スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

掛け軸事件の真相。真心は時を経て…。 

こんばんは、ノラドラです。

昨日、なんとランキングが10位越えをしていることに驚きました。
ありがとうございます。
一時的なものだと思っていますが、
この曾祖父のシリーズにこれほどまでに温かい応援や
メッセージをいただけるとは当初は思いもよりませんでした。
本当に本当にありがとうございます。

昨日も書きましたが、きっと曾祖父たちのよい供養になって、
喜んでくれている気がします。



さあ、本日、いよいよ今シリーズも完結です。
(私の気持ちの上では次回が完結ですが)

少し長いですがお付き合いください。


初めての方は

1.シリーズ続き!祖父の少年時代。「僕だって!」
2.祖父、弟子入り!
3.師匠、やってくれました!
4.ついにXデー!
5.祖父への厳しいチェック!
6.懇願!
7.祖父の決断。
8.祖父母の結婚と曾祖父の安堵。
9.祖父母のその後。そして忘れた頃に…。



からどうぞ。(^-^)






昔、小僧さんとして寺にいたZさんが、やってきたときに
ちょうど届いた一通の手紙。







story323-1.jpg


Aさんは実は密かに

「曾祖父の信念」「裏切り」

にも出てきていました。












story323-2.jpg









手紙にはこのように書かれていたそうです。




story323-3.jpg









story323-4.jpg


もう、曾祖父の死後、9年が過ぎ、
そんな事件のことも忘れていたときのこと…。






手紙には続く…








story323-5.jpg













story323-6.jpg


「あるいは、和尚さんは、私たちのことを知っていたの
かもしれません。それなのに、一言も、
私たちを疑うことも責めることも
なく、だまって罪をかぶって行かれました。」







story323-7.jpg





このような詫び状だったのだ。



まさに、その共犯者のZが家に訪ねてきていた
このタイミング…

事実は小説より奇なり、です。








祖母はすぐさま







story323-8.jpg


と、Zに言うと…







story323-9.jpg










story323-10.jpg







story323-11.jpg





それにしても

祖母も驚いたそうだ…

そして、愚痴や恨み事を一言も言わずに
死んでいった父を偲んだ。




story323-12.jpg



曾祖父の生きているうちには間に合わなかったが…
それでも、真相がわかり、
本人がその後の人生を悔やみながら生きてきたこと、
ずっと詫びたいと思っていたことを知って
救われるような気がします。



私が

「で、Zさんはどうなったの?」と聞くと、




なんと





story323-13.jpg


と、ノラ母。


じゃあ、Aさんは改心したのに、Zさんはダメだったんだね、と

私が言うと、ノラ母は





story323-14.jpg



「ずっと後で、Zさんは病気になってね…


死ぬ前はとてもこのことを悔いていたらしくて…」




story323-15.jpg


と、知人に話していたのが伝わって来たのだ。








こうして、掛け軸の真相は明らかになり、

二人の犯人は、改心したということです。



さきほどのAさんの手紙にはこのような

記述があったそうです。





「思えば、和尚さん(曾祖父)と暮らしていた年月が

一番、人に情けをかけてもらい、人の温かさを

感じることができた年月でした…」



と。








story323-16.jpg













story323-17.jpg


真心と愛は、

その人の命が尽きた後も生き続けるものなのですね…。




ー完ー


長い間、読んで下さってありがとうございました。


↓頑張ったご褒美にぽちっとお願いします。(^-^)↓

botton22-10.jpg  


botton22-11.jpg   


描いた描いた~…
これで、いつ「ノラ家」を終わってもいいくらい…

botton75-7.jpg

描いたあと燃え尽きたりして~。(^-^)



こちらへのメッセージのお返事や、みなさまのところへのコメント投稿は
ちょっと遅れるかもしれません。ちょっと今日はゆっくりしたいと思います。
いつもありがとうございます。
ほっとしました。
そしてすぐに結果を求めてしまう自分を反省しました。
今はなにも変わらなくても、いつか変わるのならばそれでいいんですよね。

ノラドラさんもゆっくり休んでください。
[ 2009/07/04 21:00 ] micopon [ 編集 ]
なかなか大きくならない。

すぐに大きくなるものは芯が詰まっていないからすぐに折れてしまう。

大木に育つような木は時間を掛けてゆっくりと芯から育っていく。だから少々の風雨ではびくともしなくなる。大きく育った木にたくさんの人や生き物がその恩恵にあずかるようになります。

