集 ]
お祖母様、16才でご家族のためにがんばっておられたんですね…僧衣を着るのが悲しいお気持ちが、わかるような気がします。
それにしても、またしても?呼んだはずの方でなく、お若い方がいらしたんですね。Yさんとヨネさんの『キラーン』がいいなぁ!ワクワクします。(^o^)
[ 2009/06/27 23:12 ] けろっぴ [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2009/06/28 02:10 ] [ 編集 ]
こういう状況だったのですね!
16歳で檀家さんをまわるって、なかなかできないですよね。
檀家さんもそれを受け入れてくれてたのは、
やはりお爺様(曾祖父)の人柄のお陰でしょう。
今すぐ、ただちに、もうお爺様とおばあ様が結ばれますように!
ドラさんもたくさんの方のところへコメントまわり、
大変でしょう。
いつも私の所にもきてくれてありがとう!
無理しないようにね。
[ 2009/06/28 06:23 ] 萬田らむね [ 編集 ]
子供が成人するまではがんばって生きたいとしみじみ思います。
いや、あんたは100歳まで生きるってよく言われるけどさ^^;
[ 2009/06/28 07:26 ] micopon [ 編集 ]
キタ━━━━ヽ(・∀・` )ノ━━━━!!!!
ささ。次を楽しみにしてますからね。
ぽち。ぽちぽちっ。。。っと。

[ 2009/06/28 07:56 ] おかみっちょん [ 編集 ]
数日多忙だったのですが、やっと来れました(>_<)

お話がかなり進んでいてビックリです!
しかもワクワクする良い方向へ!!!
16歳で檀家回りをされたお婆様・・・誰にでも出来ることではないと思うので、
その時のご苦労は私なんぞが想像しても追い付かないと思います。

でも、やはりお導きはあるのだなあ・・・と嬉しくなりました(*^_^*)
続きは今晩でしょうか?
待ち遠しいです!!!
[ 2009/06/28 10:23 ] ぴーなつ母 [ 編集 ]
16歳で檀家さんをまわる大変なお仕事をされていたのですね…きっとお母様が見守ってくれていたと思います
だってそのあとに若い僧がやってきたのですから…(^^)むふふ
ドキドキするー!
Yおじさんとヨネさんのキラーン!が笑えました(^^)
[ 2009/06/28 10:50 ] あでりー [ 編集 ]
最後のコマに思わず笑ってしまいました。
ヨネさん達の心の中が見えるようです(^^)
でも16歳で僧衣を着るというのは抵抗がありますよね。
お祖母様、本当に頑張られていたんですね。
[ 2009/06/28 16:29 ] cowslip [ 編集 ]
キターーー!ロマンスだわ!運命の出会いだわ!ワクワク。
本当におばあさま、辛かったでしょうね、大変でしたね。ただでさえ、まだ16歳、亡くなったお母さまが恋しくて当たり前なのに、一家を背負っておられたんですね。
おじいさま登場で幸せになって欲しー!
[ 2009/06/28 20:54 ] キキ [ 編集 ]
>ろーたすさん
>けろっぴさん
>らむねさん
>micoponさん
>おかみっちょんさん
>ぴーなつ母さん
>あでりーさん
>cowslipさん
>キキさん

みなさん、いつもありがとうございます。とっても温かい応援メッセージで、とても楽しみにして下さっているのが伝わってきて(なんてみなさん優しいの?!)、思わず元気をいただいて、今日も頑張れました。
本当にありがとうございます!(^-^)
[ 2009/06/28 21:44 ] ノラドラ [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ノラドラ

Author:ノラドラ
ようこそ、3世代5人家族の「ノラ家」へ。
両親around70、娘around40、そして新・中学1年生のマーくんです。
いいかげんに解散しないといけない家族構成はいつまで続くのか?!(こんなはずじゃなかったんだけど。)。
一家の次女(ドラ)が、なんてことのない日常を楽しみながら書いていきます。気軽にコメントしてくださいね。


profile-2.jpg

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。