スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

<お盆特別企画>ノラ父の生い立ち ~鎮魂の満州~1 

こんばんは。ドラです。
本日より、「お盆特別企画」として、「ノラ家」は少しの間、日常を離れ、

ついに、ノラ父の過去について語りたいと思います。

完結までは5日間ほどかかると思われ、その間、ほのぼの路線ではなくなりますが、

ノラ家にとってはとても大切なお話ですので、せっかくのご縁で訪れてくださった皆様には
少しお付き合いいただければ幸いです。

どうぞ、よろしくお願いいたします。


<お盆特別企画>ノラ父の生い立ち ~鎮魂の満州~1



mansyu1-1.jpg





父の母方の親戚が、一族そろって満州にわたり、鶏冠山(けいかんざん)というところに住んでいた。
父の両親は満州で出会い、結婚。
mansyu1-2.jpg

父はノラ家の長男として鶏冠山にほど近い草河口(そうかこう)というところで誕生。
(まあ、まーくんそっくり!)






mansyu1-3.jpg



でも、入学した夏休みに、父親がすぐに北満の同江(どうこう)というところに転勤。


父のたどった場所をおさらいすると、こんな感じ。
mansyu-map1.jpg


同江は、満州の最も北、ソ連(当時)との国境の町でした。

その前の西安は大都市だったので国民学校も大きく、学年の人数も多く、クラスも男女別に分かれていました。

ところが、1年生の2学期から行った同江の学校は同じ学年は5人ほどしかいない田舎の小さな学校。
しかも



mansyu1-4.jpg


有力者を父に持つ6年生の女の子と5年生の女の子が絶大な権力を持ち、あらゆることを指図し、男の子は完全に抑え込まれていたとか。
父はそんな雰囲気が嫌で嫌でしょうがなかったそうです。(1年生のくせに!!!)

そんなことくらい何を言ってるんだろうと思うんですけど、
時代が違うので、当時の雰囲気では、女の子が偉そうにすることはありえないことだったらしいですよ。

それで、


mansyu1-5.jpg

父は、おばあちゃんのいる鶏冠山の都会の学校に行きたい!と強くダダをこねて
母親を困らせたらしいです。

(言い出したら聞かなかったということは容易に想像できる…)


そして両親もついに折れた。


結局、これが運命の分かれ道となる。



mansyu-map2.jpg


国境の同江から南満の鶏冠山には、船、汽車を乗り継いで3昼夜。
父親がつきそって、鶏冠山まで連れていくことになりました。
富錦(ふうきん)というところまでは、大きな船で下ります。(ミシシッピ川を行くような水車のある大きな船らしいです)

お母さんと弟たちは富錦(ふうきん)まで見送りについてきました。





mansyu1-6.jpg



S19年9月。

このとき、父、7歳。

(弟は2歳と1歳。)



そして





mansyu1-7.jpg



これが永の別れとなりました。


ーつづくー


応援、いつもありがとうございます。
ranking01.gif  にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ ranking3.gif

onrei2.jpg



この話、ネコで書いていいんでしょうか…?