人の心にまいた種が育つのに時間がかかるのはそれが大木になる木だから。

ノラさんのブログにたくさんの人が集まるのは大木に育った証拠です。ここに来た人たちがまた新しい種をまいていくことでしょう。

お疲れさまでした。日常も楽しみにしています。

ではではまたp
[ 2009/07/04 21:21 ] shimokawa [ 編集 ]
ノラドラさんお疲れ様でした。良いお話をありがとう!
考えさせられました。のらさんのご先祖様はみなさん、大きな方々ですね。こんな風には頭では思っていても、なかなか生きれません。
のらさん、燃え尽きないでー、せっかくランキングも上がってきたことだし、こんな良いブロブはぜひ出版して欲しい!もっと多くの人に伝えて欲しいですよ。私は俗物なので(?)そう思います。
[ 2009/07/04 21:24 ] キキ [ 編集 ]
こんばんは。
よいお話を読ませていただきました。涙腺が刺激されました。

どちらの曽祖父さまも素晴らしい方々ですね。
感動で、言葉がみつからないです…。
[ 2009/07/04 21:32 ] arust [ 編集 ]
 おいおい きん坊 追い越したのかよ(笑)


   
[ 2009/07/04 21:34 ] 落合 [ 編集 ]
こんばんは。
ノラドラさんお疲れ様です!
今回のお話もとっても感動しました。そしてこれが真実のお話だということが本当に驚きで、とても温かい気持ちになります。
下手な映画を見るよりもよっぽどためになりますね。
今回も感動の涙を流させていただきました。ありがとうございます。

日常も楽しみにしています。
まずはゆっくり休んでくださいね。
[ 2009/07/04 22:01 ] スー [ 編集 ]
読み応え十分でしたっ!
いろいろ考えさせられました。
でもノラ家は終わらないで~。
今日も娘と二人、お掃除に精を出しましたよ!
まだまだ種をまいてくださいねっ!
しっかりゆっくり休んでまた日常も再開してくださいね!
旦那がうれしそうにカエルさんとウサギさんを壁紙にしてました。フフフ
[ 2009/07/04 22:06 ] ヨウコン [ 編集 ]
終わってしまいましたね。今日のお話は心の奥のほうにズシンときました!
ノラ家の曽祖父さまお二方の人生は深く深く、省みて自分の生き方を考える機会を与えてもらったなと思いました。

このブログに出会えて、本当に幸せです。ありがとうございました。
ご先祖様のご冥福を心からお祈り申し上げます。
[ 2009/07/04 22:08 ] じゅんこママ [ 編集 ]
とても暖かくて美しいエンディングでしたね^^
でもまだ続いていくのかなぁ(続いて欲しいなぁ^^v)なんて思っております♪
私もうちのご先祖様たちに思いを馳せたいと思いました^^
しばらくゆっくり休んでください♪
とても素晴らしかったです♪
[ 2009/07/04 22:12 ] みんみん [ 編集 ]
曾祖父様の真心が伝わって良かったですね。
生きている間でなかったのが悔やまれますが、すぐに結果が出なくても、信念を貫く大切さを教えて貰いました。


そして、大作お疲れさまでした。燃え尽きずに、お話し聞かせて下さいm(__)m
[ 2009/07/04 22:16 ] うさぽん [ 編集 ]
掛け軸事件の謎は十数年たって明らかになったわけですね。
ノラドラさんのおっしゃるように、当人のなくなったあとで芽を出す種もあるということ、たしかにそうだなあと思いました。

でもね。お願い、燃え尽き症候群にはならないで~(´д`;)
[ 2009/07/04 22:19 ] ろーたす [ 編集 ]
ノラドラさん、本当にお疲れさまでした。(^o^)曾祖父様の愛と真心が、AさんとZさんに伝わって、回心してくれて、よかったです。でも、もう少し早くできなかったのかな…と思ってしまいます。(ToT)幼児教育に関わっている友だちが、研修会で聞いたらしいのですが、『子どもへの教育は、数十年後に実を結ぶこともあるから、気長にやることが大切なんだ』というお話を思い出しました。
ノラドラさん、燃え尽きないでくださいね。(+o+)ゆっくり休んで、のんびり更新してください。m(__)m
[ 2009/07/04 22:43 ] けろっぴ [ 編集 ]
長い時が巡り巡ってここまで来んですね…。
ドラマだったら鳥肌モン(笑)です。
ノラドラさん一家のルーツがこういった形でまとめられて本当にご先祖様への供養ですね。
[ 2009/07/04 22:47 ] バルおばさん [ 編集 ]
Zさんにはガッカリして、一瞬「ああ、こういう変わらない懲りない人もいるんだね」と思ってしまいました。
でも態度や言葉で直接に、そういうことを相手には(とくに本人相手には)現せないという人もいるでしょうしね。
そう思うとZさんが後から懲りずに何度か訪れて来てるのも謝りたい思いがあったのかもしれないですね…。
態度や言葉に見えないけれど、ちゃんと種が蒔かれていたのかと思うとジーンと来ました。
今回の大作も素晴らしかったです。お疲れ様でした~!
[ 2009/07/04 23:17 ] カメジェンヌ [ 編集 ]
曾祖父様が信じて蒔いた種が芽を出し花を咲かせる。
たとえ自分が咲く花を愛でることが出来なくとも、
意思を継いだものが花を愛で、花の美しさに感動し種を残そうとする。
もう感動です。
合掌しちゃいます。(-人-)
[ 2009/07/05 03:36 ] オカチン [ 編集 ]
曾祖父様の身近にいらした方達に、曾祖父様の信念がちゃんと伝わっていった事に感動しました。
人を信じると決めたら最後まで信じる(たとえ嘘や裏切りがあっても)ことの難しさ、尊さを学ばせていただきました。
到底私には出来ないことですが、ほんの少しでも近づきたいと思います。
ちょっと脱線してしまうけれど、仕事も家のことも、もっと誠実になろう(/_;)と反省しました。