頑張って描くので明日も来て下さいね。

そうそう、いつもコメントをくださる皆様(笑)
こういう重たい話題のときは、コメントは気にしなくていいですよ。

見て下さるだけでうれしいです。



[ 2008/08/08 17:29 ] 父の生い立ち | TB(0) | CM(11)
ノラ父様、旧満州生まれなんですね。
家族が離れ離れになる運命のいたずら…。衝撃的でした。最後のコマがまさに「かがーん!」。
ああ、続きが早く読みたい。お願いです、このシリーズは毎日更新で頼みます!
[ 2008/08/08 19:59 ] ろーたす [ 編集 ]
なんか重たそうですな・・・
でもしんみりしながらも見ます!!
こういうときはイーナさんとこでもいこうかな λ ・・・・・
[ 2008/08/08 20:22 ] TIKI [ 編集 ]
あぁ…。
お父さんのご両親に、何があったのか。
でも、そういう話をちゃんと聞いて知ってるんですね。
うちは父の父(私のおじいちゃん)が朝鮮人だったのではないかという
言い伝えがあります。
おじいちゃんは孤児でお寺さんで育ててもらったそうです。
だから、実家の名字は珍しいものですが、
それがお寺さんからもらったものだと知ったのは
最近の事です。
おじいちゃんは昔の事を話したがらなかったので、
父でも詳しい事は分からないといいます。
私もおじいちゃんが生きてるうちに、
そういう話を聞いておけばよかったと思いますよ。
お父さんの続き、
私も毎日更新を希望です。
ドラさん、頑張って!
[ 2008/08/08 21:06 ] 萬田らむね [ 編集 ]
ノラ父さんはうちの母親とほぼ同い年みたいです。
私は生まれてこの方、平和なぬるま湯に浸かって何不自由なく暮らしてきました。
しかし少し親の世代に遡るだけで、歴史の教科書でしか知らない、ずいぶん過去の話だと思っていた時代を日常としていたんですよね。

幼いノラ父さんを見送るお母さんの涙が胸に刺さります。
[ 2008/08/08 21:28 ] うぐいす [ 編集 ]
こんばんは☆

いつもほのぼのノラ家のパパに、そんな悲しい過去があったんですね…。
母となっている私は、幼い大切な我が子と離れなければならないお母さんの気持ちを考えると、胸が痛みます。続きを楽しみにしていますね。(ただ…携帯からは、せっかくの絵が正しく見れないのがあり、私は忙しくてなかなかパソコンを開けないので、お返事が遅れたらごめんなさいね)

そうそう!私のブログで話していた、もう一つの偶然!
私が見間違いでなければ、ドラちゃんと私、ブログを開設した日が一緒かもしれないのよ~!!

[ 2008/08/08 22:19 ] 美波海ママ [ 編集 ]
お父さん、何があったのか?!
ネコちゃんでとってもわかりやすいので
明日も引き続きよろしくお願いします。

頑張って~!
[ 2008/08/08 23:13 ] あゆみん [ 編集 ]
ノラパパは激動の時代を、激動の地で過ごされていたんですね。
この時代の出来事、とても知りたいです。
[ 2008/08/08 23:46 ] きんとと [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2008/08/09 01:43 ] [ 編集 ]
お盆特番5夜連続スペシャルドラマが始まりましたね。
超歴史苦手なため、今の段階ではちんぷんかんぷんな私をお許しください。
でもおもしろそうw
最後のコマ、良いですね。猫だし。
でも全部表情が描き分けられていてすごい!
[ 2008/08/09 09:06 ] にゃきぶ [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2008/08/09 17:09 ] [ 編集 ]
最初、ノラ家でこのような重たい話をどうかなあと思ったのですが、みなさんからたくさんの温かい応援のコメントをいただいて、心からほっとしました。

また、こういう話を出すと、うちでもこういうことがあるよ、といういろいろなお話も教えてくださって、あの時代の人はやはりいろいろと苦労されているなあと思いました。

実は一人ひとりにお返事を書いていたのですが、書き終わったときにへんなところを押してしまい、消えてしまい、ガックリ。気力が…。。。

また落ち着いたらブログをお持ちの方はそちらで個別のごあいさつをさせていただきますね。

>ろーたすさん、TIKIさん、らむねさん、うぐいすさん、美波海ママさん、あゆみんさん、きんととさん、にゃきぶさん、jicojicoさん、日向さん、ありがとうございました。
[ 2008/08/09 20:14 ] ノラドラ [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ノラドラ

Author:ノラドラ
ようこそ、3世代5人家族の「ノラ家」へ。
両親around70、娘around40、そして新・中学1年生のマーくんです。
いいかげんに解散しないといけない家族構成はいつまで続くのか?!(こんなはずじゃなかったんだけど。)。
一家の次女(ドラ)が、なんてことのない日常を楽しみながら書いていきます。気軽にコメントしてくださいね。


profile-2.jpg

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。