とてもお疲れだと思います。
ご近所ならば甘いものを差し入れたいところですが、ちょっと遠いので(笑)応援の気持ちを送ります\(^o^)/
ノラドラさんありがとう!ずっと応援してます!!
[ 2009/07/05 06:55 ] ぴーなつ母 [ 編集 ]
そうして、その種が、また私達へと。。。
ありがたいことです。
すばらしいですね。
最初は、たったひとつの種だったのが、いまはこうして、たくさんの種になって、皆さんにまたまかれていくんですね。
種は、確かに受け取らせて頂きました。
お預かり致します。
ありがとうございます。
[ 2009/07/05 08:30 ] 藍子 [ 編集 ]
偶然このブログを見知って以来、毎日楽しく拝見しております。
今回のノラドラさんの
>真心と愛は、その人の命が尽きた後も生き続けるものなのですね
という一文に、胸が熱くなりました。
素敵なお話で、本当に感動しました。
ありがとうございます。
これからも更新頑張ってください。
[ 2009/07/05 09:51 ] みにもる [ 編集 ]
おっしゃるとおりですね。
報いを求めない奉仕がどんなに強い意志を必要とするか、を思い知らされる出来事でしたね。
私たちは努力するにも、ついつい効果を期待してしまいますが、すぐに現われなくとも必ず行為に対する報いはある。そしてそれは現われるまでの期間が長いほど、もたらされる報いは大きい。と教えられました。
きっと、曾祖父さまは絶大な報恩を受けるられていると確信します。
本当に強い信念を貫かなくては出来ないことですね。
曾祖父さまはそのご生涯を通じて、多くの方を最終的にはすべて救い、尚、世代を超えて奉仕の精神を示されているのですね。(今もその教えは続いています)
[ 2009/07/05 11:58 ] 花姥 [ 編集 ]
お疲れ様でした(^-^)/

生き方の教科書を読んでいるようでした。
ある意味、このブログも仏の道を説く説法のようですね~。

事実がわかってからでも訪れるZさんにも
ちゃんとお世話をされてたお祖母さんやお寺の方々は
偉いですよね。
ほんとはらわた煮えくり返って塩撒いてもいいくらいなのに
グッと我慢でお世話されたことがZさんの改心に
繋がったんですね。
しっかりと曾祖父様の意思を継がれたお嬢さんが
Zさんを導いてらしたんだなぁ~と考えると、
お祖母さんは生まれた時から人生の師匠のもとで
目で見て体験して学んでらしたんだなぁと感動しました。
ノラ家の人々ははそんな歴史を繋いでいってるんですねぇ。
素晴らしいです(=^▽^=)
[ 2009/07/05 14:52 ] あび [ 編集 ]
ドラさん、素晴らしいお話をありがとうございました
今回のシリーズは今まで以上にとっても心に響きました
曽祖父さまもありがとうございました
すてきな曾孫さんをお持ちですね(^^)
こうして現世にさまざまなことをちゃんと伝えてくれたんですものね

手紙を読んでAさんからのことを話した時
おばあさまがZさんに殺されるんじゃないかとひやひやしました^^;

燃え尽きないでゆっくりのペースでもいいからやめちゃわないでくださいね~(^^)
[ 2009/07/05 16:04 ] あでりー [ 編集 ]
このような真実だったんですね。
時間はものすごく経ってしまったけれど、曾祖父様の心は二人にちゃんと届いていたのですね。
もっと早くに・・・、という思いもありますが、思いやる心は必ず届くということを強く感じました。

今シリーズもとても読み応えがありました。
ノラドラさん、お疲れ様です。
素敵なブログありがとうございます。
[ 2009/07/05 22:07 ] cowslip [ 編集 ]
いつもあたたかいメッセージありがとうございます。まずは前の記事からメッセージをいただいていた方に。


>ぴーなつ母さんへ

お忙しいのに連日メッセージをありがとうございます。
いつもぴーなつ母さんは一生懸命で、誠実で、私もそんな姿によい影響をいただいていますよ。
さしいれのお気持ちがすごくうれしいです。溢れるばかりの応援のメッセージ本当にありがとうございました。


>うさぽんさんへ

いつもあたたかいメッセージありがとうございます。力をいただいていましたよ。ねぎらいと、応援のメッセージ、とっても嬉しかったです。燃え尽きないように気をつけます~。


>ろーたすさんへ

連日のメッセージ本当にありがとうございます。すでにモニターさんみたいになって、次の記事の構想まで考える参考になっちゃっていたりします。
昨日本当に燃え尽き症候群になっていたのでマズイと思ったのですが、すこしエネルギーをいただして回復してきつつあります~。いつもありがとうございます。


>けろっぴさんへ

けろっぴさんも連日のメッセージ本当にありがとうございました。
幼児教育をされている方もそんなふうにおっしゃっていたんですね。
教育ってすべてそういう面がありますよね。私もすぐに結果を期待しない、という勉強になりました。昨日、燃え尽きまくっていたのですが、みなさんのメッセージを見てまたグググとエネルギーが回復しつつあります。本当にありがとうございます。


>shimokawaさんへ

連日のメッセージ、楽しくそして、深く考えさせられながら読ませていただきました。人の心にまいた種の話、感銘を受けました。そしてこのブログへの惜しみない応援メッセージ、毎日、本当にありがたいことだと感謝しています。
みなさんとも素晴らしいご縁だと思います。


>あびさんへ


いつもありがとうございます。私はあんまり仏教に限定していないのですが内容がないようなので仏教ブログみたいになってきましたよね。。。
でも、温かいお言葉本当にありがとうございます。祖母も人の良い人で、Zさんのことをそれ以上追及することもなく、何度もご飯を食べさせていたというんだから、たしかにすごいですよね。。
歴史を繋ぐ…つい最近までそんな記事を書くとは想像もしていませんでした。お導きでしょうか。
でも、みなさんが受け止めて下さるとわかって、書かせていただいたという感じです。ありがとうございます。


>キキさんへ

連日のメッセージ本当にありがとうございました。
嬉しかったですよ~、キキさんのお言葉。ランキングは、日常になるとまたすぐに落ちてしまいますが、それでもこの上昇は、本当にみなさんがこんな話を「受けとめてくれた」というメッセージなので私もとてもありがたくて感謝しています。
欲を出さずに行きますね。(^-^)


>雪かのこさんへ

お忙しいのに2つ前の記事への温かいメッセージをありがとうございました。
嬉しかったです。みなさん、本当にやさしいなぁと私も胸が熱くなりました。


>ひろさんへ

2つ前の記事にメッセージありがとうございました。私も、書いていて、曾祖父はもしかするとよい人生だったのではないかと思えました。
祖父もたしかに我が道を行く人生ですね。
ひろさんも、とても周りにお心づかいをされる方だけど、信じた道をゆく方だとお見受けしています。
今日も好き日に、これを言っていただけると嬉しいです。


>あでりーさんへ

あでりーさんの「今まで以上に…」というお言葉うれしかったです。
それと、曾孫というお言葉に「ああ、そうか、私のことか」ってハッとしました。なんだか恥ずかしいです。
みなさんが応援して下さるのでもうちょっと頑張れるかなぁと思いました。
ありがとうございます。


>らむねさんへ

らむねさんも掛け軸の真相を楽しみにして下さっているので、頑張って描けましたよ~。ありがとう。
忙しいのにいつもお気遣いくださってありがとうね。


>みっちーさんへ

グループ展のための制作でお忙しそうだなあと思いながら、メッセージは残さずに失礼しました。
みっちーさんも見て下さっていたんですね。うれしいです。
掛け軸事件の真相を気にして下さっていたので、気合いが入りました。



[ 2009/07/06 21:28 ] ノラドラ [ 編集 ]
>micoponさんへ

私もすぐ結果を求めてしまって、うまくいかないとすぐ落ち込んだりあせったりするので、micoponさんのメッセージにハッとしました。それはそうと、私もそちらに伺っているんですけど一時、6月11日から更新がないとき心配しましたよ~。お忙しかったんですね。


>arustさんへ

お久しぶりです。見ていて下さって嬉しいです。言葉が見つからないというarusutさんのメッセージもまた、とても私には伝わってきて嬉しかったです。


>落合さんへ

私もびっくりして恐縮してしまったのですが、大丈夫、一時的です。
いつも非日常で上がって日常で下がるの繰り返しですから。
でも、一時的とはいえ、ありがたいことですよね。


>スーさんへ

スーさん、ありがとう。ヘタな映画より…というところ、恥ずかしいのですがスーさんの思いが嬉しくて有り難いです。本当の話だというところがたしかにすごいかもしれません。
ところで、最近更新に精いっぱいで私もそちらにコメントを残せてなくてごめんなさい。訪れているんですけどね。、またゆっくりと書かせていただきますね。


>ヨウコンさんへ


やめないで~にクスッと笑って、すごく有り難いなあと思いました。
ヨウコンさんもすぐに実践してそれが定着するって素晴らしいですね。しかもお子さんと一緒に。いいなぁ、そういうの。
それにしても旦那さん、いまでにウサギさんとカエルさんを贔屓にして下さってありがとうございます~。



>じゅんこママさんへ

私もとても幸せです。
記事だけでは片手落ちで、私のブログはみなさんのメッセージと対になって一つの世界をつくっているような気がしています。
私が描けるのも、みなさんの温かいメッセージで受け止めていただいているという信頼感があるからです。
ありがとうございます。


>みんみんさんへ

再びあたたかいメッセージをありがとうございます。すごくうれしいです。
そう言っていただけると続ける力になります。こちらからなかなかメッセージを残せなくてごめんなさい、落ちついたらご挨拶にうかがいますね。


>バルさんへ

たしかにうまい脚本家がドラマにしてくれたら、いいかもー。私、かなり端折るし手抜きですからね~。
でも、その手抜きの部分をちゃんとみなさんが想像力で補って下さるからありがたいです。
供養になっているかなぁと思っています。(^-^)


いったんここで送信。
[ 2009/07/06 21:59 ] ノラドラ [ 編集 ]
>カメジェンヌさんへ

わたしも、zさんには、ああ、こういう人っているのね~って思いました。でも、人って、必ず人生で気づくきかっけってあるんでしょうね。種は時がきて芽を出したのかなあ。
温かい感想をありがとうございました。うれしかったです。


>オカチンさんへ

私も感動してしまいました。
「たとえ自分が咲く花を愛でることが出来なくとも、
意思を継いだものが花を愛で、花の美しさに感動し種を残そうとする。」
ちょっとうるっときました。
私も合掌してしまいます。
ありがとうございました。


>藍子さんへ

藍子さんの「種は、確かに受け取らせて頂きました。 …」
のところにもうるっときました。
わたし、本当に描いてよかったなぁ、こんなことを言っていただけて有り難いなあって…。
本当にありがとうございます。


>みにもるさんへ

初めまして。初めてメッセージをくださる方が、いつも見ていて下さったんだなぁと知る瞬間も、嬉しい瞬間なんです。
温かいメッセージ、私も感動しました。ありがとうございました。


>花姥さんへ

すごいです。私の思い至らなかったことを言いつくして下さっていて。本当に私たちはすぐに効果を期待してしまいますが、効果を期待しない行動は強い意志と忍耐を要するけれども、受け取るものも大きいんですね。花姥さんのお言葉でわかりやすく学ぶことができました。ありがとうございます。
そして、みなさんの優しい想いも、供養になっているのだと思います。


>cowslipさんへ

ありがとうございます。
私が書かなかったことも皆さんの思いで紡いで下さるので本当にありがたいことです。
真心と思いやり、大切ですね。改めて思いました。
cowslipさんはお忙しいのかな?そちらに伺っていますが、更新頻度が落ちているなあと。試験中とか?
またゆっくりメッセージを書かせていただきますね。


みなさん、ありがとうございました。
[ 2009/07/06 22:11 ] ノラドラ [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ノラドラ

Author:ノラドラ
ようこそ、3世代5人家族の「ノラ家」へ。
両親around70、娘around40、そして新・中学1年生のマーくんです。
いいかげんに解散しないといけない家族構成はいつまで続くのか?!(こんなはずじゃなかったんだけど。)。
一家の次女(ドラ)が、なんてことのない日常を楽しみながら書いていきます。気軽にコメントしてくださいね。


profile-2.jpg

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。